スポンサーリンク

こんなお部屋にしたい♪真似したくなる、おしゃれなインテリア実例集
スポンサーリンク

おしゃれなお部屋作りはなかなか難しい!


https://www.instagram.com/truckfurniture/

仕事で疲れて帰ってきたあと、大好きなものが集まった部屋はリラックス効果抜群です。できるだけセンス良くおしゃれにレイアウトしていたいですよね。
ですが、自身の好きなテイストがまだわからなかったり、生活感が出すぎてしまったり…おしゃれにまとめるのは簡単なことではありません。

ですが、ポイントさえ押さえてしまえば、おしゃれな雰囲気は作り出すことができますよ。レイアウトのコツやアイテムの組み合わせの工夫次第なのです!
まずは雑誌やインテリアショップを参考に、自分がどんなインテリアのテイストが好みかを把握してみましょう。

スポンサーリンク

おしゃれなお部屋を目指すためのインテリアの選び方は?

好きなジャンルを把握するのが大事

北欧風インテリア、パリ風インテリア、西海岸系のインテリア、またはミニマルなプレーンなインテリア…ご自身の好きなテイストは決まりましたか?この、テーマ決めがとても大事になってきます。家具や雑貨の選択に深く関わってくるからです。
目指したいインテリアのテイストが決まったら、次に雑誌などで事例をみてみましょう!各インテリアのジャンルには、「これは必須」というアイテムがあります。今はあらゆるインテリアジャンルに特化した雑誌や本が出ていて、とても便利。それを把握することでまず何を買うべきかが定まってきますよ。

インテリアデコレーションをしていくにあたって大事になってくるのは、アイテムの統一感。そこを押さえていれば少しくらい生活感が出ても気になりません。

スポンサーリンク

インテリアはどうやってレイアウトするかが大切!


https://www.instagram.com/lifewithidee/

サイズはしっかり測定

アイテムを選ぶ段階で大事なのはサイズ感。ご自身の中でどのくらいの割合で空間を埋めたいかをしっかり把握し、数字で出しておきましょう。というのも、インテリアショップは天井が高いことが多く家具が小さく見えるため、実際その家具が部屋に入ると予想以上に大きいことがしばしばあります。「こんなに大きいの?!」と嘆くのを避けるために、測定はしっかりおこなってください。レイアウトの際にとても重要になってきます。

レイアウトはインテリアデコレーションの要。いいアイテムを揃えても、活かせなければ意味がありません。ここからは参考になる事例を通してみていきましょう!

真似したくなる、おしゃれなインテリア実例集

リビング


https://www.instagram.com/zarahome/

まず、リビングのコーディネート実例をみていきましょう。こちらは、モダンながらも少しオーガニックな雰囲気が漂うリビング。ソファの後ろには大きなシェルフを置き、たくさんの書籍を見せながら収納しています。シェルフの高さは低めに抑え、その上を飾り棚として使用。そしてその後ろの壁は、パネルとオブジェで埋め尽くしています。

おしゃれに見えるレイアウトポイントとしてはソファの後ろに「魅せる」場所を作っているところ。壁面のパネルはモダンなポスターと絵画が並べられているためとてもモダンな印象です。
注目すべきは色。モダンなインテリアを作りたいときは黒の使い方が大事です。オーガニックな素材が多い中でもモダンに見えるのは、シェルフとパネルフレームの黒が空間を引き締めているから。

そして、モダンな要素をしっかりと出しながらも、オーガニックな素材使いで女性らしさと柔らかさを演出。表情豊かな、バランスのいいインテリアです。


https://www.instagram.com/lifewithidee/

こちらは北欧風の柔らかいインテリア空間。シンプルでポップ、爽やかな印象です。
なにが北欧風の印象をつくりあげているのでしょうか?まずは、白木を中心にした家具選び。サイドテーブル、ソファの脚、後ろのシェルフに共通して白木が使われていますね。そしてソファとサイドテーブル、ラグの曲線。北欧風インテリアはシンプルな中にも有機的な線が多く、曲線使いはとても大事です。
全体的に優しい雰囲気。また観葉植物をたくさん置くことで爽やかさと健康的なイメージをプラス。北欧風インテリアには、健康的で元気なイメージが大事になってきます。
シェルフの横にハシゴを置いているのがおしゃれなポイント。機能的ながらもスパイスが加わっています。要素が少なめで、真似しやすいインテリア例です。


https://www.instagram.com/westelm/

コンパクトながらもラグジュアリーさももった空間。ラグジュアリーなイメージを作り上げているのは、照明とサイドテーブル。クリーンながらも重厚さをもっています。このような、ソファにかかるような形状の照明はラグジュアリー感を増すことができます。
真似したいポイントは、部屋の隅にある飾り棚。生活に必要なものと、ディスプレイ材料が置かれています。日本の部屋でも真似できる、おしゃれなレイアウトです。


https://www.instagram.com/mylittleparis/

こちらのリビングイメージは、ラグジュアリー感と少しエキゾチックな雰囲気。前述の事例にもありましたが、ソファの後ろに飾り棚がつけられています。このように飾り棚があることでオブジェなど遊び心のあるアイテムを点々と飾ることができ、高級感を出しています。
また、色使いにも注目してみましょう。エキゾチックにみえる要素としては、大きな観葉植物の存在もありますが、アースカラーを含んだソファとその上のクッションの色使いがあげられます。後ろの壁の色とのバランスがよく、どことなくナチュラルな雰囲気を感じさせます。


https://www.instagram.com/ikeajapan/

最後はこちらのリビング空間。カジュアルで少し男性らしい、無機質な空間です。レイアウトのポイントとしてユニークなのは、棚を低く設定してソファより下の位置の空間にとどめていること。これにより、空間の主役はソファや棚上のアイテムとなり、実用的なアイテムは目にはいらなくなります。また、手元の照明としてソファにライトを直接固定しているのもユニークですね。実用的かつ空間のアクセントにもなっている、素敵なレイアウトです。

リビングレイアウトのポイント

いろいろな事例をみてきましたが、大きなポイントとなるのは「シェルフの位置」、そして「色使い」です!
ソファの後方にシェルフを配置するとソファの後ろに魅せる部分ができ、空間が華やかになります。
また、最後の事例であったように、ソファより低い位置にシェルフを収めることで、より空間を広く締まった印象にするという方法もあります。

また、色使いは目指すジャンルによって異なってきますが、そのジャンルによく登場する色使いをよく調べておくことが大事です。特に、ソファの上は色使いを楽しめる場所なのでこだわりましょう!

スポンサーリンク