スポンサーリンク

【初心者向け】思ったより簡単!初めてでもうまくできるアロマオイルの使い方
スポンサーリンク

「アロマ=難しそう」なイメージが…

「興味はあるけど、アロマは使い方ややり方が難しそう……」そんな風に思っている方もいるのではないでしょうか。確かに最初は敷居が高く感じられるかもしれません。ですが、アロマオイルは意外と簡単に活用することができるものなのです。今回はアロマオイルのおすすめの使い方や、初心者の方におすすめのアロマオイルなどをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

アロマを始める際に揃える必要があるアイテム

アロマを始めるときに揃える必要のあるアイテムについてですが、まずは使いたいアロマオイルが一本あればOKです。特別な道具がなくても、アロマオイルを活用することは十分に可能だからです。最初から色々揃えようとすると大変ですから、まずは好みの香りのアロマオイルを1~2種類用意してみましょう。

使い方いろいろ!アロマオイルの使用方法

アロマオイルの使い方:芳香浴をする

アロマオイルの定番の使い方といえば、やはり芳香浴です。芳香浴のやり方は色々とあります。一つは、アロマライトやアロマディフューザーを使うやり方です。アロマディフューザーなどは様々なタイプのものが市販されていますので、デザインや機能がライフスタイルや好みに合いそうなものを選んでみてください。中には加湿器として使えたり、就寝中のライトとして使えるようなものもあります。

もっと気軽な芳香浴のやり方としては、コットンやハンカチにアロマオイルを染み込ませて香りを楽しむという方法があります。このやり方であればアロマディフューザーなどがなくてもできますので、初心者の方にはおすすめです。ハンカチに好みの香りのアロマオイルを染み込ませておけば、出先でも香りを楽しむことができますよ。またボウルやカップにお湯を張って、そこにアロマオイルを数滴たらす方法もおすすめです。

アロマオイルの使い方:アロマバスにする

アロマオイルのおすすめの使い方には、お風呂に入れてアロマバスを作るというものもあります。アロマバスに使うアロマオイルは、リラックス効果のあるものや、血行を促進させて身体を温めてくれる作用のあるものを選ぶと良いでしょう。

アロマバスのやり方はとても簡単で、お湯を張ったバスタブに、アロマオイルを1~2滴たらして、しっかりとかき混ぜるだけです。アロマオイルの量が多いと刺激になってしまうことがあるのでその点にだけ注意してくださいね。また他のやり方としては、あらかじめバス用のアロマソルト等を作成しておくというものもあります。アロマクラフトに興味のある方は、アロマソルト作りにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

アロマオイルの使い方:スキンケアやボディケアに使う

アロマオイルはスキンケアやボディケアにも活用させることができます。スキンケアに使う場合には、ホホバオイルやアーモンドオイルなどのキャリアオイルと混ぜてスキンケア用オイルを作ったり、精製水や無水エタノールを使ってスキンケアローションを作ったりすると良いです。手作りスキンケアアイテムの作り方やレシピはネットや書籍などを参考にしてみてください。当サイトでもご紹介している記事がありますよ。

アロマコスメを使ったスキンケアのやり方は、いつもと同じような感じでOKです。使用するアロマオイルは肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。ボディケアの場合、使い方としては保湿ケア以外にマッサージに活用するというものもあります。マッサージに使うなら血行を促進してくれる作用のあるアロマオイルや、むくみを解消させる効果(老廃物の排出を促すものなど)のあるものを選ぶと良いですね。

アロマオイルの使い方:掃除に活用する

殺菌効果や消臭効果が期待できるアロマオイルは、掃除に活用することもできます。やり方はとても簡単で、床やデスクなどを水拭きする際に1滴アロマオイルを雑巾などに垂らすだけでも良いですし、掃除用のアロマスプレーを作っておいても良いです。ちなみに掃除に使うのなら、ティーツリーやユーカリをおすすめします。やり方と共に参考にしてみてください。

初めてのアロマにおすすめな香りは?

