貯金総額は?毎月の貯金額は?50代独身女性の貯金事情

毎月いくら貯めているのか、貯金総額はいからなのか…同世代の人の貯金事情って気になりますよね。そこで今回は、50代独身女性の貯金事情についてご紹介していきます。「自分は結構貯めているほうだった」「他の人より貯金額が少ないかも」など、自分のこれからの貯金額を改めて考え直すきっかけにしてみてくださいね!

公開日:    最終更新日:

50代独身女性の毎月の平均貯金額

https://pixabay.com/ja/

気ままに楽しく独身生活を満喫してきたけれど、気づけばいつの間にか50代。還暦へのカウントダウンも始まるアラフィフ世代。老後や年金という言葉も実感をともなって響いてきました。

そんな中、気になるのはお金のこと。老後が見えてくるからこそ、しっかりと考えておきたいですね。

でも、同世代は本当のところどれくらい貯めているの?毎月いくら貯めればいい?貯金の話は、友人や知人には聞きたくてもなかなか聞けません。

一般的に、毎月の平均的な貯金額のめやすは、手取り月収の10~15%くらいといわれます。

でも独身だからこそ、その強みを生かして手取りの20%ほどは貯めておきたいもの。月収に対する貯金の比率、あなたは何%になりましたか?

50代独身女性の平均貯金総額

https://pixabay.com/ja/

総務省統計局が5年に1回実施する、平成26(2014)年の全国消費実態調査によると、50代独身女性の総貯金額の平均は1,383万円です。年間収入は359万円。なんと貯金額が1,000万円を超えています!

「ええっそんなにたくさん貯められない……」と落ち込む必要はありません。

平均値というのは、100万円未満、100万円~200万円、300万円~500万円、500万円~700万円、1,500万円以上など、さまざまな金額の人を全員分足して、その人数でわったものです。

当然、高い金額の人が少しでもいればそこに引っ張られてしまい、実際の金額分布よりも高い数字になることがあります。

ちなみに、50代だけではなく40歳未満から70歳代までのすべての世代の女性の平均貯金額は、1,279万円です。ここでも1,000万を超えています。

https://pixabay.com/ja/

しかし、貯金額を100万円未満などの低い順から並べていったときの真ん中の数字「中央値」では、679万円です。

この金額が、50代も含めた貯金を持つ独身女性のもっとも平均といえる数字といえます。

1,000万円より679万円という数字は、とても現実的です。20代から働いていたと仮定すると、およそ30年間で貯める計算になります。1年では約23万円。1ヶ月では約2万円です。けっして無理な金額ではありません。

また仮に1,000万円を30年で貯めるとすると、1年で約33万円、1ヶ月では約3万円です。こちらも少しがんばれば達成できそうな金額です。

500万円を超える金額になると、とても大きいイメージがありますが、長い期間でみると意外と可能に近い数字といえます。

https://www.photo-ac.com/

しかし50代間近の女性で、もし貯金がほとんどないというのなら、少し考える必要があります。年金を65歳で貰うとしても、あと15年ほどしかありません。公的年金だけではゆとりある老後を送るには不足するともいわれます。

今から15年間で、50代女性で平均的と思われる貯金額の679万円を貯めるには、1年で約45万円、1ヶ月で約4万円を貯金する必要があります。「あれ?4万円でいいの?」意外とこれなら、少しずつ貯められるかもしれませんね。

・平成26(2014)年の全国消費実態調査
http://www.stat.go.jp/data/zensho/2014/pdf/gaiyo2.pdf

50代独身女性の理想の貯金額はいくら?

関連記事