お部屋に緑をプラス♪インテリアとしての観葉植物の選び方・置き方

どこかお部屋が殺風景…何か足りない気がする…そんな時には観葉植物を置くのがおすすめですよ♪観葉植物はお部屋の印象を一気に明るく、健康的にしてくれます。そこで今回は、インテリアとしてお部屋に置く観葉植物の選び方や置き方についてご紹介していきます。あなたのお部屋にも観葉植物を置いてみてはいかがでしょうか♪

公開日:    最終更新日:

観葉植物はインテリアとして最適!


https://www.pakutaso.com/

観葉植物はインテリアにぴったりのアイテムですよね。
観葉植物は育てやすく丈夫なものが多いので、ガーデニングなどの経験がない方でも、比較的簡単にお世話することができます。

今回はお部屋に明るさを添えてくれる、おすすめの観葉植物をご紹介していきます。お部屋にグリーンを取り入れたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

観葉植物はお部屋の印象をガラッと変えてくれる


https://www.pakutaso.com/

家具を買い替えたりしなくても、観葉植物を置くだけで、お部屋の雰囲気は結構変わるものです。
観葉植物なら気軽におけるので、インテリアの雰囲気を変えたいときにもぴったり。小さいサイズの観葉植物ならちょっとしたスペースにも置くことができ、場所もとりません。

お部屋に置く観葉植物の選び方

インテリアに合った雰囲気の観葉植物を選ぶ

観葉植物の選び方ですが、まずは好みのデザインのものや、インテリアに似合いそうなものをいくつかピックアップしていくと良いでしょう。

観賞植物と一口に言っても、雰囲気は種類によって異なります。また同じ種類の植物であっても個体差は少なからずありますので、できれば実物を見た上で購入することをおすすめします。
なお観葉植物は植える鉢のデザインによっても雰囲気がガラリとかわりますので、ぜひインテリアにマッチするものを探してみてください。

家の環境に合っているタイプの観葉植物を選ぶ

観葉植物には、暑さに強いものもあれば、寒さに強いもの、耐陰性があり日陰でも育ってくれるもの……等々、種類によって様々な性質を持っています。
冬気温がかなり低くなる地域で暮らしているのであれば寒さに強い観葉植物の方が安心ですし、暑い地域なら熱さに強いものが良いですよね。また日当たりがあまり良くない家で育てるのであれば、耐陰性のあるものが適しているでしょう。

観葉植物を置こうと思っている家や部屋の環境で、すくすく育ってくれる種類のものを選びたいですね。耐陰性や育成に適した温度などは、購入前にしっかりチェックしておくと安心ですよ。

風水の観点から部屋に置く観葉植物を決める

風水に興味があるのであれば、風水の観点からお部屋に置く観葉植物を選ぶというのも一つの方法になります。
風水では観葉植物はラッキーアイテムだと考えられているので、運気をアップさせるのに効果的です。

葉の形状が尖っているタイプの観葉植物は、厄を払ってくれる効果があると考えられていますので、運気の入り口である玄関に置くと良いでしょう。外でも育つ植物ならベランダで育てるのも良いですね。
反対に葉が丸いタイプの観葉植物は、人間関係を円満にしてくれる効果があるそうなので、リビングなどの、人が集まるスペースに置くのがおすすめです。
中にはモンステラなどハート型の葉を持つ植物もありますよね。ハートの葉のものは恋愛運や対人運をアップさせてくれる効果が期待できます。新しい出会いが欲しいときには、玄関や窓の近くに飾ると良いですよ。

さらにパキラなど上に向かって伸びていくタイプの観葉植物は、発展や成長を象徴すると言われていますので、家はもちろん、仕事場に置くのにも適しています。

インテリアにおすすめの観葉植物

インテリアにおすすめの観葉植物:サンスベリア


https://www.amazon.co.jp/[観葉植物の専門店-彩植健美]-【ブラウン鉢カバー付】サンスベリア・ローレンティー-6号鉢/dp/B002LP2YIS/ref=sr_1_10?ie=UTF8

・乾燥に強いかどうか:強い
・育てるのに適した温度:10℃~(寒さには弱い)
・日光を好むかどうか:耐陰性があるが日光を好む

サンスベリアは空気を浄化させる効果があると言われている、人気の高い観葉植物です。
また葉の形状が尖っているため、風水的には厄を払ってくれる効果があると考えられています。玄関に置くのに適している観葉植物の一つです。

サンスベリアは耐陰性がある植物ですが日光を好むので、日光に適度に当ててあげることが大切になります。ときどき日当たりの良い窓際などに移してあげると良いでしょう。
なお春と秋なら家の中だけでなく、屋外で育てることも可能です。寒さにはあまり強くない植物のため、冬は暖かいリビングや寝室に入れてあげるようにしてくださいね。

インテリアにおすすめの観葉植物:ガジュマル


https://www.amazon.co.jp/花のギフト社-Hana-No-Gift-Sha/dp/B002E966P8/ref=sr_1_2_sspa?ie=UTF8

・乾燥に強いかどうか:そこそこ
・育てるのに適した温度:5℃~(暑さに強いが寒さに弱い)
・日光を好むかどうか:日光を好む

ガジュマルはぽこっとした根っこが可愛らしい、人気の観葉植物です。沖縄では精霊「キジムナー」が宿っていると考えられています。運気をアップさせる効果も期待できる植物であると言えます。

暑さに強く日光を好む植物なので、できるだけ家の中であっても、日当たりの良いところに置いてあげるようにしてください。また暑さには強いため夏は元気に育ちますが、寒さには弱いので冬は暖かいところい置いてあげるようにしてください。
水やりに関しては、冬以外は土の表面が乾燥したらたっぷりとあげるようにしましょう。冬はあまり成長しなくなる季節ですので、しっかり乾燥してから水をあげるようにしてくださいね。

インテリアにおすすめの観葉植物:ポトス


https://www.amazon.co.jp/ノーブランド-相武ガーデン-観葉植物-ポトス-40cm/dp/B07378V26Z/ref=sr_1_10?ie=UTF8

・乾燥に強いかどうか:そこそこ
・育てるのに適した温度:8℃~(暑さには強く寒さには弱い)
・日光を好むかどうか:耐陰性があるが日光を好む(直射日光はNG)

ポトスは人気のある観葉植物の一つであり、初心者でも育てやすいです。
耐陰性がありますが適度に日光を当ててあげた方がすくすくと育ってくれますよ。なお直射日光を当ててしまうと葉が焼けてしまうことがあるので、直射日光に当たらないように気を付けてあげてください。

またポトスは暑さには比較的強いですが寒さには弱いので、冬は暖かいところに置くようにしましょう。なお暖かい季節であれば、ベランダや庭などの屋外で育てることも可能です。

インテリアにおすすめの観葉植物:ワイヤープランツ

関連記事