初心者におすすめのアロマオイル:ラベンダー

ラベンダーはアロマ初心者の方にもおすすめの、定番アロマオイルです。最初の一本としてもおすすめできます。ラベンダーの香りはフレグランスなどにもよく使われていますから、アロマに馴染みがない方でも親しみやすいですよ。ラベンダーのアロマオイルの主な効果・効能としては、殺菌効果、リラックス効果、安眠効果……等があります。心身を休めたいときに芳香浴するのはもちろん、スキンケア(ニキビや肌荒れのケアなど)に活用するのもおすすめです。

初心者におすすめのアロマオイル:オレンジスイート

甘くてフルーティーな香りのオレンジスイートのアロマオイルも使い勝手が良いため、初心者の方におすすめできます。オレンジスイートはリラックス効果や安眠効果があるので、寝る前のリラックスタイムにお部屋で焚くような使い方がおすすめ。また血行を促進させる作用もありますので、アロマバスに使うのも良いでしょう。ちなみに柑橘系のアロマオイルは光毒性がある場合がありますので、スキンケアやアロマバスに使った場合には、その直後に日光に当たらないようにしてください。オレンジスイートは柑橘系アロマの中でも比較的光毒性が弱いと言われていますが、念のため外出前にお肌に塗布したりするのはやめておくのが賢明です。

初心者におすすめのアロマオイル:ペパーミント

スーッとした清涼感あふれる香りのペパーミント。すっきりとした香りにはリフレッシュ効果があるので、気持ちを切り替えたいときに使うと良いでしょう。また集中力を高めてくれる作用がありますので、勉強や仕事のお供にもおすすめです。ペパーミントのアロマオイルには冷却作用があるので、暑い日に活用するのも良いでしょう。日焼けをしてしまってほてっている状態のお肌をクールダウンさせたいときにも使えます。ただしお肌に着けすぎる場合、量には気を付けるようにしてくださいね。

初心者におすすめのアロマオイル:ローズマリー

ローズマリーは、独特のすーっとした香りで人気のアロマ。ハーブとして育てている方も多いのではないでしょうか。とても一般的なハーブで、いろいろな商業施設でも観葉植物として使用されていることが多いです。葉を擦ることで、鼻に通るようなすっとした香りが手につきます。

ローズマリーの効能についてご説明していきましょう。ローズマリーは心臓の拍動を強める働きがあるため、低血圧や手足の冷えといった女性の悩みにも効果的です。血行を良くする働きもあり、筋肉もほぐしてくれるため、肩こりや頭痛にも効果が期待できます。また、そのすーっとした香りが喉の痛みにも気持ちよいですよ。シャンプーなどに数滴まぜることで、頭皮をマッサージすることができて抜け毛対策にもなり、育毛促進にもなるという意見も。

初心者におすすめのアロマオイル:セージ

セージも、一般的で手軽なアロマオイルの一つです。ローズマリーと同じく、すっきりとした香りが特徴。滞った頭を爽快にさせてくれます。もともとラテン語で「癒す」という言葉が由来になっていて、長寿のハーブとしても大切にされてきたハーブ。集中力を高めるのに効果があり、また、溜まってしまった悲しい気持ちや落ち込んだ気持ちを浄化してくれます。すっと気分を切り替えることを助けてくれるハーブなのです。

ローズマリーのように風邪や感染症に効果的だといわれています。喉の痛みにも良く効きます。注意点として、比較的刺激が強いアロマオイルなので、肌への大量の塗布には気をつけて下さい。マッサージとしてオイルに混ぜて使うときは、量に注意しましょう!

初心者におすすめのアロマオイル:レモン

レモンは、説明の必要がないほどにどんな方にも好かれる香りの一つ。さわやかで夏をイメージさせるようなその香りは、あまり嫌いという人もおらず初心者でも使いやすいアロマオイルの一つでしょう。実はアジアが原産で、その後ヨーロッパに広く伝わり今にいたります。古代から使用されてきたレモンは、その殺菌力から虫除けや消毒液として使用されてきました。

そのすっきりとした香りから、ちょっとした心の不安や混乱を取り除いてくれて、気分をリフレッシュさせてくれます。考え方が前向きになり、明るい気持ちにさせてくれるという部分の効果も期待できます。また、同時に人の意見に右往左往することがなくなるなど、芯の強さが養われる効果があるともいわれています。女性特有のむくみなどの悩みに嬉しい効果としては、リンパの流れを良くしてくれるという効果。血液の流れもよくしてくれるのでマッサージにも便利ですよ。

