しつこい脂肪を落としたい!中高年女性が始めるべきダイエット方法

中高年になるとダイエットの効果が現れにくくなる理由は?

若い頃はちょっと食事の量を減らしたり運動をするだけで体重が戻っていたという人も多いと思います。

しかし30代ぐらいになると「体重が落ちにくいな」と感じ始め、40代以降になると頑張っても体重が落ちないなんて経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。中高年になると若い頃と同じようにダイエットをしても効果が現れにくいのにはいくつかの理由があります。

女性ホルモンの分泌量が減少したことで太りやすくなる

https://pixabay.com/ja/

意外に知られていませんが、女性ホルモンには脂肪をつきにくくする働きや、血中の悪玉コレステロールの量をコントロールする働きがあります。

女性は30代後半あたりから女性ホルモンの分泌量が減り始め、40代になるとその分泌量は急に減ってしまいます。更年期が近づく中高年になると今までと同じ量の食事をしても脂肪がつきやすくなったり、コレステロール量のコントロールができず太りやすくなります。

そのため、ダイエットをしても若い頃のように体重が減りにくいため「頑張っているのに結果が出ない」と感じてしまいます。

基礎代謝が落ちているため脂肪が落ちにくい

https://pixabay.com/ja/

人間は基礎代謝というものがあります。若い頃は基礎代謝が高いのですが、年齢とともに基礎代謝が落ちるため若い頃と同じような生活をしていても脂肪が落ちにくいため太りやすくなってしまいます。また、基礎代謝だけではなく体の筋力も落ちてくるため若い頃と同じように運動をしても使用されるエネルギーが少なくなります。

ということは、燃焼される脂肪も減ってしまうためダイエットをしても痩せにくく感じます。

中高年女性はダイエット前に、普段の生活を見直すことが大切

https://pixabay.com/ja/

中高年になってダイエットをする時、まずは日常生活の見直しをすることが大事です。それは、過度なダイエットをすることでホルモンバランスが乱れてしまい、更年期の症状が重くなったり体調を崩してしまうからです。

更年期には様々な症状がありますが、女性ホルモンのバランスの乱れで自律神経にも影響が出ることもあります。自律神経を整えるためには普段の生活を見直すことが重要です。

  • 早寝早起きを心掛ける
  • しっかりと睡眠をとる
  • 軽い運動をする(散歩など)
  • 朝起きたら朝日を浴びる

上記のようなことをすると自律神経のバランスがリセットされると言われています。

中高年の女性がダイエットをする場合、ダイエットを実践することも大事ですが、まずは普段の生活を見直して自律神経の乱れを元に戻すことが大事です。そうすることで、ダイエット中のイライラやモチベーションの低下を予防することもできます。

中高年女性が始めるべきダイエット方法とは?

中高年になると、若い頃のようなダイエットを方法では結果が出ないことがあります。

ダイエットは年代に合わせたものを選ばないと失敗に繋がるので、中高年はどういうダイエット方法がいいのかをまずは考えることが大事です。

中高年が始めるべきダイエットには次のようなものがあります。

中高年女性のダイエット①筋肉量を増やして代謝をあげる運動をする

https://pixabay.com/ja/

ダイエットというと激しい運動を連想しますが、中高年の場合は筋肉力が減っているため、まずは筋肉量を増やして代謝をあげることから始めるようにします。

筋肉量を増やすためには筋トレが必要です。しかし、激しい筋トレは中高年にはつらいので長続きしません。

家でも簡単にできる筋トレに「スクワット」があります。毎日、10回を5セット、体力的に余裕がある人は10セットと増やして下半身の筋肉量をアップさせていきます。それによって、代謝もあがっていきます。

激しい筋トレの場合、筋トレは1日おきを推奨する人もいますが、スクワットは自宅で簡単にできるのでなるべく毎日続けるようにします。

タイトルとURLをコピーしました