自律神経を整えるには温泉が効果的!その理由やオススメ温泉をご紹介

あらゆる体の不調を引き起こす自律神経の乱れ。治そうと思っても、原因はストレスだったり生活習慣だったりと漠然としていて、なかなか自力で治すことは難しいですよね。そこで今回ご紹介したいのが、温泉に入って自律神経を整える方法です。温泉は血流を良くしたりリラックス効果があり、自律神経を整えるのに効果的だと言われています。そこで今回は、自律神経を整えるための温泉の入り方などについてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:


https://www.photo-ac.com/main/detail/115835?title=箱根の硫黄温泉

「単純」と書かれているのを見ると、効果が少ないように思われがちですが、そうではありません。温泉の効能成分が薄い温泉のことを単純温泉と呼びます。

効能成分が薄い温泉というと、入浴しても効果がない温泉のように思われるかもしれませんが、刺激が少ない、体に優しい温泉なので、子供から高齢の方まで家族揃って安心して入れる温泉を表しています。

温泉にはさまざまな種類があって、効能成分の強さも多種にわたっています。温泉に入ることに慣れていない人が、急に刺激の強い温泉に入ると、その刺激に肌が負けたり湯あたりを起こしたりすることも考えられます。

温泉初心者の方や、温泉の刺激に不安がある方は、まずは単純温泉に入ることをおすすめします。単純温泉は日本で一番多い温泉で、肌触りが柔らかく、肌への刺激が少ないのが特徴です。

単純温泉に入ることで効果のある症状としては、自律神経不安定症、不眠症、うつ状態、リウマチ性疾患、脳卒中、骨折、外傷、病後の回復期に適するといわれています。

代表的な温泉地には栃木県:鬼怒川温泉、岐阜県:下呂温泉、神奈川:箱根湯本、大分県:湯布院、新潟県:湯沢温泉などがあります。

二酸化炭素泉


https://www.photo-ac.com/main/search?q=有馬温泉

「二酸化炭素」の名前のつく通り、炭酸ガスを含む温泉です。この温泉に入ると、炭酸の気泡が肌につき、肌に刺激を与えて毛細血管を広げる働きがあるため、血行が良くなったり、血圧を下げる作用があると言われています。

比較的湯温の低い温泉でも、血液の循環が促進されて保温効果もあるため、体が温まりやすくなります。心拍数を上げなくとも血液の循環が良くなるのが特徴です。

効果がある症状としては、心臓病、動脈硬化、高血圧、神経痛、切り傷、筋肉や関節の痛み、冷え性、更年期障害、自律神経不安定症、不妊症など血流が関連しているような症状に効能があります。

代表的な温泉地としては、青森県:みちのく温泉、大分県:長湯温泉、兵庫県:有馬温泉などが挙げられます。

温泉が近くに無い人は、入浴剤+お風呂でも効果あり


https://www.photo-ac.com/main/detail/1247437?title=バスルーム 03

自律神経を整えるために温泉がとても効果があることはわかりました。でもすぐには行けなかったり、温泉に行くための時間を作り出せない忙しい方も多いですよね。

でも諦めないでください!温泉が近くに無くても、温泉の効果を作り出すことはできるのです。それは自宅でのお風呂の時間。入り方次第で効果がアップしますよ!

ぬるめのお湯にゆっくりがポイント

まずは浴槽に40℃以下のぬるめのお湯を溜めましょう。湯温が42℃以上になってしまうと、昼間に活動するための交感神経のスイッチが入ってしまうので、自律神経を整え、副交感神経を存分に働かせたいときには、ぬるめのお湯にすることがポイントです。

また、ぬるめの湯船にゆっくりと浸かる際には、首までしっかり浸かってみましょう。首には自律神経に関わる神経が多くあります。これらを温めて血流を良くすることで、さらにリラックスできるのです。

もちろん長時間入っている場合は、途中で湯船から上がったり、水分補給をすることも忘れないでください。

香りも自宅の浴室ならではの楽しみ方


https://www.photo-ac.com/main/detail/1184729?title=バスソルトと石鹸

さらに緊張をほぐすために、入浴剤を入れて香りでリラックスというのもいいですよね。心地よい香りは、自律神経を司る脳の中の「視床下部」へ伝わっていき、気持ちを安定させて呼吸も楽にしてくれることでしょう。

おすすめはラベンダーやヒノキ、ローズなどですが、香りの好みは人それぞれです。お気に入りの香りをかぐことで、心からリラックスできることが大切です。

たとえ温泉まで行けなくても、自宅の浴室で好きな香りとぬるめのお湯に癒されてゆったり過ごしてみましょう。乱れていた自律神経のバランスも少しずつ整ってくることでしょう。

温泉に入って自律神経を整えましょう


https://www.photo-ac.com/main/detail/280122?title=露天風呂につかる女性1

自律神経の乱れに伴う体の不調は、目に見えて症状がわかるわけではないために、周りの人の理解を得られなかったり、孤立してしまったり、精神的にも辛いものです。

そんな時には自律神経を解きほぐしてくれる効能のある温泉に出かけてみましょう。日常を忘れてゆっくりと大きな湯船に身体を浸からせることで、悩みや体の不調も回復してくることでしょう。

温泉に行かれない場合は、自宅の浴槽でも温泉効果は作り出せます。お気に入りの香りを入れてゆっくりと湯船に浸かれば、きっと効果が表れますね。

一度で劇的な変化は見られないかもしれませんが、温泉に通うことでその効果はきっと現れてきます。現在悩んでいたり、つらい症状の方も、次の休みには温泉へ出かけてみてはいかがでしょうか。

関連記事