初心者におすすめのアロマオイル:ゼラニウム

ほんのりとローズのような香りがするゼラニウム。その香りから、ローズの代用品としても使われることがあります。柔らかく女性らしい、とても人気のある香りの一つです。初心者の方でも、気負いなく試していただける香りでしょう。
女性的な感情に作用すると言われているゼラニウムの香り。理性的であろうとすることが先行する人に、直感に素直になる気持ちをもたらしてくれる香りなのです。体への効果として期待できるのは、血液循環の改善。血行をよくし、滞りがちなリンパの流れにも作用します。むくみの解消にも効果的ですね。肌のケアにも非常に効果的で、保湿や、ニキビなどの皮膚の不調改善にも役立ちます。化粧品などに使用されていることも多いアロマオイルです。

初心者におすすめのアロマオイル:カモミール

カモミールティーとしても広く知られているカモミールの香り。小さな白と黄色のかわいらしいお花を持っています。独特の苦味のある香りは癒し効果が高く、よい睡眠にも導いてくれるので寝る前にカモミールの香りをかいだり、カモミールティーを飲むといいとよくいわれていますよね。アロマオイルとしてのカモミールは2種類あり、こちらでご紹介するのはカモミール・ローマン。もう一つのカモミール、カモミール・ジャーマンとは別の植物です。

古来から、治療薬としても使用されてきたカモミール。その効能には、癒しや鎮静効果が目立ちます。ぎゅーっと頭をしぼるように考えてしまう時や、嫌悪感、不安と言った気持ちを持ってしまう時、その緊張を緩和させ前向きに今の自分に向き合うよう気持ちを促してくれる香りなのです。神経をリラックスさせてくれるので、寝る前にも安心感と癒しを生み出します。過度な緊張を感じた時は、カモミールのアロマオイルを試してみましょう。

初心者におすすめのアロマオイル:サンダルウッド

サンダルウッドは、日本では白檀(びゃくだん)の香りとしても知られていて、一般的に馴染みの深い香りでしょう。仏具などから白檀の香りを感じることも多いですよね。独特のウッディーな香りは、どこか気高い香りでもあります。サンダルウッドは、その木自体がアジア圏では広く使われてきました。今は数が減り、その収穫も制限されています。

カモミールと同じく、基本的に鎮静効果が期待できます。なにか不安な気持ちや、頭痛や不眠症などの神経系の興奮状態をなだめるのに非常に効果的。過度な執着心を落ち着かせ、もっと崇高な意識へとつながる手助けをしてくれる香りなのです。その効果も、宗教的な儀式にはぴったりですね。身体への効能としては、熱を持ちすぎてしまった部分を冷やす役割があります。そのため、炎症や喉の痛みにも効果を発揮しますよ。

初心者におすすめのアロマオイル:ヒノキ

同じくウッディー系の香り、ヒノキ。日本人にとっては、サンダルウッドと同じくらい馴染みのある香りでしょう。そのさわやかで心が浄化されるような香りは、ヒノキ風呂に代表されるように日本人の「清潔」なイメージとダイレクトにつながっています。日本では古来より、湿気に強い木としてヒノキを神社などの建材として広く使用してきました。ご存知のように、ヒノキの香りはリラックス効果が高く、森林浴と同じような効果をもたらすと言われています。静かに、自分と向き合う時間をくれる香りなのです。

同時に殺菌効果にも優れ、抗菌、消臭、防虫効果に期待した商品がたくさん生み出されています。また、体への効果として期待できるのは、血行促進・むくみや疲労の回復。血行をよくし体を温め、活動的な体作りを手助けしてくれるのです。

初心者におすすめのアロマオイル:ジャスミン

ジャスミンティーとしてもおなじみのジャスミン。どこかほんのりと甘く、女性的な香りが心を落ち着かせてくれます。中国料理に添えられていることが多いですよね。そんなジャスミンの香りは、古くからアジアで珍重されてきた香りです。ジャスミンは古くから様々な地域で愛の象徴として語られることが多いお花です。特にアジアでは、女神などの神話とも結びつけられることも多く、女性的で官能的な香りとして古くから愛されてきました。宗教的な儀式にも多く使われ、神に捧げる花とも言われています。

精神的な効果としては、恐れや不安・悩みを和らげてくれる効果が期待されていて、うごめいている感情のバランスをとってくれます。身体的な効能としては、女性特有の体の悩みを解決してくれるアロマとして有名。生理痛にも効果が期待できるのです。また、スキンケアにも効果的なアロマオイルとしても知られているので、たくさんの化粧品にも取り入れられていますよ。

アロマオイルを使用する上で注意したいこと

スポンサーリンク