自律神経を整えるには温泉が効果的!その理由やオススメ温泉をご紹介

あらゆる体の不調を引き起こす自律神経の乱れ。治そうと思っても、原因はストレスだったり生活習慣だったりと漠然としていて、なかなか自力で治すことは難しいですよね。そこで今回ご紹介したいのが、温泉に入って自律神経を整える方法です。温泉は血流を良くしたりリラックス効果があり、自律神経を整えるのに効果的だと言われています。そこで今回は、自律神経を整えるための温泉の入り方などについてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

温泉が自律神経を整えてくれる理由とは?


https://www.photo-ac.com/main/detail/606093?title=露天風呂

温かい湯船に浸かってホッと一息。疲れた心をときほぐし、体もゆったりとリフレッシュできる温泉は、日本人のDNAにしっかり組み込まれた癒しの方法です。

温泉に入ることは、血流が良くなることだけでなく、体のコリや疲れを取り除いたり、悩みやストレスを洗い流す効果もあります。体が限界に達する前に、温泉ですっきりとしてみませんか?

忙しい現代に生きる私たち。多くの人が抱えていると言われる自律神経の乱れも、温泉に浸かることでずいぶん緩和されるそうです。

温泉と自律神経の関係を調べてみました。

自律神経とは


https://www.photo-ac.com/main/detail/426591?title=木漏れ日

「自律神経って何?」と聞かれても明確に答えるのはなかなか難しいですよね。自律神経とは内臓や血管などの働きをコントロールしたり、リンパの流れを良くして体内環境を整える神経です。

私たちの意思で自由に動かすことのできる神経には、知覚神経(体や内臓の感覚の動きを伝えるために信号を送る神経)や運動神経(脳や脊髄のような中枢から筋肉・内臓などに刺激を与え、動きを伝えるために信号を送る神経)があります。

これに対して自律神経は、私たちの意思とは関係なく働いているため、内臓や血管を自分の意思で自由に動かすということはできません。

自律神経には、交感神経(起きている時や、興奮・緊張している時の神経)と副交感神経(寝ている時や穏やかにリラックスしている時の神経)があります。この2つの神経は、1つの器官に対して互いに相反する働きをしています。

私たちが無意識のうちに呼吸をしたり、食べたものを消化するため胃を動かしたり、体温を維持するため汗をかいたりするのは、自律神経が働いているからなのです。

自律神経が乱れる要因とは

本来ならば交感神経と副交感神経はバランスよく働いており、乱れることはありません。しかし忙しい現代に生きる私たちは、このふたつの自律神経のバランスを乱す要因をたくさん持っているのです。

・精神的なストレス
・身体的なストレス
・昼夜逆転している生活
・女性ホルモンの減少で起こる更年期障害からの乱れ

これらのひとつでも当てはまるものがある場合、自律神経のバランスが崩れている可能性があります。言い換えれば、自律神経は日々の生活に大きく関わっているのです。


自律神経が乱れるとどうなるの?


https://www.photo-ac.com/main/detail/1063706?title=アンケート_自律神経失調

相反する2つの神経がバランスよく働いている時は大丈夫でも、ちょっとしたことが原因となって自律神経が乱れてしまうことがあります。自律神経の乱れが原因と思われる症状には以下のものなどがあります。

・自律神経失調症
精神的にダメージを与える出来事が引き金となって、心や体に不調が表れる症状です。不安や緊張感が増したり、吐き気、動悸、不眠、めまいなどがあります。

自律神経失調症とは気づきにくい、頭痛、肩こり、手足のしびれなどもあり、症状は人によって大きく異なるので、症状のひどい人や、長く続いているひとは、専門家に診てもらうことをお勧めします。

・神経性胃炎
昼夜逆転の生活や、仕事などで過度なストレスがあったり、過労が重なったりすると起こる症状が神経性胃炎です。自律神経がバランスを崩すと、胃酸が過剰に分泌され、胃の不快感を引き起こします。

・過敏性腸症候群
自律神経のバランスが崩れると、腸のぜん動運動に異常が起こり、慢性的な下痢や便秘などを引き起こすこともあります。何週間も下痢が続いたり、一時的に治ったものの、再発するという症状を繰り返すこともあります。検査でも特に異常が認められない場合は自律神経の乱れとも考えられます。

・メニエール病
ストレスなどが原因で自律神経のバランスが乱れると、内耳のリンパ液にも異常が生じます。ぐるぐると回るめまいや、耳鳴り、耳の聞こえが悪くなるなどとともに、吐き気などをもよおすこともあります。

