離婚を決意する前に考えたい、別居の必要性やメリット・デメリット

いきなり離婚を考えるのはあまり良くない

パートナーとの関係が上手くいかず、離婚を検討する方がいますが、いきなり「離婚」という選択肢を選ぶことはおすすめしません。

というのも、パートナーとの関係が破綻している中で、一緒に相手と暮らすことで、お互いイライラしたり、過度なストレスを感じたりと、冷静に物事を判断できる状況にないことが多いからです。

そのような中、離婚という決断を選択し、相手と離れてから気持ちが落ち着き、「やっぱり元に戻りたい」と思っても、手遅れであることが多いのです。

このような事態を避けるために、離婚を決断する前に、「別居」という選択肢をとることをおすすめします。別居することでお互い一度距離を置いて、今後について冷静に考えることで、より良い決断を下すことができますよ。

離婚前に別居をすることの必要性とは

パートナーとの関係にうんざりしていると、どうしても「早く離婚したい」と先走ってしまう方もいますが、こちらにて離婚前に別居することの必要性について追及していきます。

離婚前に別居をする必要性①:離婚を真剣にイメージすることができる

別居することで、具体的な離婚後の生活をイメージしやすくなります。実際に相手と離れて、どのような生活になるのかや、生活費はどれくらいになるのかとリアルな現実を体感することができるのです。

実際に離れて生活してみないと、頭の中だけではイメージできないことがたくさんあります。離婚後の生活をシュミレーションするという意味でも、別居は離婚前にすべき大切なことのひとつなのです。

離婚前に別居をする必要性②:離婚後の準備を始められる

別居をすることで、具体的に離婚後の準備を始めることができます。具体的には、離婚後の住まいや仕事探し、お子さんがいて離婚に伴って転校などが必要ならば転校の準備なども必要になります。

何の準備もできていないまま、離婚が成立し、急に自分一人での生活を始めては、多くの困難を共にします。離婚を前向きに考えているのであれば、別居中に情報収集を始めておきましょう。

離婚前に別居をする必要性③:気持ちの整理が付く

別居をすることで、あなたの気持ちを整理することができます。一緒に生活をしていると、ついイライラしたり、ストレスを感じたり、冷静に物事を考えたり、判断することが難しい環境にあります。

しかし、別居することで、自分一人の時間を作ることができ、これまでの生活を冷静に見つめなおすことができます。「離婚」は人生において、大きな決断のひとつです。そのため、時間をかけて考え、冷静な判断がとても重要になりますよ。

別居をすべきケース

離婚する・しないに関わらず、別居をするかしないかで悩んでいるのであれば、以下の場合は別居を前向きに検討しましょう。

以下状況の中、もしあなたの方から出て行き別居しても、今後の離婚協議において不利になる可能性は低いですよ。

別居をすべきケース①:DVを受けている

あなたのパートナーから耐えきれないほどの肉体的な暴力(ドメスティック・バイオレンス)や精神的な苦痛(モラル・ハラスメント)などを受けている場合は、避難をするという意味でもすぐさま別居を検討しましょう。

こうした相手の行為は、徐々にエスカレートする傾向にあり、どこかで歯止めをかけないと、命の危険に及ぶ場合もあります。

別居や離婚において不安なこともたくさんありますが、あなたの身の安全が一番大切です。悩んだ時には、専門家や家族に相談するのも一つの手です。第三者の力を借りて、スムーズに別居の準備を始めて下さい。

別居をすべきケース②:相手の不貞行為が発覚

相手の不倫行為が発覚した場合は、不倫された方は傷つき、精神的なダメージを大きく受けます。その場合は、あなたの心を癒すためにも、別居が必要です。

また、こうした場合は、不倫行為をした側に原因があるので、不倫をされた側の立場は法律上守られることになりますので、安心して下さい。

別居をして、あなたは相手を許せるのか、それとも離婚するのか、納得のいくまで考えてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました