あなたは大丈夫?「痛い女」と思われてしまうアラフォー女性の特徴

気付かないうちに「痛いアラフォー女」になっているかも

「痛いアラフォー女性」と聞いて、どんな人を思い浮かべるでしょうか。年齢や外見にそぐわない若作りファッションをしている人、若い人と張り合って、意地悪な言動をしてしまう人…

「痛いアラフォー女性」は、何も外見に限った言葉ではありません。

アラフォーともなると、さまざまな経験を経てきている分、自信がついてきている女性も多いと思います。

さらに、職場などでも、周りには年下が多くなり、重要な仕事をまかされていたり、それなりの立場についていたりと、良くない部分を指摘してくれる人が少なくなってくるのが事実です。

指摘してくれる人がいないと、どんどん増長していく…

そうなると、たとえ常識はずれな言動をしていても、「それはちょっとおかしいよ」「そいういうの良くないと思うよ」と指摘してくれる人がいないため、どんどん増長してしまい、陰で「あの人ちょっと痛いよね」「アラフォーなのに、あれはないよね」なんて言われていた… なんてことにもなりかねません。

自信を持つのはとても大切なことですが、時々自分のファッションや言動を振り返ってみて、アラフォー女性として恥ずかしくない振る舞いができているかをチェックしてみると良いかもしれません。

【外見編】痛いアラフォー女性の特徴

痛いアラフォー女性の外見の特徴をご紹介します!

痛いアラフォー女性の特徴【若い子と張り合おうとする】

「痛いアラフォー女性にありがちな外見」といえば、何よりもやはり「若い子と張り合おうとしている」という女性が挙げられるのではないでしょうか。

もちろん、いつまでも若々しく、華やかでいたいと思うことは何も悪いことではありません。

しかし、悲しいことに、やはり年齢を重ねるにつれ、似合うファッション、似合わないファッションというものはでてくるものです。

個人差はありますが、たとえば若い頃には勢いで着られていたファストファッションは、大人の女性が身に着けるとなんだかやけに貧相に見えてしまうことも。

さらに、ラメがギラギラしすぎのメイクや、明るすぎる茶髪に、激しすぎる巻き髪なども、若い女の子であれば「派手だねー」と笑って済ませることができますが、アラフォー女性がやってしまうと、やはり「痛い」と思われてしまうことが多いでしょう。

流行を追いかけて、自分流に取り入れるのは素敵なことですが、自分の年齢にふさわしい、品の良いスタイルを心がけることも、「痛い」と思われないためにも、アラフォー女性には必要なことといえるでしょう。

痛いアラフォー女性の特徴【昔のファッションで止まっている】

過剰に流行を追いかけすぎるのも考えものなのですが、かといって、「自分が若かった頃のファッション、スタイル」で止まってしまっているアラフォー女性も、傍からみると、やはり「痛い」と思われてしまうでしょう。

もちろん、誰もが自分が一番楽しく、輝いていた時代を懐かしむものですが、外見は年齢を重ねているのに、いつまでも昔の若かった頃のスタイルに固執してしまうのは、ちょっと考えものでしょう。

このタイプは、決してファッションに興味がないというわけではないのですが、ものごとの考え方や感性が昔のまま凝り固まっていて、時代の流れに応じてアップデートできていない危険性があります。

そういった保守的な姿勢が、ファッションだけではなく、あらゆる言動に表れてしまってはいないでしょうか?「私たちの頃は…」「今の若い子は…」なんて無意識に口にしてしまっていたら危険信号です。

外見だけではなく、内面までもさび付いていては女がすたります。「あの人、ちょっと痛い」「アラフォーになるとあんな風になっちゃうのかな」なんて若い子に思われてしまわないように、ぜひその時々のスタイルを柔軟に楽しみましょう。

痛いアラフォー女性の特徴【おしゃれに興味がなさすぎる】

上で挙げてきた2つの「痛いアラフォー女性」のタイプは、ファッションに興味がないわけではなく、あくまでもやりすぎ、もしくは昔のスタイルに過度に固執してしまっているというパターンでした。

しかし、もう一つ注意が必要なケースとして、おしゃれに興味をなくしてしまったあまりに、非常識な服装をしてしまっているというパターンが挙げられます。

結婚前はデートに着ていく服を直前まで悩んだり、毎日のようにファッション雑誌をチェックして、流行を取り入れたおしゃれを楽しんでいた、というアラフォー女性も多いはず。

しかし、結婚したり子供ができたり、あるいは単純に年齢を重ねたことによって、だんだんとファッションやおしゃれから遠ざかり、「ラクならいいや」「安いのが一番」と、適当に服を選ぶようになってしまう人も多いもの。更には、もう何年も服を買っていない… なんてアラフォー女性もいるかもしれません。

一着の服を、きちんとお手入れしながら長く愛用することはとても素敵なことなのですが、そうではなく、適当に選んだ服をぞんざいに扱い、なんの愛着もなく身に着けている姿は、あまりにも悲しいものです。

衣替えがめんどくさいからといって、季節感を無視した服装をしていたり、毛玉だらけのニットを着ていたりということはないでしょうか。もはやそこまでいってしまうと「痛い」以前の問題にもなりかねません。

たとえ、おしゃれに手間をかける余裕がなくても、しわのないシャツや、季節やTPOに応じた服装をこころがけることは、アラフォー女性にとってはマナーでもあります。

【内面編】痛いアラフォー女性の特徴

痛いアラフォー女性の内面の特徴をご紹介します!

