老後の女性の一人暮らしを楽しむコツ&必要な資金は?

高齢化や核家族化により、老後を一人で暮らす方が増えてきています。皆さんの中にも、現在シングルで老後について考えているという方がいらっしゃるのではないでしょうか。若い頃の一人暮らしとは違い、高齢になっての一人暮らしは金銭面や生活面など、あらゆる面で不安がたくさんありますよね。そこで今回は、女性の老後の一人暮らしの資金や楽しみ方についてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

老後を一人で迎える人が増えてきている

https://pixabay.com/ja/

仕事もプライベートも順調で充実した毎日を送っている、いわゆる「おひとりさま女性」が今急増しています。

しかし現在の生活には何の心配もなくても、このまま独身で過ごし老後に一人暮らしになることを考えると、将来本当に年金が受け取れるのか、老後の資金はいくらぐらいかかるのかなど不安になることも多いでしょう。

では女性がずっと一人暮らしをするとなると、老後にはどれぐらいお金が必要となるのでしょうか。

女性の老後一人暮らしに必要な資金はどれくらい?

ここでは、女性の老後の一人暮らしに必要な資金はいくらなのか、具体的な数字を提示してみていきたいと思います。

一人暮らしの女性の老後には最低2000万円以上必要!?

https://pixabay.com/ja/

老後の女性の一人暮らしにいくら必要なのかは、老後の支出から収入を引くことで簡単に割り出すことができます。ここでは、60歳で定年を迎え、65歳から年金を受給するというケースで計算していきます。

総務省のデータによると、60歳以上の独身女性の1ヵ月の生活費は約15万円ということになっています。

仮に90歳まで生きるとすると、60歳から90歳までの30年間に必要な生活費は、15万円×360か月で約5400万円となります。

次に、厚生労働省のデータから老後の収入を見てみると、女性の厚生年金保険の受給額は、65歳以上で約月11万円となっています。

こちらも65歳から90歳まで25年間年金を受け取る場合、老後の収入は約11万×300ヵ月=3300万円となります。

これにより女性の老後に必要な資金は、老後の支出から収入を引いた5400万円-3300万円で2100万円となり、2000万円以上必要になることがわかります。

https://pixabay.com/ja/

しかしこの額はあくまで平均的なものであり、人によってはそれ以上お金がかかるお金場合もあります。

例えば移動手段として車が必要であれば、駐車場やガソリン代、車検代や車の買い換えなど、さまざまな面で費用がかかることが予想されます。

こうして自分のライフスタイルに合わせて必要な費用を割り出し、さらに予備資金としてだいたい300万円ほど上乗せした金額を自分の老後資金として準備するとよいでしょう。

女性の老後の楽しみ方とは

一人暮らしとはいえ、定年後もできれば楽しく充実した毎日を送りたいですよね。そこでここでは、女性の老後の楽しみ方をいくつかご紹介していきたいと思います。

関連記事