【なぜ?】浮気をされても怒らない…そんな人の心理とは?

普通、パートナーに浮気をされると怒りで冷静にはなれないものです。しかし、中には浮気をされても全く怒らないという人も一定数存在します。皆さんの中にも「浮気をしてしまったけれど、パートナーが怒らなくて逆に怖い…」という経験のある方もいるのではないでしょうか。では、浮気をされても怒らない人の心理とはどのようなものなのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

浮気をされても怒らない…そんな人は何を考えている?

浮気はしないに越したことはありません!

でも、人生そんなに理想通りにはいかないもの。長い人生の中では男女問わず、浮気をしてしまう人は結構な数いるのではないでしょうか。

ついやってしまった浮気が、パートナーにバレてしまったら怒られるのは当たり前。でも、全然怒られなかったら?逆に不安になってしまいます。

なぜ怒らないのか?浮気をされても怒らない人は一体何を考えているのか…?

浮気されても怒らない人の心理5つを解説していきます。

家庭を壊されなければいいと思っている!

https://pixabay.com/ja/

既婚者で浮気をされても怒らない人は、家庭を壊されなければ問題ないと思っている場合があります。家族として相手のことは大切に思っているけれど、異性としてはもう見ていない、長年連れ添った夫婦としての「情」はあるけれど、それ以上の感情がない、という人は浮気されても怒らないでしょう。

特に女性はホルモンバランスの関係で、子育て中には性欲がわかない人もいます。そういう人は夫が外で浮気をしても、機嫌よく子供の面倒をみて、お金を稼いでくれればくれればそれでいい、と思っていることも多いのです。

現状維持のため悔しいけど我慢している

https://pixabay.com/ja/

パートナーに浮気されても、2人の関係や、自分の社会的地位が壊れるのが怖くて怒れないという人もいます。

心の中では怒っていて、悔しい気持ちもあるけれど、とりあえず現状維持したいので我慢しているということですね。

既婚者で男性の場合は、離婚することで会社で降格される可能性もでてきます。特に銀行員だったり、大手企業に勤めていたりすると離婚はNGです。

また、妻の実家で同居していてますおさん状態の男性も、妻に頭が上がらず浮気されても怒るに怒れない、という人も!

独身の場合はパートナーと別れて独りになるのが怖くて怒れないという人もいます。

このタイプの人は、他にいい人が見つかったなどのきっかけがあれば、自分から別れを切り出す可能性も高いでしょう。

男は浮気をするものだと思っている

女性の場合「男は浮気をするもの」という固定観念にとらわれている人います。

このタイプの考えの女性は、浮気は男性の本能なので仕方ない、許すしかない、と思っているため浮気されても怒らないでしょう。本気になりさえしなければいいと思っているのです。

男性をつなぎ留めておくためにもあまりことを荒立てたりせずに、丸く収めるために怒らないはずです。

自分も浮気している

https://pixabay.com/ja/

お互いに浮気をしている夫婦やカップルも時にはいます。2人ともに外に恋人がいるけれど、仲は悪くない。むしろ外で発散することで夫婦円満を保っている人達も!

このタイプの夫婦やカップルは、どちらかの浮気がバレても怒らずに黙認することを選ぶでしょう。

もちろん、明らさまに浮気がバレた場合は多少は怒ったり心配したりするかも知れません。ですが、お互いに外で発散できる関係を壊したくないと思っているので、パートナーにも浮気の相手がいることを、むしろほっとするという人も。

そのためこのタイプのカップルは、2人の関係を壊さない程度の浮気は問題ないと思って怒らないのです。

完全に冷めきっている

https://pixabay.com/ja/

パートナーに対する愛情が完全に冷めきっていたら、浮気をされても怒ることはないでしょう。むしろ、「どうぞご勝手に!」ということになるかも知れません。これは、長年連れ添った夫婦や、愛情が冷めきった倦怠期のカップルなどによく見られます。

夫婦の場合は、離婚はせず、一緒にはいるけれど、生活やお金、子供のために割り切って生活している
人もいるでしょう。

独身カップルの場合は、独りになるのが寂しいから今すぐには別れない、という人もいます。その場合は次に良い人が見つかると即別れを告げられることも!

関連記事