痛いアラフォー女性の特徴【若い子に嫉妬丸出し】

外見についてもいえることですが、若い子を意識しすぎた言動は、アラサーならまだしも、やはりアラフォー女性としては「痛い」と言われても仕方のないことかもしれません。

若い女性の華やかでキラキラとしたオーラは確かに、とても魅力的なものです。しかし、アラフォー女性にはアラフォー女性の魅力があるはず。むりに彼女たちに張り合おうとせずとも、落ち着いた物腰や、知的なふるまいなど、いくらでも大人の女性としての魅力をアピールすることは可能です。

若い女の子に嫉妬丸出しで意地悪をしたり、ターゲットにして小言を言い続けたりと言うのは、「痛い」以前にもはや問題外。

経験を重ねてきたアラフォー女性にとって、確かに彼女たちの言動は時には理解不能かもしれませんが、そこはあえて優しく、大人の余裕をもって接してあげることが大切でしょう。

痛いアラフォー女性の特徴【話す内容に知性がない】

アラフォー女性が「痛い」とがっかりされてしまう理由の一つに、「話す内容がとてもアラフォーとは思えない」「知的な会話ができない」といったことがあります。

日々の忙しさに追われてしまい、チェックするのはネットのニュースだけ、記事まで読まず、見出しだけ流し読み、という方も多いかもしれません。

あるいは、美容院ではゴシップ雑誌を読むのがルーティン、暇な時間があれば、スマホゲームに熱中… というアラフォー女性も、今は少なくないでしょう。

しかし残念ながら、それだけでは、大人の女性にふさわしい、知的な会話はできないままです。会社の飲み会や、ちょっとしたミーティングの際に、時事ネタなどを話すこともあるはずです。その時に、あまりにも知性に欠けたコメントばかりしていると、あなた自身の評価が下がってしまいかねません。

声高に意見を主張する必要はないにせよ、きちんと論理だてた説明ができたり、自分の意見を控えめにでも言えることは、やはりアラフォー女性のたしなみとしておきたいところです。

そのためには、日ごろから本や新聞をじっくり読んだり、興味のあるトークイベントや講演会などに参加してみたりと、時間を見つけて自分を成長させる機会をぜひもちたいものです。

テレビやネットの情報も、目に入った者を鵜呑みにするのではなく、「これは本当のことかな?」「この根拠はなんだろう?」と、批判的な目線で見てみることもお忘れなく。

「もう年だから勉強なんて無理」「文字を読むのはおっくう」なんて言っていると、内面からあっというまに老化してしまいます!きれいで若く見えるアラフォー女性は増えてきましたが、同時に内面を磨くことも忘れずに。

「痛いアラフォー女」と思われないためには?

外見、内面の両方から、「痛いアラフォー女性」の特徴について探ってきました。

では、「痛いアラフォー女性」と思われないためには、具体的にどんなことに気を付けたら良いのでしょうか。

柔軟性を大切に

一つには、柔軟性を大切にすることが挙げられるでしょう。さまざまな経験を経て来たアラフォー女性は、その分、どうしても過去の記憶になんでも頼りがち。「私の時はこうだった」「昔の方が良かった」なんて思っていると、あっという間に時代から置いていかれてしまいます。

新しいファッションやテクノロジーを恐れたり毛嫌いするのではなく、どんどんトライしてみることが大切です。

若い女人に真似できないスタイルを見つける

さらに、若い人と張り合おうとするのは賢明なアラフォー女性のすることではありません。若い子には若い子の、そして、アラフォー女性にはアラフォー女性の良さがあります。

外見の若さでは、彼らにかなわないのは当たり前。逆に、若い女ことたちには真似できないようなスタイルを見つけて楽しむ方が、よっぽど有意義な生き方ができるはず。

「痛い…」なんて思われるより、「○○さんみたいなアラフォーになりたい!」と思われたいものですよね。

自分を高める努力を忘れない

さらに、アラフォーだからといって、自分を高める努力を忘れない、ということが挙げられます。毎日簡単なエクササイズを継続したり、体に良い食生活をこころがけたりということはもちろん、知性や教養を磨くことをあきらめてはいけません。

毎日仕事に家事に忙しくて、とても趣味や勉強なんてできる余裕はない… という方も多いでしょうが、そんな時こそ、自分に向き合い、スキルアップしてあげる機会を大切にしたいものです。

昔から興味があったけれど手を出せずにいた習い事を始めてみるのも良いでしょうし、海外旅行に備えて英語の勉強を始めるのも良いでしょう。資格取得の勉強をしたり、仲間内の旅行を計画したりも楽しいですよね。

「私なんてもうおばさんだし」「今更もうなんにも無理」なんて言っている姿こそが、一番「痛い」かもしれませんよ。

年齢に合った言動を心がけましょう

さまざまな経験を重ねて、だんだんと達観してきてしまうアラフォー世代ですが、だからといって過度に若さに固執したり、逆にすべてをあきらめてしまったりというのはもったいないことです。

アラフォーにはアラフォーだけの魅力があることを忘れずに、へんに若作りしたり、「私なんてもうおばさんだし」なんて投げやりにならずに、日々を楽しく、新鮮な気持ちで過ごせるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました