ダイエットやストレス解消に!ヨガの逆立ちポーズの驚くべき効果とは

スポンサーリンク

ヨガの逆立ちポーズにはいくつか種類がある!

ヨガといえば、気軽に始めやすく、また有酸素運動などとも違いゆっくりとしたその動きが女性に人気のエクササイズですよね。

実際、そのゆったりとした世界観でリラックス感を持つことができ前向きな気持ちになる、心身ともに有効なエクササイズの一つといってよいでしょう。

また、身体へのエクササイズ効果も抜群で、ゆったりした動きながらもインナーマッスルに働きかけることで発汗が促されたり、脂肪を燃焼する効果があります。

血行・リンパの流れを良くすることが可能で美ボディ作り、美容にも非常に効果が高く、いいことづくしの運動といってよいでしょう。

ヨガのなかでも難易度が高い逆立ちのポーズ

そんなヨガのなかでも難易度が高いポーズの一つ、逆立ちのポーズをご紹介します。

ヨガのなかでは「アドムカ ブリクシャアーサナ」「アドムカー ヴルクシャアーサナ」などと呼ばれます。体を上下逆さまにする、いわゆる倒立のポーズで、ハンドスタンドとも呼ばれます。

この逆立ちのポーズは、見ての通り上級者向けなので、まだヨガを始めたばかりという方にとっては無理してチャレンジする必要のないものです。まずは基本をしっかりとマスターしてからその後に取り組みましょう。

ヨガの基本を一通りマスターしてしまって、もう一つ上のレベルをにチャレンジしてみたい!という方にはぜひおすすめしたいポーズになります。基本をクリアして柔軟性を手に入れた後、ぜひ挑戦してみてくださいね!

簡単な逆立ちのポーズもある!

逆立ちのポーズには、実際いろいろな種類があります。もっともベーシックな逆立ちのポーズとしては、頭立ちのポーズなど呼ばれる「シールシャ・アーサナ」のポーズがあげられます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuriya♥️くびれマイスター(@yuriyaism)がシェアした投稿

アーサナ(=ヨガのポーズのこと)の王様という別名を持ち、王様のポーズと呼ばれることもあるほど!

ただ、ヨガのクラスなどでは女王のポーズとも呼ばれる、仰向けの状態から、脚を天井にに向かって伸ばす簡単なポーズが行われることが多いです。こちらは、王様のポーズと同等の効果が期待できるので、初心者の方はこちらからチャレンジしてみましょう!

この逆立ちのポーズは、重力を感じないほど集中できると瞑想に適しているポーズです。ポーズをとった後の爽快感がクセになってしまうと言われていて、マスターするとなんども繰り返したくなるポーズ!

超難易度の高い逆立ちのポーズも

全体的に難易度の高い逆立ちのポーズですが、その中でも見た目にもアクロバティックな超難易度が高いポーズも。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆう(@yuu_kawahara1230)がシェアした投稿

「スコーピオンのポーズ」とよばれる逆立ちのポーズは、手で倒立を行い、その上で足を折り曲げ頭に足の裏をつけるというポーズ。

こちらはまさにその中国雑技団のような柔軟性に目を奪われてしまうポーズなのですが、柔軟性を生かすとても気持ちの良いポーズとのこと。かなり上級者向けですね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rumika Okamura(@runrun_rumika)がシェアした投稿

次に「鹿足ハンドスタンド」というもの。こちらは逆立ちをした上で片方の足を折り曲げ、もう片方を伸ばした状態にする逆立ちのポーズ。

美しい曲線が際立つポーズです。手のひらだけで体を支えるタイプのほか、手のひらから肘までを地面につけ、同じく足を片方折り曲げる方法があります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ranhee Tanabe(@ranheetanabe)がシェアした投稿

そして足を前後に開脚する「前後開脚ハンドスタンド」。こちらは逆立ちのポーズの中でも比較的バランスが取りやすく、中級の方でもトライできる可能性のある逆立ちのポーズです。前後ではなく横に脚を開くパターンもあります。

ここでご紹介したものはかなり難易度が高いものですので、ご参考まで。

ヨガの逆立ちポーズによって得られる効果は?

【ヨガの逆立ちのポーズによって得られる効果】内臓をもとの位置に戻す役割

逆立ちにはいろいろな効果が期待できますが、まず、逆立ちのポーズの一つ目の効果についてご説明しましょう。それは内臓の位置を正しい位置に戻す役割です。

よく、食べても食べても太らない人がいますが、そういった多くの人が「胃下垂」の状態です。

胃下垂は、太らないという点で羨ましがられることも多いのですが、太らないということは言い換えると栄養素の吸収もよくないということになりますよね。

これでは、いくら美容や健康にとって効果的な食事をしても効果が期待できないということなのです。非常にもったいないですよね。

ヨガの逆立ちのポーズを行うことで、内臓へも重力の刺激を与えることができます。いつもと反対の方向に重力がはたらくことで、胃下垂や内臓下垂も解消すると言われています。

食べ物の正常な消化につながり、栄養素も吸収しやすい体に戻していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました