ダラダラ続けるのはNG!40代での遠距離恋愛で幸せになるための方法

40代で遠距離恋愛をしている方、またはこれから遠距離恋愛になってしまいそうな方もいらっしゃるかと思います。ただでさえ40代での恋愛には結婚などについての心配事がつきものなのに、それが遠距離恋愛となるとついダラダラとしてしまい、不安が大きくなってしまいますよね。そこで今回は、40代の方が遠距離恋愛で幸せになるための方法をご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

他にも、40代での遠距離電愛をする上で大切なのは、甘え過ぎないという事です。久しぶりに会った彼ですから、とことん甘えたい気持ちもあるでしょう。甘えてきてくれる彼女に彼も可愛いとも思ってくれる事でしょう。でも行き過ぎは彼の気持ちが離れて行ってしまう確率も多いのです。
久しぶりに会って、彼も「癒されたい」という気持ちがあります。40代ともなれば、仕事で重い責任を負う立場になっていたりと、彼も疲れているはずです。長い間会えずに、でも毎日仕事仕事で悶々としている…そんな彼に甘えてばかりいては、せっかく会ったのに彼が更に疲れてしまう、という事にもなりかねません。
そういう事の繰り返しで、結局彼が彼女に会う事に重荷を感じるようになり、結果、失敗してしまうという事もありえるのです。
若い頃には多少の無理もききますし、勢いもあります。ただ感情のままに行動しても大丈夫だったでしょう。しかしある程度年を重ねた二人であれば、勢いだけで進んでしまうと関係を壊してしまいがちです。遠距離恋愛だからと言って、甘え過ぎは彼に負担がかかります。相手にもよりますが、適度な応対を心がける事が必要なのです。
会った時に、彼がまた会いたいと思えるように、スパイスの効いた甘え方で、40代の遠距離恋愛を楽しみましょう。


https://www.pakutaso.com/20170754188post-12415.html

40代だからこそ自分の主張をきっちりと

40代での遠距離恋愛は、若い頃とは違って、思いのままに「好き」だけで突き進む勢いではないのも確かです。若い世代のエネルギッシュな恋愛とは違い、大人としてのしっとりとした関係がある所も、40代の恋愛での魅力の一つではないでしょうか。
ただ、大人である事を意識するあまり、自分の好きという思いを、無駄に心に閉じ込めておくのは、失敗に繋がります。やはり「好き」は「好き」なのです。彼の事が好きで好きで、たまにしか会えないけど、その少しの間に彼と一緒にいる事を楽しむ…。それを「もう若くもないんだから」と諦めてしまっては勿体ない事です。
また、彼女の反応が薄かったら、彼も「愛情が薄れたのかな?」と思ってしまいます。
彼にのしかかるように甘え過ぎるのは、彼の負担になりかねませんが、逆に愛情表現が乏しいのも、彼にいらぬ心配を抱かせる結果になってしまいます。
彼への「好き」は精一杯伝えましょう。たまにしか会えない遠距離恋愛だからこそ、その彼への愛情を思いっきり主張するのです。また愛情表現以外にも、自分が彼に対して思っている事はきっちり伝えましょう。
40代の遠距離恋愛だからこそ、お互いの主張はお互いに出し合って、理解し合える関係にしていきましょう。


https://www.pakutaso.com/20170702188post-12421.html

結婚が目的ではないなら、のんびりと遠距離恋愛を楽しむのもあり!

これは決して40代に限ったことではありませんが、やはり遠距離恋愛は、その期限をざっくりとでも、事前に決めておくことが大切です。
最初から遠距離恋愛になってしまうことが分かっている場合、お付き合いを始める前に、今後の関係をどうしていきたいのかを、お互いきちんと話し合っておくことが大切でしょう。最初からそんなことを話したら、重たいと思われないか、彼に引かれてしまわないか… そんなふうに不安に感じる人もいるかもしれません。
しかし、いざ遠距離恋愛を始めてから、何年もその関係を続けるのは意外とハードなものです。淋しい時にすぐに会えない、心細いときに顔を見ることができない遠距離恋愛は、40代にとっても、やはり簡単なものではありません。
そんなときに、「〇月になったら一緒に暮らせる」「来年には彼が引っ越してきてくれる」という明確なゴールが見えていれば、つらい気持ちもぐっと我慢して乗り越えられるでしょう。
しかし、いつまでたっても終わりの見えない遠距離恋愛はどうでしょうか。酸いも甘いも噛み分けた40代とはいえ、やはりだんだんしんどくなってきてしまうのは目に見えています。
そんな悲劇を避けるためにも、遠距離恋愛になることが分かった時点で、今後二人の関係をどうするのか、きちんと話し合っておくことが必要なのです。


https://www.pexels.com/photo/woman-in-white-crop-top-besides-man-in-white-and-black-stripes-shirt-beside-body-otf-water-102734/

気長に、お互いの生き方を尊重した関係を楽しむ

もちろん、結婚はもうこりごり、もしくは、最初から結婚願望はゼロ!という40代の方も多いでしょう。仕事も趣味も充実していて、友達もたくさんいるし、淋しさを感じることはあんまりない。そんな人であれば、遠距離恋愛の持つちょっとつらいイメージには無縁かもしれません。
自分の生活を楽しみながら、遠距離恋愛ではあるけれど、彼との関係も大切にするという選択も素敵です。特に40代ともなれば、そう簡単にお互いの住む場所を変えられないのも、残念ながら事実です。
仕事でも責任ある立場を任されていたり、家族との関係もあって、そうそう気軽にパートナーのもとへは移り住めないという40代の女性も多いでしょう。
一緒に過ごしたり、同居したりだけが、恋愛のあるべき姿ではありません。たまに顔を合わせて過ごす時間を心から楽しんで、エネルギーをチャージしたら、またいつもの日常に戻ってゆく、そんな関係でも、お互いが納得していれば良いのです。
逆に、一緒に住んでいたり、普段しょっちゅう顔を合わせていても、お互いに不満ばかりでケンカを繰り返しているカップルもいますよね。
40代という大人同士の恋愛であれば、常に顔を合わせていなくても、充実した時間を過ごすことは十分可能なはずです。


https://www.pexels.com/photo/woman-in-grey-jacket-sits-on-bed-uses-grey-laptop-935743/

自分にとっての幸せを掴みましょう!

人の目よりも、大切なのは二人が幸せであること!

40代の遠距離恋愛は、若い頃とは違って、現実的な問題が多く降りかかってくる分、より大変なものになってしまいがちです。だからこそ、お互いがその関係をどうしていきたいと思っているのかをきちんと話し合い、理解しておくことが大切なのです。
結婚や同居だけが、恋愛の最終形ではありません。たとえ離れて暮らしていても、お互いがリスペクトしあい、理解しあって幸せな時間を共有することができれば、そんなに素敵なことはないでしょう。
周りはそんな選択や、生き方などにあれこれ口を出してくることもあるかもしれません。あるいは、仕事や家庭の都合で、なかなか思い通りにいくことも少ないでしょう。しかし、何よりも大切なのは、二人がその関係を持つことで幸せでいることです。離れていても、お互いが支えになって、充実した時間を過ごせることが何よりも大事なことです。
遠距離恋愛をつらいだけと思わずに、楽しむ余裕こそが、40代には必要なのかもしれません。


https://www.pexels.com/photo/photo-of-couple-holding-umbrella-while-kissing-1067194/

関連記事