【お灸の効果】自律神経を整えるのにはお灸が効果的!その理由とは

自律神経の乱れにお灸が効果的な理由

自律神経とは、人間が健康的に毎日を過ごしていく上でけして欠かすことのできない神経です。交感神経の副交感神経の2つがあり、呼吸や消化、排泄や体温調節、ホルモン分泌など、身体のさまざまな機能を正常に行わせる働きがあります。この2つの神経が正常に働くことにより、心身ともにより健康的な生活を送ることができます。

一方でお灸とは、気血の通り道にあるツボをもぐさの熱で温熱する治療法です。お灸の熱は皮膚の通して交感神経に働きかけ、乱れた自律神経の調整し正常に戻す働きをしてくれます。

ストレスや寒暖差などさまざまな原因

ストレスや寒暖差などさまざまな原因により、自律神経のバランスが崩れることがあります。交感神経が優位になると、身体の緊張が強くなったり、頭痛や不眠、便秘や下痢などの症状が出る場合があります。

またその反対に副交感神経が優位になりすぎると、倦怠感や抑うつ状態など、さらにはアレルギー反応が起こってしまう場合があります。

そんな時には、身体のさまざまな部分に存在しているツボに、それぞれの症状に合わせてお灸をすると不快な症状を改善することができます。

自律神経を整えるのに効果的なお灸のツボ

ここでは、自律神経を整えるのに効果的なお灸のツボを、いくつかご紹介していきたいと思います。

自律神経を整えるのに効果的なお灸のツボ①百会(ひゃくえ)

頭の一番上にあるツボです。指でツボを押しても気持ちよく感じる場所ですが、お灸をする場合は自分でするのは危険なため、鍼灸院で行ってもらうことをおすすめします。

自律神経を整えるのに効果的なお灸のツボ②大陵(だいりょう)

手のひらを上にして、手首にできる横じわの線の中央にあります。こちらもデリケートな部分なため、やけどにはくれぐれも注意しましょう。

自律神経を整えるのに効果的なお灸のツボ③合谷(ごうこく)

手の甲にある合谷は、親指と人指し指の骨が交わる部分にあります。

自律神経を整えるのに効果的なお灸のツボ④膻中(だんちゅう)

左右の乳首を結んだちょうど胸の真ん中にある、指で軽く押すと少し痛みを感じる部分にあります。

自律神経を整えるのに効果的なお灸のツボ⑤足三里(あしさんり)

膝の皿のすぐ下の外側のくぼみに人さし指をおき、指を4本当てた時にちょうど小指に当たる部分が足三里です。

自律神経を整えるのに効果的なお灸のツボ⑥太衝(たいしょう)

足の甲にある太衝は、親指とくすり指の骨が交わりくぼんでいる部分にあります。

お灸は女性の更年期障害の症状改善にも効果あり

女性の多くは40代以降になると、ホットフラッシュと呼ばれる顔のほてりや突然の発汗、冷えや頭痛、吐き気や下痢、便秘やイライラ、不眠や憂うつなどの更年期障害と思われる症状に悩まされれるようになります。

これは閉経前後にエストロゲンなどの女性ホルモンが減少し、自律神経に影響を及ぼすためであるとされています。女性ホルモンが急激に減少すると、自律神経の働きが不安定になります。また検査しても原因がよくわからないといういわゆる更年期の不定愁訴にも、お灸が効果を発揮する場合もあります。

またお灸の温熱により、副腎皮質ホルモンが分泌されることも解明されており、膠原病やアレルギーなど免疫機能の異常を引き起こす症状にもよいとされています。ですから自律神経のバランスを整え、更年期障害の症状を改善するためにはお灸がおすすめです。更年期障害に効果が期待できるツボとしては、気戸(きこ)三陰交(さんいんこう)太けい(たいけい)などが挙げられます。

下記に紹介します。

更年期障害の症状を改善するお灸のツボ①気戸(きこ)

乳頭の上で鎖骨のすぐ下にある気戸はストレスに効果を発揮し、イライラや気持ちのモヤモヤを解消してくれます。

タイトルとURLをコピーしました