風邪でもないのに続く発熱…自律神経の乱れによる症状かも?原因や対処方法

風邪ではないのに発熱…自律神経との関係がある場合も

仕事が忙しい、生活でストレスとなることがあり疲れてくると、体の不調を感じることがあります。

なんだか体がだるいので熱を計ってみると平熱よりも高めで、これがなかなか下がらないということもあります。これ、もしかしたら自律神経の乱れからくる発熱かもしれません。

「自律神経の乱れで発熱することあるの?」と思う人もいることでしょう。自律神経の乱れで生じる症状で有名なのはめまい、頭痛、不眠などが有名です。

しかし、自律神経は体の様々な機能をコントールしているので、自律神経のはたらきがうまくいかなくなると、これ以外にも体の様々な機能に影響を及ぼしてしまうのです。

自律神経の乱れでなぜ発熱するのでしょうか?その仕組み、そしてその改善方法をみてみましょう。また、他の病気が隠れていることもありますので、その可能性のある病気をいくつか挙げてみます。

自律神経の乱れによって発熱してしまう原因は?

そもそも「自律神経が乱れる」とは?

自律神経は私たちの意志では動かすことができない神経で、わたし達の内臓や呼吸のはたらきをつかさどるとても大切な神経のことです。この神経が上手に機能することで、わたしたちの体は寝ている間も呼吸を続け、食べたものを胃は消化して栄養を吸収するのです。大きく分けて自律神経は交感神経、副交感神経の2つに分けることができます。それぞれのはたらきは次のようになっています。

交感神経

体が活動しているとき、仕事しているときに優位になる神経。体を緊張させて活動へと備えさせるのです。脳や体の血管を収縮させ、心拍数を増やし、胃や腸の働きを抑制します。

副交感神経

仕事や1日の活動の後に体がリラックスするとき、夜寝るときに優位になる神経が副交感神経。脳の血管を拡張させ、心拍数を減らし、膀胱を収縮させ、胃腸を活発に動かします。

つまり仕事の時は交感神経が活発になり体は緊張状態となり、夜は副交感神経が優位となり体を休息へと導くのです。この2つの神経が1日の中で上手に切り替わることで、わたし達の体は活動と休息を繰り返しつつ、調子よく機能してゆくのです。

しかし体が仕事や人間関係、気温の変化、その他の要因でストレスを感じると、脳は指令を出して副腎髄質からアドレナリンを分泌させます。これは交感神経のはたらきを増強する働きがあります。そのため、ストレスを感じると交感神経を副交感神経の切り替えがうまくいかなくなり、自律神経の乱れを引き起こしてしまうのです。

発熱の原因:交感神経の過剰な緊張

ストレスが多くなると、自律神経のバランスが崩れて交感神経が過剰に働いてしまいます。交感神経が過剰になると白血球の顆粒球が増えるのですが、この顆粒球は細菌やウィルスから体を守ってくれています。例えば、風邪をひいたときは発熱しますよね。これは体に侵入した風邪のウィルスを、顆粒球が攻撃している証拠なのです。

ストレスにって交感神経が過剰に働いてしまうと、白血球の顆粒球が過剰になります。そうすると、体に住むような常在菌にまで攻撃し始めて、これが炎症を引き起こします。これにより、発熱を引き起こしてしまうのです。

発熱の原因:寝不足からくる発熱

自律神経は全身の様々な機能をコントロールしていますので、自律神経が乱れてくると様々な不快な症状が出てきます。

その1つが、睡眠に関する症状。寝つきが悪い、眠ることができない、夜中に何度も目が覚める、寝ても疲れが取れないといった症状が出てきます。

睡眠には、疲れた脳を休息させストレスを解消してくれるのです。しかし自律神経が乱れて交感神経が優位になると、睡眠をしっかりと取ることのできない状態になってしまい、脳はしっかりと休息できなくなってしまいます。

眠れない、睡眠不足の状態はストレスとなり、さらに日中に強い眠気を感じることとなり、これもストレスとなってしまいます。このようにストレスがどんどんと強くなってしまうと、悪循環。ますます寝不足の状態を引き起こしてしまいます。

このように寝不足が慢性化してしまうと、「ストレス性高体温症(心因性発熱)」を引き起こしてしまいます。37℃~38℃くらいの熱が出て、めまいやだるさをを感じることもあります。

自律神経の乱れが原因の発熱の改善方法

タイトルとURLをコピーしました