【恋人との関係の変化に悩んでいる方へ】恋愛における”段階”の重要性とは?

お互いの言動に一喜一憂していた付き合う前の期間、付き合いたての幸せ度MAXな期間、そして相手に慣れてきて嫌な部分が見え始めてくる期間…これらは全て「恋愛の段階」として知られています。今回は、そんな恋愛における段階についてご紹介します。今の恋人との関係に悩んでいる方や、これからどのように恋愛を進めていけば良いか分からない方は是非、参考にしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

恋愛には段階が存在する

https://pixabay.com/ja/

恋愛での段階は、カップルごとに進む速度が違います。また次の段階に進むタイミングを間違えてしまうと、そこで終わってしまう場合もあるので、慎重に進んでいきましょう。

段階1.どちらかが気になる存在になり、気になることが多くなりやがて好意をもち、付き合い始める。

段階2.相手のことに夢中になり、相手のことを知りたくなり、相手との時間を長く共有したいと思い願う時期。

段階3.相手のことを知ると、共感したいとおもうようになります。また相手が何をおもっているのか理解していくことでより信頼関係などを深くしていきます。

段階4.一定の期間が過ごしていくと、少しお互いの細かい部分がみえてきてぶつかることが出てきます。これは決して悪いことではありません。

段階5.ぶつかったり、泣いたり、笑い合ったりを繰り返していき、相手が自分にとってどんな存在かを確認。将来を考えて進む。

大きくわけて5段階です。

恋愛は感情に左右されることが多くあります。相手とペースをあわせてゆっくり進んでいけることが、長く良い関係を続けているポイントですね。

恋人との関係が変わってきたなら、それは段階がひとつ上がった証拠

https://pixabay.com/ja/

つきあい始めは、毎日でも会いたい、声が聞きたい、と相手のことでいっぱいになる一番楽しい時期ですよね。これはいくつになっても同じこと。もう何をしていてもウキウキの状態のはず!

そしてこの時期は、お互いのことをよく知る時期でもあります。

お互いのことをよく知ることができたら、次は「相手のことを理解したい」という感情が芽生えます。それが、次の段階です。

「相手の気持ちを理解をしたい」、「相手と気持ちを共感したい」という感情をお互いにもつようになるこの時期は、時々喧嘩もあるかもしれません。しかしそのときはきちんと向き合って話し合うようにしましょう。その結果、二人の間に「絆」が生まれます。

恋愛は「好き」という感情だけでは、長くは続かないものです。お互いに理解し、相手と気持ちを共感することで、これから段階が進んでも、安定した恋愛関係を続けることができるでしょう。

関連記事