ヨガによる体の不調…それは好転反応かも?詳しい症状や期間まとめ

ヨガによる「好転反応」って何?

ヨガを始めた頃、また続けている最中、「なんだか最近体調が悪い」と感じてしまうことがあるかもしれません。それはヨガによる「好転反応」の可能性があります。「好転反応」とは東洋医学で使われる言葉です。治療過程で体に生じる、一時的な症状のことを言います。特に漢方薬や鍼灸マッサージなどの治療でも発生する、施術が効く前に一瞬体調が悪くなることを指します。

ヨガの場合、ヨガのポーズを実施した直後から、体には見えない変化が発生しています。腹式呼吸によって身体の隅々まで酸素が行き渡り、細胞が活性化するのです。さらに習慣にすることで、毒素がどんどん身体の外に押し出されやすい体質へと変化していきます。その過程で折々感じられる不調を、好転反応と呼びます。ヨガは、スピリチュアル(内面的)な鍛錬と、ボディエクササイズの間にあるものとされていますから、好転反応もメンタル的な変化と体調の変化の両方に現れます。

ヨガの好転反応による症状まとめ

ヨガのレッスン後はもちろん、日課となったヨガを継続する中で感じられる不調には、以下のような症状があります。

ヨガの好転反応の症状①だるい・眠い・倦怠感

ヨガには様々な流派がありますが、動作に共通の流れがあります。運動量が多く強度の高いヨガでも、リラックス系のヨガでも、深い呼吸を繰り返しながら、前半は交感神経を優位にするポーズをし、後半は副交感神経を優位にし、心身をリラックスさせるポーズをするのです。そのため、ヨガの後に眠くなるのは、腹式呼吸やポーズが上手にできていたことの証明と言えます。

ヨガのレッスン直後に見られる短期的な症状の他に、好転反応としてだるさや眠気を感じることがあります。特に、体の機能や自律神経などが、バランスのとれた状態に戻ろうと動き出している時期に見られる症状です。自己治癒能力が働いている時、身体は本能的に休もうとする作用が働くため、眠くなったりだるくなるのです。

ヨガの好転反応の症状②頭痛・吐き気・腹痛・動悸

ヨガのポーズや腹式呼吸により、急に血の巡りが良くなることで現れる症状です。

カチコチの身体がほぐれたことで、血流が改善され、汚れた血液が一時的に体内を巡り始めます。血流が促進され、新陳代謝が進み、正常な機能を持った身体に近づきますが、身体のあちこちに痛みを感じることもあります。

ヨガの好転反応の症状③痛み・はれ・発熱・発汗

難しいポーズに挑戦した後の筋肉痛とは異なり、不調や痛みが、身体のあちこちを移動しながら発生します。敏感な体質の方は発熱するということもあるでしょう。この場合、平熱よりちょっと高い微熱程度になります。

ヨガの好転反応の症状④便秘・下痢

ヨガにはねじりのポーズを中心に、内臓を刺激するポーズが複数あります。また、ヨガには副交感神経を活発にする効果があり、ヨガ終了後にまた交感神経にスイッチが切り替わります。その時に身体が変化に耐えきれず、お腹が緩くなってしまう症状が発生します。レッスン直後だけではなく、継続する中で新陳代謝が活発になると、デトックスが進みます。結果として便通に影響を与えることになります。

ヨガの好転反応の症状⑤ニキビ・肌トラブル

ヨガのポーズによって身体中の血流が盛んになり、細胞が活性化されることで、新陳代謝がにわかに活発になります。ニキビや肌トラブルは、老廃物や疲労要素などの分解・排泄機能が活発化され始めた証拠です。デトックスが進み、老廃物が皮膚表面に上がってきた結果といえます。

ヨガの好転反応の症状⑥感傷的になる

メンタル面でも、好転反応を体験する方がいます。例えば、ヨガの瞑想的なトレーニングに慣れると、自分の感情と向き合うことになります。すると、今まで蓋をしてきた自分の感情のコントロールがままならない状態に陥ることもあります。また、ヨガによって身体機能が整い、ホルモンに変化があらわれます。イライラしてしまったり、どうしようもなく無気力になってしまう状態におちいるケースがよく見られます。

タイトルとURLをコピーしました