赤ちゃんとコミュニケーション♪ベビーサインの効果とメリット・デメリット

赤ちゃんとコミュニケーションが取れるベビーサインとは?

ベビーサインとは、赤ちゃんでもできるジェスチャーを使った手話のようなものです。アメリカの児童心理学者によって1989年に初めて提唱されました。以来、アメリカはもちろん、日本でも赤ちゃんとコミュニケーションを取りたい多くのママやパパに実践されています。

赤ちゃんの発語は「だー」などの喃語から始まり、一語文、二語文…と進んでいきます。このステップは脳だけでなく、肉体的にも舌や声帯などが未発達という要素も大きく影響しています。肉体的に未熟な赤ちゃんでも操れる言葉が、ベビーサインなのです。

赤ちゃんとコミュニケーションが取れるベビーサインのやり方

https://pixabay.com/ja/

ベビーサインのやり方はとっても簡単!

「日常生活の中で、その言葉を口にする時に、ベビーサインを添える」

これだけです。

無理して教え込むのではなく、あくまでも生活の中に状況に応じてサインをプラスします。赤ちゃんはその言葉が使われるシチュエーションで、サインの意味や動き、言語の音をセットで自然に覚えていきます。

教えるのはまずは1語からでもOK!

例えば「おっぱい(ミルク)」「飲む」「眠たい」「もっと」など、頻出用語から始めるのが良いですね。ママやパパも一つずつ覚えて、気長に見せていきましょう。

赤ちゃんとコミュニケーションが取れるベビーサインの効果

それではベビーサインによってコミュニケーションをとる効果はどんなものでしょうか?

ベビーサインの効果①赤ちゃんの気持ちがわかる!

https://pixabay.com/ja/

乳幼児を育てていると、我が子の訴えがわからなくて途方にくれることもしばしばありますね。お腹が空いた、痛い、眠たい、もっと食べたい…。

そんな時にベビーサインを覚えていれば、サインを使って明確に教えてくれます。また、嬉しい気持ちや自分の関心事もサインで教えてくれるので、親子で楽しい気持ちを共有できるというメリットもあります。

ベビーサインの効果②赤ちゃん自身のストレス軽減

https://pixabay.com/ja/

赤ちゃんの成長は、時にはちぐはぐ。しばしば脳の発達の方が肉体的な発達を上回り、「訴えたいことがあるがアウトプットできない」という、赤ちゃんにとっては苦しいストレス状態が発生します。

このギャップを埋め、ストレスを軽減してくれるのもベビーサインのメリットです。

ベビーサインの効果③親子の絆が深まる

https://pixabay.com/ja/

赤ちゃんの気持ちがわかればママやパパも嬉しいですが、何より赤ちゃん自身も確実に自分の言いたいことが伝わった喜びと満足感を感じるものです。赤ちゃん自身が自発的なサインでママやパパが的確に対応してくれれば、赤ちゃんの信頼や安心感も増します。

これは何にも代えがたいメリットであると言えるでしょう。

また「飛行機が飛んでいるよ」「ありさん可愛いね」などの気持ちを伝えてくれるようになると我が子の世界を垣間見ることができ、育児がぐっと楽しくなります。

ベビーサインのメリット・デメリット

他にもあるベビーサインのメリット!さらに、心配されているデメリットも一度考えてみたいと思います。

ベビーサインのメリット①コミュニケーションが取れる

ベビーサインで意思疎通ができることで赤ちゃんとの絆が深まり、育児が楽しくなります。また、気持ちを理解してあげられるので赤ちゃんのストレスが軽減されるというメリットもあります。

ベビーサインのメリット②発語の時期が早くなる

ベビーサインを使うことによって、言葉が出てくるのが早くなるメリットがあると言われています。経験者の一人としても実感があるのですが、0歳児の頃から「泣く以外に伝え方がある」と理解している影響が大きかったように見受けられました。

我が家だけでなく、ベビーサイン実践者からは、言葉が早いという実感の声が多く聞かれるようです。ベビーサインの大きなメリットの一つです。

タイトルとURLをコピーしました