40代・50代の男性と再婚する際の心構え・注意点は?

再婚の場合、お相手の男性が40代・50代だという方も多いかと思います。しかし、40代・50代男性の結婚に関しての考え方は、20・30代男性とは少し違う場合が多いです。また、相手にバツがあるか、子持ちかどうかなどによって、結婚生活も大きく変わってきます。そこで今回は、40代・50代男性と再婚する場合の心構えや注意点についてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

40代・50代男性との再婚についての実情とは?

https://pixabay.com/ja/

あるデータによると、40代男性の再婚率は約42%、50代の男性の再婚率は約33%となっています。また40代以降に離婚した方の再婚率は、20代や30代に比べ低くなっています。

しかし、年代が上がるにつれて再婚率は減少するのかというと実際にはそうではなく、50代以降になると再婚率はほぼ横ばいとなっています。具体的な数字で見ると、50代以に離婚しても男性の約30%は再婚しており、けして再婚が難しいというわけではないようです。

実際最近は、若い男性にはない魅力を持っている、40代や50代との再婚を望む女性が増えています。

その背景には、その年代であれば社会的地位が安定しており、さまざまな人生経験を重ねているため包容力があり、金銭的な余裕もある男性に惹かれるという女性の本音も見え隠れしています。

また40代、50代のバツイチ男性側から見れば、一度離婚を経験し一人暮らしが長くなるに従って寂しさを感じることが増えていくということや、老後への不安から、これからの人生を一緒に歩んでいけるパートナーを探したいという気持ちもあるようです。

また離婚歴がありで子供がいない男性にとっては、やはり自分の子供が欲しいという切実な理由から、再婚を真剣に考える方も多く見られます。

「相手にバツがあるか」「子持ちかどうか」で大きく変わる!

40代、50代の男性が初婚の場合

https://pixabay.com/ja/

40代、50代の男性とのが再婚を検討する際は、相手に離婚歴があるか、また子供がいるかどうかで、男性の考え方や女性側の対応の仕方も大きく変わってきます

まず40代、50代の男性が初婚の場合は、どちらかといえば相手の女性に対する理想が高い傾向が見られます。晩婚化が進んでいる現在、40代、50代の独身男性はけして珍しいというわけではありません。

また、せっかく今まで独身を通してきたのだから、周囲がうらやましがるようは女性と結婚したいという理想を持っている方も多いようです。

40代、50代で再婚・子供のいない男性

https://pixabay.com/ja/

40代、50代で再婚で子供のいない男性は、どちらも親に孫を見せてあげたい気持ちもあり「自分の子供が欲しい」と考えている方が多いため、30代前半くらいまでの、比較的若い女性を再婚相手として望む傾向が見られます。

特に長男であったり会社の跡取りが欲しい男性にとっては、再婚した相手あとの間に子供をもうけるというのは、切実な問題となっています。

また一度離婚しているため、再婚したらぜひその女性と生涯をともしたいと考えており、過去の失敗から学んだことを活かそうと努力する方が多いようです。

40代で再婚・子供のいる男性

https://pixabay.com/ja/

40代で再婚を望んでいる子供のいる男性でも、再婚してもやはり子供が欲しいと思っている方が多いようです。

これは、夫婦が離婚した際には親権は母親が持つ場合が多いため、子供に思うように会えずに寂しいと感じている男性が多いため、再婚相手に自分の子供を産んでほしいと思う傾向があるからのようです。

また、再婚して幸せな家庭を築いた姿を元妻に見せてたいという自尊心もあるように見受けられます。

これを少し幼稚な考えであると思う女性いるかもしれませんが、男性は年齢に関係なく、こういう子供っぽい所があることも理解しておくことが大切であると言えるでしょう。

関連記事