・過呼吸症候群(過換気症候群)
精神的なストレスを過剰に感じてしまうことが引き金となり、突然浅く速い呼吸を繰り返す症状が現れます。このため動悸や酸欠状態のような息苦しさを感じます。めまい、手足のしびれや筋肉のこわばりなどが起こることもあります。

症状はこれだけというわけではありません。人によって現れ方はさまざまだと言われています。過度なストレスを感じていたり、思い当たる原因がある場合には、無理をせず医療機関を受診することをおすすめします。

自律神経と温泉との関係


https://www.photo-ac.com/main/detail/331430?title=足湯

古くから日本で行われていた「湯治(とうじ)」と呼ばれる習慣があります。温泉に入って入浴したり、温泉水を飲むことを病気の治療として行っていたものです。長期逗留して治療に励んだ文豪などの話は有名ですよね。

温泉に入ると体が温まり、血流が良くなります。リラックスする効果もあるので副交感神経が働いて気分も落ち着きます。ただし湯治の効果は副交感神経を働かせるだけが全てではありません。

体が温まったら一度湯船から外に出て、少し経ったらまた湯船に入るという「反復浴」を繰り返すことが大切です。

こうすることで温泉成分を皮膚から浸透させていき、温泉に含まれる有効成分を体内へ取り込むことができるようになります。

各温泉には、それぞれ効能があります。自律神経に効く温泉を選び、ゆっくりと湯に体を浸すことで、凝り固まっていた体も心も柔らかくほぐれてきます。これが温泉が自律神経のバランスを整えるのに役立つ要因と言えるでしょう。

自律神経を整えるための温泉の入り方

低めの温度の温泉を選ぶ


https://www.photo-ac.com/main/detail/1638504?title=厳選かけ流しの温泉1

「温泉は熱い」というイメージはありませんか?、だいたい何度ぐらいの温泉が交感神経を整えるのには効果的なのでしょうか?

一般的に人が感じる「熱めのお風呂」というのは42℃前後でしょうか。この温泉に入ると、交感神経が刺激され、血圧が高まり、血管の拡張、心拍数の増加なども起こると言われています。

これに対して、38℃以下のぬるい温泉では、副交感神経が働いて気持ちが落ち着いてきます。ぬるめのお湯には胃腸の働きを促進する効果があると言われており、とくに体温と同じ位の温度(35〜37℃くらい)が体への刺激も少なく、血圧、脈拍も安定するそうです。

せっかく温泉に来たのに、熱すぎるお湯に入るのは、かえって交感神経を優位にしてしまいかねません。副交感神経が働き、リラックスしたい場合にには、温度が低めの温泉を選んで行くと良いでしょう。

熱い湯と交互に入る


https://www.photo-ac.com/main/detail/1668429?title=足湯

ぬるめの温泉にゆったりと浸かり、副交感神経が働いてリラックスした状態になると、自律神経の働きも良くなります。

逆に42℃以上の熱い湯に入っていると、交感神経が優位になってしまい、血圧も心拍数も上がって筋肉は硬直し、リラックスというよりも体が興奮した状態になってしまいます。

これを聞くと熱い温泉には入れないのではと思われるかもしれませんが、そうではありません。

熱い湯の温泉でも必ず「水風呂」のようにぬるめの水温の浴槽は付いています。熱い温泉の熱い湯とぬるい湯に交互に入って交感神経と副交感神経のバランスを整えることができれば、自律神経も整えられるのです。これを「冷温交代浴」と言います。

「冷温交代浴」を行うことで自律神経の乱れを整えて、リラックスした気分を味わうことができます。熱い湯から冷たい湯に入ることで血管の収縮作用が起こり、血流が良くなって、疲労回復が早まったり冷え症の改善にもつながります。

ただし妊娠中の方や、高齢者、高血圧、心臓などに疾患のある方などは「温冷交代浴」は避けるか、医師に相談するようにしてください。

自律神経を整えるのに効果のある温泉は?

「自律神経を整える=交感神経と副交感神経のバランスを整える」ということになります。リラックス効果のある副交感神経が働きやすいのは、ぬるめの温泉ですが、熱めの温泉にも必ず水温の低いお風呂も付いているので、交互に温浴すればバランスが整えられます。

また、温泉の成分によっても自律神経を整えるのに効果のある温質があります。以下に挙げた温泉はその代表例なので、ぜひ参考にしてみてください。

単純温泉

関連記事