引き締まった体づくりや疲労回復に最適!ストレッチの効果的なやり方

ストレッチをすることによる効果とは?

ストレッチが健康や美容に良いとされていますが、実際にストレッチをすることによって生まれる効果は一体なんなのでしょうか。

ここではその謎を解明していきます。

ストレッチをすることによる効果①体が柔らかくなる

ストレッチをすることで得られる一番の効果は体が柔らかくなるということです。運動不足や体を動かすことが少ないのであれば、体が凝り固まってしまい血行や血流を悪くします。

しかし、ストレッチをすることで体に柔軟性が戻りいいことづくしになるんです。

疲労回復に繋がる

体が柔らかくなり、血行や血液の循環がよくなると体温があがり、基礎代謝が上がることになります。そのため、凝り固まっていた体に血液や酸素が滞りなく回ることになります。

体全体に十分な血液や酸素が回れば、疲労回復に効果があるということですね。

怪我のしにくい体になる

体が柔らかくなるということは、今まで使えていなかった体の可動域が広がるうことにつながります。可動域が狭いということは、本来バランスの取れる体がバランスをとるのが難しく、怪我をしやすいということになります。

逆にストレッチで体の可動域が広がれば、怪我の予防、危険回避をすることになります。さらに、可動域が広がることで血流がよくなるので、ダイエット効果にも繋がるようになります。

運動の効果が上がる

体が硬いということは、自身の体をうまく動かせていないということです。そのため、そのような状態で運動をしてもエネルギー消費力は少なく思うような効果が得られません。

しかし体が柔らかくなれば、上述した通り可動域が広がるので筋力全体をきちんと使うことができるようになります。そうすれば、同じように運動しても十分にエネルギーを使うことができ運動が効果的に行えるます。

ストレッチをすることによる効果②リラックス効果がある

みなさんはストレッチをした後、体の伸びを感じるだけでなく体がすっきりしリラックスできたという経験をしたことがありませんか。

ストレッチでは、体を伸びほぐすだけでなく、心もすっきりとさせる効果があるんです。

運動前後にストレッチをすれば、心身ともにリラックスした状態でいられるので効果的に運動を行えますし、運動中や運動後にストレスを感じることがないんですよ。

質のいい睡眠や休憩がとれる

ストレッチをした後の休憩や睡眠は、とても質のいいものになります。血行が上がり、体の冷えがなくなるので、体が休む状態になるからです。

仕事や家事、育児等で疲れているときこそ短時間でもストレッチを行うと、夜ぐっすり眠れたり、短時間のお昼寝ですっきりできたりと体が休むことができます。疲れているときこそストレッチをするのがオススメですよ。

ストレス解消につながる

ストレッチをすると、リラックス効果があります。つまり、ストレス解消につながるということです。体が凝り固まっていると、体が縮こまり、肩こりや腰痛など体に負担がかかってしまいます。

しかし、ストレッチで伸ばすことによってその凝り固まった、ストレスを感じている状態が解放されるのです。体に感じていたストレスが解消され、気持ちよくなりますよ。

いつまでも若々しくいられる

体がいつもストレスを感じている状態であれば、疲労がたまってしまい、老化が進んでしまいます。しかし、ストレッチでストレスを無くせば、老化予防につながります。いつまでも若々しい気持ちや体を保ちたいのであれば、ぜひストレッチをしましょう。

ストレッチを行う、最も効果的なタイミング・時間帯は?

ストレッチを行う最も効果的な時間は、夜の入浴後になります。入浴後は、体が温まっており血行がいい状態です。その状態でストレッチを行えば、ストレッチの効果をより強く感じることができます。

タイトルとURLをコピーしました