厄介な胃痛…その原因は更年期かも!効果的な対処方法はある?

更年期に胃痛が起こる原因とは?

そもそも更年期とはどういうものなのでしょうか?

更年期とは、閉経前後の約10年間に起こるもので、女性ホルモンの分泌減少によって体調の不調や異変が出てきます。平均的には40代後半~50代ぐらいの間が更年期の期間とされていますが、近年では30代でも更年期の症状を訴える人が増えています。

更年期の症状には様々なものがありますが、胃痛を起こす原因と言われているのが自律神経の乱れです。女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が減ると、自律神経にも影響が出てきます。

自律神経の乱れの影響

https://www.photo-ac.com/

自律神経には胃酸や胃の働きをコントロールする働きもあるため、その自律神経が乱れると正常に胃が働かなくなってしまいます。そのため、更年期になると胃痛の症状が出てくるということになります。

よくストレスで胃痛を訴えることがありますが、これも自律神経の乱れが影響しているんですよ。

更年期になると今までのように体が動かなかったり、心がついていかないことがストレスになりさらに胃痛の症状を悪化させることもあります。

更年期の胃痛の具体的な症状について

https://www.photo-ac.com/

胃痛といっても、全員が同じ痛みを発症するわけではありません。胃痛にもいろいろな痛みや症状があり、主に次のような胃痛の痛みや症状があります。

・胃全体が重たく感じる、ずしんとした重みを感じる痛み
・胃が心臓のように脈を打っているように感じるズキズキとする痛み
・胃を鋭いもので突かれているようなチクチクする痛み
・胃をギューッと掴まれたような圧迫感や締め付けを感じる痛み
・胃(みぞおち部分)を殴られたような痛み

胃の場合、痛みだけではなく不快感や膨満感といった不調も出てきます。不調が続くと痛みに繋がることもあるので注意しましょう。

更年期の胃痛の対処・改善方法

胃痛が出てくるとすぐに胃薬に頼ってしまいますが、更年期からくる症状の場合は胃薬の効果が感じられないこともあります。また胃薬や鎮痛剤を飲み過ぎると、胃痛をさらに悪化させることもあるので飲み方には注意が必要です。

胃痛が出た時は、あまり動かず胃や腹部を温めて様子をみましょう。更年期の胃痛は血流の悪さから来る場合もあるので、温めることで症状が緩和することもあります。

また、胃痛を起こさないための対処・改善法もあります。

胃痛を起こさないための対処・改善法

・早寝早起き、適度な運動を心掛けて規則正しい生活をする
・消化の悪いものはなるべく食べない
・食事は腹八分目にする
・食後はゆっくりする

これは更年期に限らず、胃痛が出やすい人や胃痛を改善させるために役立つことです。更年期の症状で出る胃痛も、胃に負担をかけないようにすることが大事です。

更年期の胃痛は病院で治療できる?

https://pixabay.com/ja/

胃痛の症状が出ると、内科に行って診察を受けて検査をしたり薬を処方されます。

更年期から来る胃痛の場合、「更年期だから」と婦人科に行って胃痛の治療ができるかというと、そうではありません。病院によって違いはありますが、まずは内科で胃の状態を診察してもらうこともあります。そこで胃に異常がない場合は、更年期の胃痛の可能性があるため、婦人科で治療をします。

治療は主に3つがあります。

更年期の胃痛の治療①投薬による治療

https://pixabay.com/ja/

1つめは、更年期のイライラや気持ちの落ち込みが激しい場合は「抗不安薬・抗うつ剤」を処方されることがあります。その前に問診を受け、カウンセリングで様子を見ていくのか、それとの抗不安薬や抗うつ剤を処方してイライラや気持ちの落ち込みを改善していくか決めていきます。

抗不安薬や抗うつ剤は症状が治まったからと自分で止めることはできません。そのため、処方される場合は医師としっかりと相談する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました