スポンサーリンク

まだやり直せる!40代が引きこもり生活から脱出するための方法
スポンサーリンク

「40代引きこもり生活」は脱出できる

https://pixabay.com/ja/

引きこもりは年々増加傾向にあり、大きな社会問題となっています。実は20代や30代などの若年層の引きこもりよりも、40代など中年層の引きこもりの方が多くなっていることをご存じでしょうか。

総務省のデータによると、15〜44歳で無職または引きこもりは約100万人いると言われており、このうち約23万人は40代が占めています。特に高齢化が著しい地方都市においては、大人の引きこもりが深刻な問題となっています。

以前は引きこもりというと、不登校や失業などが引き金となる場合が多く、どちらかと言えば若年層の問題と考えられていました。その若年層の引きこもりが長期化し、現在は40代などの中年層の引きこもりが増えている原因になっていると思われます。

そんな40代の引きこもりの特徴としては、決して家の中でばかり過ごしているわけではない点が挙げられます。

例えばコンビニへ買い物に行ったり、散歩へ行ったりと外出もするため、周囲からは引きこもりとは思われにくく、何らかのトラブルが生じてから初めて発覚するということも多いようです。

また引きこもりは家族以外の人との関わりがほとんどないため、周りが思っている以上に、本人は社会から孤立しているという疎外感を感じています。

さらに引きこもりの家族族はこんな状態を恥ずかしいと感じ、親戚や近所の人にも知られないようにするため、誰にも相談できず、結局引きこもりが助長されてしまいます。

https://pixabay.com/ja/

しかし引きこもりしている本人も家族も、実はこんな生活から脱出し、社会復帰したいと人生をやり直す方法を模索している方も多いと思われます。

ですから国の支援制度を充実させるなどして、そんな彼らに手を差し述べ引きこもり生活から脱出させる必要があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

40代引きこもりが社会復帰に向けてすべきこと

規則正しい生活を送る

https://pixabay.com/ja/

40代の引きこもりは、夜中まで起きていたり昼夜逆転の生活をしていたりと、不規則な生活を送っていることが多いようです。このような生活から脱出して社会人としてやり直すためには、まずはこうした不規則な生活を直し、規則正しい生活を送ることから始めていきましょう。

夜は遅くても0時前には就寝し、朝早く起ききちんと朝食を摂るようにするなど生活のリズムを整えることが、引きこもりから社会復帰を果たすための第一歩であると言えるでしょう。

家族以外の人と交流する

40代の引きこもりが今の生活から脱出して人生をやり直すためには、ある程度の社交性が必要となります。社交性を身につける方法としては、例えば最初いつも買い物にいく店で店員と会話するようにして、徐々に範囲を広げていきましょう。

とにかく会話のリハビリだと思い、できることから始めてみることもひとつの方法であると言えます。

ネットに依存した生活を改める

https://pixabay.com/ja/

引きこもりで家にいる時間が長いと、若年層と同様に40代でもスマホやパソコンに向き合う時間がどうしても長くなってしまいます。きっとゲームやSNSなどに依存気味になっている方も多いのではないでしょうか。

そんなネットに依存した生活をいつまでも続けていては、実社会とのつながりは希薄になるばかりです。

ネットに依存した生活から脱出する方法としては「ゲームをするのは1日1時間まで」「18時以降はパソコンやスマホに触らない」などというように、自分なりにルールを作るとよいでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、社会人としてやり直すためにも、自分の欲望に打ち勝って厳しく律することも時には必要です。

資格取得のために勉強する

https://pixabay.com/ja/

何らかの資格を持っていると、40代でも就職に有利に働くことがあります。ネットをしていた時間を今度は勉強する時間に変え、資格取得のために勉強しましょう。

資格を取るためには勉強することは引きこもりを脱出するきっかけともなり、また勉強会やセミナーに参加することは、人とコミュニケーションを取る方法としても効果的です。

アルバイトで働く

就職したいとは思っているけれど、40代の引きこもりがいきなり正社員として働くのは体力的にも精神的にも大変、という方には、まずはアルバイトとして働くことをおすすめします。

短時間でも働けば引きこもりから生活から脱出することができますし、アルバイトでお金を稼ぐことができれば、自分にも自信がつき、本格的な就職活動を始めた際に有利に働くでしょう。

中には正社員登用制度を採用している会社もあるため、40代でアルバイトを始めても社員として働き、社員としてやり直すチャンスがあります。

スポンサーリンク

40代からでも就職しやすい仕事とは?

