【子育てがしんどい】息抜きの方法は?疲れたらリフレッシュ!

スポンサーリンク

毎日の子育ては疲れが溜まってくるもの

日々の子育て、みなさん本当にお疲れ様です。特に未就園児くらいの小さなお子さんを持つ家庭は毎日本当に大変。「今だけよ〜」なんて先輩ママや通りすがりのおばあちゃまに声かけられても、納得どころか微妙な気分になるほどに疲れてしまう日もありますよね。善かれと思ってかけられている言葉でも、「今!今大変なの!」と筆者自身何度心の中で叫んだことか…。

それにしてもこんなに可愛い子を育てているのに、なぜこれほど疲れてしまうのか、疑問に思ったことはありませんか?解決のためにも一度整理してみましょう。

なぜ子育ては疲れが溜まるの?①目が離せない

https://www.photo-ac.com/

いつの間にかホコリを握って食べている。いつの間にか勝手にうつ伏せになっている(呼吸が!呼吸が!)。まだロックをかけていなかったところを勝手に開けている。昨日まで届かなかったところのものを勝手にとっている。ちょっと待って、いつの間にそこ登ったの?

子供の成長がこちらの予想を超えて早く、結果的に対策が後手に回ってしまい、家の中が危険だらけに。そうでなくても目が離せないヒヤリハットの多い乳幼児子育て、そりゃあ緊張感続きすぎてしんどいです…。

なぜ子育ては疲れが溜まるの?②ワンオペ

朝から晩まで一人で子育てするのは本当に大変な仕事。さりとてパートナーだって、好きで帰ってこられないわけではないとは分かります。分かるけれど、一人でずっと子供に振り回され、プレッシャーに耐えるのは本当にしんどいですよね。

なぜ子育ては疲れが溜まるの?③家事が寸断される

https://www.photo-ac.com/

子供が機嫌よく遊んでいたりお昼寝してる時は家事チャンス。今だ!とばかりに大車輪で家事に取り組みます。なのにそれさえも、子供からの呼び出しや、突然の号泣、お乳コールなどでブツブツに切られます。

仕事に例えると、さあ明日提出の企画書を仕上げようとパソコンに向かって3分で上司に呼び出され、話が終わってさあ続きを書こうとしたら今度は電話。対応をして電話を切って、企画書に向き直って5分で今度は上司にまた呼びつけられ「あれどうなった?何だ企画書もまだなのか!」

これは相当ストレスです。

なぜ子育ては疲れが溜まるの?④睡眠が取れない

赤ちゃんは3時間おきに起きて母乳を飲みますとはいうけれど、お乳を飲ませてげっぷをさせてオムツを替えて寝かせて…これで1時間以上。そのくせ「飲み始めた時間から」3時間で起きるので、実質1時間半とか2時間ごとに起きて対応しているんですよね。まとまった時間眠れません。

なぜ子育ては疲れが溜まるの?⑤自分の時間がない

ご飯も赤ちゃんを抱きながら片手で食べたり立って食べたりでまともに食べられなかったり、トイレにもついてくるのでドアを開けたまま超特急で済ませたり…。最低限のプライベートな時間さえもゴリゴリに削られるので、ちょっとした息抜きもできない状態が常態化します。

なぜ子育ては疲れが溜まるの?⑥相談できる人がいない

子供が生まれると、それまで身を置いていた仕事や友人関係などのコミュニティから隔絶され、話し相手もいない状況に陥りがちです。

特に幼稚園などに行き始めるまでの時期は、始めての子育てでわからないことも多いのに、新しいコミュニティも見つけられずに孤立しがち。児童館などの乳幼児の集まりに行くにしても、日程を調べて、問い合わせて、お弁当などを用意して、子供を抱いてそこに足を運んで…と、いくつものハードルを超えるエネルギーを要します。

子育ては、たまには息抜きも必要!

乳幼児の育児には疲れがたまるポイントが多いことをはわかりました。では息抜きしないとどういうリスクがあるでしょうか。

まずは、疲れが引き起こすあれこれをご紹介します。

悲しい気持ち、投げやりな気持ちから抜け出せなくなる

https://www.photo-ac.com/

わけもなく悲しい気持ちや、私なんかもうどうでもいいや…という気持ちになってくることが。涙が止まらなくなることもあります。こうなると心の病一歩手前です。

パートナーと険悪に

ちょっとした一言にカチンときて、言い返したり当てこすりをしてしまったり。パートナーの良かれと思った言動にも腹が立ってしまうこともあります。

子供が可愛いと思えなくなる

可愛くてたまらなかったはずの子供が可愛くなく感じた時は、心が相当悲鳴をあげていると言えるでしょう。あなたもお子さんも、誰も悪くないのです。

原因は子育ての疲れ。その感情は疲れによるもので、本心ではない可能性が高いです。即刻休みましょう。

タイトルとURLをコピーしました