【ママ友からのLINE既読スルー】相手の心理や原因&その後の対処方法

ママ友とのコミュニケーションツールとして欠かせない「LINE」

画像や動画の送信もできて、スケジュールの調整やアンケート機能もあるなど、連絡手段としてかなり使い勝手がいいLINE。家族や友人はもちろん、幼稚園や保育園、PTAや習いごとなどのママ友との連絡にもばっちりです。特にLINEのグループ機能は、3人以上の集まりになるととても便利。一斉連絡したり、既読の数で全員が読んだかどうかも判断できたります。少し親しくなったら、メールよりもLINEのIDを交換して連絡を取り合うほうがスムーズです。

スタンプ機能があるので、「了解」などとスタンプで返信できるのも、いそがしいママには頼もしいポイント。タイムラインで、日常のちょっとしたできごとをアップできるのもよいですね。とにかく便利なLINE。もはや日常になくてはならないツールといえます。

LINEでは「既読スルー」が大きなトラブルの元になる場合も

けれどこの便利すぎるLINE、既読という機能がじつはちょっとした曲者です。1対1のLINEでは、相手が読んだかどうかが瞬時にわかります。「既読にする」「既読スルー」などの言葉も生まれました。

この「既読スルー」が、ママ友の間では大きな問題です。既読、というのは「既に読んだ」ということ。なのに、スルーなのです。読んでいるのに、返信がこない。もしかして、無視されているのかも?とモヤモヤした気持ちになりがちです。メールなら、相手が読んだかどうかわからないので、こちらも返信がこなくてもそれほど気になりませんでした。

「気づかなかった」という言いわけは通用しない

でも、LINEでは相手がすでに読んだことが、こちらにはわかってしまいます。読んだら返してほしいのが人情というもの。メール時代のように「気づかなかった」という言いわけは通用しません。LINEの通知に気づいて、読んでいるのに……どうしてあの人は返してこないの?とママ友への不信感が生まれてしまいます。悪意があるのかないのかわからない。しつこく連絡するのも気がひける、そのうちにだんだんと腹が立ってくることも。

さらに複数人でのグループLINEだと…

さらに複数人でのグループLINEでは、特定の人には反応するけれど、自分からの呼びかけには「既読スルー」している、なんてこともわかってしまいます。冷静に考えれば、返信のひとつやふたつたいしたことではありません。意見の集約などの際には、意見を表明しない人のほうが不利になりがちです。

ほうっておけばいい、頭ではそうわかっていても、気持ちのうえでは「どうして既読スルーなの?」と落ち込んだり、嫌われているのかなと不安になったりしますよね。とくに昔からの友人ではない、子どもを介したママ友という存在は、よけいに相手が何を考えているのかわからないもの。ため息が思わず出てしまいます。

LINEで既読スルーをしてくるママ友の心理は?

では、実際に「既読スルー」しているママ友は何を考えているのでしょうか?相手のことがわからないと、妄想ばかりふくらみザワザワと胸のうちがイヤな気持ちになってしまいます。「既読スルー」には、次のようなパターンが考えられます。

LINEで既読スルーをしてくるママ友の心理①忘れていた

まずは、いそがしくてふつうに忘れていた。とくに日中では、仕事中の可能性もあります。休憩時間などにぱっと見るだけ見たけれど、バタバタといそがしくついつい返すのを忘れていた、というパターン。追加で通知がこなければ、連絡そのものの存在を忘れている人です。こういうママ友は、悪意がないので次回以降などには返信があります。

LINEで既読スルーをしてくるママ友の心理②気が付いたら時間がたっていた

お次は、返信内容をじっくり考えているうちに時間がたっていたというもの。真面目なママ友に多い印象です。仮にスルー状態のままだったとしても、会ったときなどにひとことあれば気にする必要はありません。

LINEで既読スルーをしてくるママ友の心理③わざと返信しなかった

いちばん最悪なのは、わざと返信しない、相手をみて返信するときとしないときがあるママ友です。これは性格が悪いですね。とくに人をみて態度を変える、というのは最低です。こうしたママ友は、基本的に自分のことしか考えていません。返信がなくて不安に思うかもしれない相手のことなどは、いっさい想像できない困りものです。

直接会っても、LINEのことなどは話題に出さず、自分の要求や意見だけを言ってくるさらにあつかましいママ友もいます。まさに厚顔無恥!世の中には、自分が思うよりも常識のない人がいるもの。その人は他人に気づかいができないまま大人になり、運悪くママ友として出会ってしまったのです。

タイトルとURLをコピーしました