Webライター

https://pixabay.com/ja/

今まで家でパソコンを使っていたという40代の引きこもりの方には、インターネットで仕事を引き受け納品することで報酬を得られるWebライターがおすすめです。

Webライターになるためには、クラウドソーシングサービスを利用することが一番の近道です。

仕事に慣れてきて多くこなせるようになれば月収100万円以上も可能ですが、反面仕事の安定性に欠けてしまうのがデメリットであると言えるでしょう。

しかし少しでも稼ぐ方法が分かれば自分に自信がつきますし、40代の引きこもりを脱出してやり直すきっかけになるはずです。まずは月に数万円稼ぐことを目標として、仕事を探してみてください。

プログラマー

https://pixabay.com/ja/

プログラマーとして働くためにはある程度の専門性が必要になりますが、システム管理やプログラミングなどパソコンと向かい合うことが主な仕事になるため、40代の引きこもりには向いている仕事であると言えるでしょう。

スキル習得は少し大変かもしれませんが、一度身につけることができれば将来もずっと働き続けることができる仕事となっています。

プログラミングスクールに通えば就職先を紹介してくれる場合もありますし、オンラインスクールもあるため、興味があるという方はまずは無料体験を受講してみれば、引きこもりから脱出してやり直すよいきっかけになるかもしれませんよ。

クリーンクルー

https://pixabay.com/ja/

クリーンクルーとは、要するに清掃業のことで、決められた時間内に定められた場所を掃除する仕事です。広い場所であればチームで多いですが、どちらかといえば人が少ない場所で作業することの方が多い仕事となっています。

あいさつや作業の確認など以外ではあまり人とコミュニケーションを取る必要もないため、40代の引きこもりにも向いている職場であると言えるでしょう。

宅配便などの配達員

宅配便などの配達員であれば、配達中はほとんど人と話す必要はありません。配達先でも形式的なやり取りをすればよいので、40代の引きこもりの方でも仕事が覚えやすく、今の生活から脱出するためにはよい仕事であると言えるでしょう。

また業界全体が人手不足なため、採用されやすいとも言われています。もし自分に向いているかどうかわからないため、少しだけ試しに働いてみたいという方には、今需要が高まっているUber Eats(ウーバーイーツ)がおすすめです。

Uber Eatsとは宅配の代行業者であり、配達した件数に応じて報酬がもらえる仕組みとなっています。引きこもりの方が働き始める方法として検討してみてはいかがでしょうか。

国の支援制度なども活用してみましょう

https://pixabay.com/ja/

ひきこもり地域支援センター

ひきこもり地域支援センターは、厚生労働省が各都道府県や指定都市に設置している、ひきこもり専用の相談窓口です。

このセンターには、社会福祉士や精神保健福祉士、臨床心理士などの専門家が常駐しており、引きこもりの本人や家族からの相談の受付はもちろん、引きこもりから脱出する方法や、社会復帰してやり直すために必要な情報を提供する場となっています。

「ひきこもり対策推進事業」詳細はこちら↓
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/hikikomori/index.html

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーション、いわゆるサポステは元々は30歳代までの無職の方を対象にしていましたが、40代の引きこもりの増加に伴い、現在は40代前半の方も支援対象となっています。

サポステとは、一言で言えば長く引きこもりや無職の状態が続いている方に対して、そこから脱出し社会復帰するために専門家が相談を受けたり再就職する方法などのアドバイスを行う施設です。

全国に170ヵ所以上あり、その他にもコミュニケーション訓練、就労体験などを行っています。登録から1年以内に就職する方も多く、これまでに利用者の60%以上が仕事についているという実績があります。

「地域若者サポートステーション」詳細はこちら↓
https://saposute-net.mhlw.go.jp/

諦めずに、人生を再スタートさせるために

https://pixabay.com/ja/

40代で引きこもりだからといって、けしてこれからの人生を諦める必要はありません。

引きこもりから脱出してやり直すために、生活習慣を改めたり、自分に合う仕事を見つけたりと積極的に外に出て活動していきましょう。

また決して一人で頑張る必要はなく、国の支援制度やサポステを利用するなど、周囲の協力を求めることもとても大切です。

引きこもりから脱出するために自分に合っている方法を見つけて、一本ずつ前に進んでいきましょう。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク