ワインを趣味や仕事に!ワインに関する資格一覧とその難易度

ワインが大好きで、毎日のように飲んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ワインは美味しいだけではなく、歴史が深く種類も豊富です。その奥深さにどんどんハマってしまったという方も多いはず。そんなワインに関する資格を取り、趣味や仕事として楽しめたら素晴らしいことだと思いませんか?そこで今回はワインに関する資格一覧や、その難易度についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

ワイン好きなら取ってみたい「ワインに関する資格」


https://www.instagram.com/p/Bp3RhazH5fe/media/?size=l

現在、日本国内のワイン消費数量が過去最高となり
「第7次ワインブーム」と呼ばれる程ワイン人気が高まっています!

ワインは、今や高級レストランだけでなく、
ワインバルや居酒屋などのカジュアルな業態でも楽しむ人が増えてきています。
多くの人にとって、ワインがより身近な飲み物になっていることが分かります。

日本ワインの需要が高まるなど、ワインはさらに多様化していることから
今人気のワインを、今のお客様が求めるスタイルでサービスやセールスできる人材が各方面から求められているんですよ☆

≪こんな方が、ワインの資格を取得しています。≫
・飲食店従事者(特にバル業態、居酒屋業態など) ・宿泊施設従事者(特に旅館など)
・小売店従事者(ワイン専門店よりも酒類全般を扱う業態など)
・ワイン愛好家
・上記に就職を希望する学生

ワインに関する資格一覧&難易度

どの資格にも、「国家資格」と呼ばれる種類のものがありますよね。
実は、日本にはワインの国家資格はありません。

フランスやイタリアにはソムリエの国家資格があるのですが。
国家資格を取得したい人は海外に受験しに行きましょう。
The Court of Master Sommelier (CMS)やWine & Spirit Education Trust (WSET)などが有名です。

日本のワインの資格には大きく分けて、2種類あります。

一つ目は、民間資格の「日本ソムリエ協会(JSA)」が認定する
二つ目は、おなじく民間資格の「全日本ソムリエ連盟 (ANSA)」 が認定する

プロならJSA、一般愛好家ならANSAがおススメ◎

■日本ソムリエ協会(JSA)


https://www.instagram.com/p/Bp-_AJqABJ8/media/?size=l

ソムリエの世界機構であるASI(国際ソムリエ協会)に加盟している団体のため、
国内の認定試験からさらに一歩進んだ、
世界的に通用する「国際ソムリエ協会認定ソムリエ資格」認定試験に挑戦出来ます。

就職する時や飲食業界の方々に提示する資格としては、
JSAの方が認知度が高く、実力も本格的と考えられることが多いようです。
また、2016年以降、
「ワインアドバイザー」という呼び名はなくなり、「ソムリエ」という呼称になりました。

1.ソムリエ
(ワイン関連職務経験3年以上、現在進行形で従事している人対象)

2.ワインエキスパート
(経験不問。愛好家向けだが試験レベルはソムリエに匹敵)

3.シニアソムリエ
(ワイン関連職務経験10年以上、現在進行形で従事している人対象。
 また、JSA「ソムリエ」資格認定後3年目以降であること)

4.シニアワインエキスパート
(JSA「ワインエキスパート」資格認定後5年目以降、かつ年齢が30歳以上の人が対象)

『日本ソムリエ協会』では基本的に飲食店など、
ワインを含むアルコール飲料を取り扱う方に向けた資格試験を行っているが特徴です。
なので実務経験を求められる資格試験がほとんどです。

ソムリエ(日本ソムリエ協会(JSA))


https://www.instagram.com/p/BNiaTaTBArA/media/?size=l

【受験資格】
・ワインやアルコールに関するお仕事を3年以上経験していること。
・一次試験日当日もそのお仕事に就いていること。

合格率は40パーセント前後だとか。
余談ですが、調理師試験の合格率が60%程度なので、難易度が高いことがわかりますね。

ワインエキスパート(日本ソムリエ協会(JSA))


https://www.instagram.com/p/BphQRZGlwOv/media/?size=l


趣味の資格として、ソムリエと同等程度のワインの知識を有することが証明されます。

ワイン愛好家のための資格です!
受験資格ですが、職種、経験は不問です。
ソムリエだけど、経験年数が3年未満の人なども対象になります。

合格率は、なんと30%〜40%と、難易度は高めだそうです。

ソムリエ試験もそうですが、
一次試験または二次試験に通ると、3年間は免除してくれるそうです。

いっその事、初回受験は一次試験にだけ狙いをつけて、
それ以降の試験は時間をかけてゆっくりと取得していくのもアリでしょう。

シニアソムリエ(日本ソムリエ協会(JSA))

シニアソムリエは、日本ソムリエ協会が認定するワインの資格制度であり、
「ソムリエ」の上級資格となります。

≪ 受験資格 ≫
・ソムリエおよびワインアドバイザー資格認定後3年目以上の方。
・ワインやアルコールに関するお仕事を「10年以上経験」されていて、
 一次試験その日もそのお仕事に就職されている方。

シニアワインエキスパート(日本ソムリエ協会(JSA))

シニアワインエキスパートは、
ワイン愛好家のために作られた日本ソムリエ協会が認定する資格制度であり、
「ワインエキスパート」の上級資格となります。
ワインエキスパートよりも、ワインに関するより深い知識があることが証明されます。

≪ 受験資格 ≫
・ワインエキスパート資格認定後5年目以上の方。
・年齢30歳以上の方。

ワイン検定 全日本ソムリエ連盟(ANSA)


https://www.instagram.com/p/BpOozBtHIAK/media/?size=l

関連記事