50代での妊娠・出産は可能?妊娠確率や出産のリスクについて

50代での妊娠・出産は可能?

結論から言えば、50代で妊娠・出産するいわゆる超高齢出産は医学的見地から見ても論理的には可能です。

しかし多くのリスクを伴うため、かなり稀な例ではあると言えるでしょう。

女性が最も妊娠する確率が高いのは、20歳前後であると言われています。その後30代になると徐々にその確率は下がり、35歳ぐらいからは急激に低下し、40代になるとさらに低下は顕著になります。

そして45歳以上、さらには50代になると、人工受精などを行っても妊娠する確率は極めて低いと言われています。

閉経の10年程前から妊娠確率は非常に低くなると言われている

https://www.pakutaso.com/

女性は生理が止まり閉経を迎えると、排卵も行われなくなるためそれ以降は妊娠できなくなります。

ですから何歳まで妊娠、出産できるかは閉経する時期により異なるということになりますが、実際には閉経の10年ぐらい前から、妊娠する確率は非常に低くなると言われています。

日本人の平均閉経年齢は約50歳と言われており、中には40代前半、遅くても50代後半には閉経を迎えます。

ですから50代で妊娠、出産というのは医学的に見てもリスクの多いレアケースであり、無事妊娠したとしても流産する可能性が非常に高いため注意が必要です。

50代での自然妊娠確率はどのくらい?

45歳以上になると自然妊娠確率は1%程度であると言われており、ですから50代になれば、さらに妊娠確率は1%前後まで下がると予想されます。

ちなみに他の年代の自然妊娠できる確率は、25歳~30歳で25~30%、35歳で18%、40歳で5%となっています。

前述したように女性が閉経するのは40代前半から50代後半ですので、妊娠、出産するのは50代前半くらいが最後のチャンスであると言えるでしょう。

妊娠・出産には子宮年齢も関係が

実は女性の子宮には、実際の年齢とは異なる「子宮年齢」があると言われています。

例えば50代であっても子宮年齢が38歳くらいであれば、妊娠や出産の可能性は高くなります。

しかし40歳でも子宮年齢が50代であれば、それらの可能性は当然低くなり逆にリスクは高くなります。

このように、各々の子宮や女性ホルモンの状態などは人により著しく異なるため、何歳まで妊娠、出産できるかを判断するのは容易なことではないと言えるでしょう。

体外受精にも限界がある

仮に病院で体外受精を行ったとしても、妊娠する確率は30歳前半は40%、35歳で36%、40歳で25%、45歳で7%となっており、35歳頃から妊娠率は急速に低下し始めます。

また年齢を重ねると卵子も老化するため、人工受精しても受精卵がうまく育たなかったり、着床しづらくなるというリスクも高くなります。

またたとえ妊娠したとしても、何度も流産を繰りしてしまう不育症になるなど、やはり20代や30代の妊娠と比べ不安要素が多いと言えます。

50代での妊娠確率を上げる方法

50代での妊娠確率を上げる方法をご紹介します。

50代での妊娠確率を上げる方法①自分の生理周期を把握しておく

50代で妊娠の確率を上げるためには、毎日基礎体温を計るなどして、自分の生理周期をきちんと把握しておくことが重要です。

理想的な生理周期は28日と言われており、あまり短いと排卵が正常に起こっていない可能性があり、逆に長すぎると無月経になる場合があるため注意が必要です。

排卵日が終わると、黄体ホルモンの影響で高温期に入ります。一般的な高温期の長さは14日と言われており、あまり短いと黄体機能不全を起こしている可能性があります。

黄体機能不全になると、受精卵が着床がうまくできなくなってしまう可能性が非常に高くなります。

またたとえ着床し妊娠しても、流産するケースがあるためくれぐれも気をつけましょう。

基礎体温を計っても高温期が確認できないという場合は、排卵がうまく行われていない可能性が高いため、産婦人科医に相談するようにしましょう。

50代での妊娠確率を上げる方法②自分の適正体重を維持する

体脂肪率BMIは、体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))で計算することができます。

50代での妊娠確率を上げるためには、不要なリスクを避けるためにも太り過ぎでもやせ過ぎにも注意して、理想の体脂肪率22の周辺、だいたい18.5~25を目標にするようにしましょう。

そのためには、バランスのいい食生活を心がけることも大切です。

タイトルとURLをコピーしました