【敬老の日や長寿祝いに】祖父母が貰って喜ぶ、おすすめプレゼント特集

小さい頃に一緒に遊んでくれたり、好きなものを買ってくれたり…そんな祖父母との思い出は何歳になっても忘れられないものですよね。自分が大人になった今、改めて祖父母に感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。少し気恥ずかしいかもしれませんが、敬老の日や長寿祝いなど、プレゼントを贈るチャンスはたくさんあります。是非、素敵なプレゼントを贈ってみてくださいね♪

公開日:    最終更新日:

祖父母が喜ぶプレゼントの選び方は?


https://www.pakutaso.com/20160454099post-7547.html

いつでも孫の喜ぶ顔が見たくて大切にしてくれた祖父母。もらってばかりの子供時代は終わり、自分からもプレゼントがあげられるようになります。そこで、感謝の気持ちを込めて祖父母が喜んでくれるプレゼントが贈りたいですよね。そんな祖父母が喜ぶプレゼントの選び方をお話しします。

まずは、あなたの祖父母の好きなものや趣味をリサーチしましょう。毎日会えない場所にいる場合は、なかなか祖父母の好きなものを知ることができないでしょう。しかし、祖父母に気に入ってもらうようなプレゼントを選びたいのであれば趣味や思考を知ることが大切です。

離れているからわからない、のではなくさりげない会話の中からキャッチしていきましょうね。近くに住んでいる人は、祖父母の家を訪れてみてもいいでしょう。家の中は、祖父母が住むのに居心地の良いものがたくさんあるはずです。そこにプレゼントになるようなヒントが隠されているので、しっかり目を見開いて確認してくださいね。

祖父母へのプレゼントの平均予算はどれくらい?

祖父母へのプレゼントの平均予算は、だいたい3,000〜10,000円になります。大切な祖父母に気を遣わせないようにあまり高額なプレゼントは選ばないようです。ただし、還暦や古希、喜寿等の長寿祝いも兼ね備えている場合の誕生日祝い等でのプレゼントは、10,000円よりも奮発する場合もあるようです。

敬老の日や長寿祝いなど、イベントをきっかけに贈るのもGOOD♪

お世話になっている大好きな祖父母へプレゼントを贈ることは少し照れくさいかもしれませんが、プレゼントをあげる機会はたくさんあります。普段何気なくあげることはできなくてもイベントを利用してプレゼントをあげると良いですよ。

プレゼントをあげるのにぴったりのイベントは、誕生日、敬老の日、長寿祝いになります。長寿祝いには、還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)、紀寿または百寿(100歳)とたくさんあります。毎年誕生日や敬老の日でプレゼントをあげて感謝の気持ちを表すのが恥ずかしいという方は、こういった節目節目の長寿祝いでプレゼントを渡すのも良いですよね。

祖父母が貰って喜ぶ、おすすめプレゼント特集

家族の笑顔がたくさん:フォトフレーム(フォト付き)


https://item.rakuten.co.jp/biccamera/4511677109959/

なかなか祖父母に会えないという方は、プレゼントに写真を入れたフォトフレームを贈りましょう。自分の写真や祖父母と一緒に写っている写真、または自分の子供達の写真などを入れておくといつでも見ることができて祖父母も喜びます。

定番の机に置けるフォトフレームから壁掛けのもの、お花付きのものなどたくさんあります。祖父母の家のテイストに合うようなデザインのものを選んでくださいね。また、デジタルフォトフレームもオススメです。普通のフォトフレームとは違い、何枚もデータとして詰め込むことができ、一定時間ごとに写真が移り変わるのでいつでもスライドショーのように楽しめます。1枚では物足りないな、という人はぜひこちらを選んではいかがでしょうか。

同様に家族の写真がたくさん詰まったフォトアルバムも贈っても喜ばれます。こちらは紙ベースのアルバムなので、祖父母の気が向いたときにいつでも見返すことができます。見ないときは本棚等に収納しておけば邪魔にもなりませんよね。お好きなスタイルで家族の写真をプレゼントするととても喜ばれますよ。

祖父母の冷え対策に:スカーフやマフラー


https://item.rakuten.co.jp/aikobo/10000134/

年齢を重ねると代謝が落ちることから冷えに悩まされることが多くなります。祖父母も同様に冷えは大敵です。特に朝晩の冷えに悩まされている人が多いのではないでしょうか。

そんな冷え対策としてマフラーやスカーフをプレゼントに選びましょう。素材を選べば、マフラーやスカーフは年中通して使えるアイテムになります。もちろん冬の防寒としての役割も果たすことができますが、夏の冷房対策にひざ掛けとして利用することもできます。マフラーやスカーフが1枚あればいつでも体にかけて冷えを解消することができますよね。

祖父母に選ぶのですから、落ち着いた色やデザインのものを選ぶといいですよ。もし祖父母のお好きな色を知っているのであればそれをベースに選ぶといいですね。

お酒好きには定番を:アルコール類


https://item.rakuten.co.jp/yokogoshi/720x2_018set/

お酒が好きな祖父母には、やはりアルコール類を贈りましょう。「酒は百薬の長」ということわざがある通り、たしなむ程度の量のアルコールであれば健康に問題ないです。

祖父母の好きなタイプのお酒を知っているのであればそれを購入するのもいいですし、あなたのオススメのお酒を贈るのもいいですよ。一緒にグラスやぐい飲みなどの酒器を贈れば、お酒を飲む時間も楽しめますよね。あなたが成人しているのであれば、祖父母と一緒にお酒を楽しむのもいいでしょう。

畳の上でリラックスできるように:座椅子


https://item.rakuten.co.jp/alamode/05-006/

祖父母の家といえば畳を思い出す人が多いのではないでしょうか。畳の上にテーブル、座布団などレトロな雰囲気を思い出すのであれば、畳の上でリラックスすることができる座椅子をプレゼントに贈りましょう。

足を伸ばして背もたれに背を任せれば簡単にリラックスすることができます。椅子に慣れてない祖父母にもオススメですよ。最近では、椅子が高めになっているような腰痛持ちの人でも大丈夫な座椅子や、回転式のもの、肘掛がついているものなど、多様な種類があります。

あなたの祖父母が気にいるものがきっと見つかりますよ。体をゆったりとリラックスして欲しいという人は、ぜひこの座椅子をチェックしてみてくださいね。

何を贈るか迷ったら:定番のお菓子


https://item.rakuten.co.jp/piyonya/09010166/

どうしても祖父母の趣味がわからなくて何をプレゼントにあげたらいいのか困ってしまう!という人は、定番中の定番、お菓子をプレゼントしましょう。甘いお菓子でもしょっぱいお菓子でも、美味しいお菓子であれば食べた瞬間誰でも顔がほころびるものです。

祖父母も美味しいものを選んでくれたあなたに感謝をし、お菓子を美味しくいただくはずですよ。お菓子をプレゼントに選ぶ際には、賞味期限に注意してくださいね。買った日にすぐにでも行かない限り、その日限りや2日3日のみの賞味期限では美味しくいただくことができません。どんなに有名で美味しいとされているものでも、賞味期限が少ないのであればやめておいたほうが賢明でしょう。

ただし、当日祖父母に会うと決まっているときは、賞味期限の短いお菓子でも構いません。訪問したその先であなたと一緒に美味しくいただくことができるので、せっかくのお菓子を楽しむことができます。祖父母と一緒に食べれるのであれば、あなたが一緒に過ごした時間も素敵なプレゼントになりますよね。

関連記事