スポンサーリンク

綺麗な人はみんなやっている!美容に関するお役立ち豆知識8選
スポンサーリンク

スキンケアやヘアケアなど美容に関する豆知識

スキンケアに関する美容豆知識:「美容液」よりも「クレンジング」にお金をかけるべき!

一体どれほどの女性が美容液にお金を費やしているのでしょうか。そもそも、美容液にはほぼ化粧水や乳液とは変わらないものが多数存在します。数ある中で本物の美容液を探すのは大変なのです。それよりも美肌への近道は「クレンジング」にあり、また毎日使うものなので必須アイテムともいえるそのクレンジングにお金をかける方がよっぽど効率よく美肌に近づけることができます。

優良なクレンジングといえば、ミネラルオイル(油脂)を使ったもの。ミルクやクリームタイプのクレンジングはメイクを落とすのに時間がかかってしまい必要なうるおい成分まで洗い流してしまいがちです。しかし、ミネラルオイルは皮脂となじみがよくしっかりとメイク汚れを落としながらうるおいも守ります。その理由は人間の皮脂の構造にとてもよく似ているからです。しかし酸化してしまいがちな油には刺激物も含まれているので同じオイルでも酸化しにくい「アルガンオイル」「米ぬか」成分が入っているものをおすすめします。

クレンジングには様々な種類がありますが、このように成分を重点視してみるとミネラルオイルがなぜ肌にいいのかがお分かりですね。このように美肌を守るためには美容液よりもクレンジングが鉄則なのです。

スキンケアに関する美容豆知識:肌の洗いすぎは逆効果!

人間の肌には、「保湿成分」「バリア成分」の上に「皮脂」がありこの3つが正常に働いていれば肌はきれいに保たれます。そこで、洗顔に時間をかけすぎてしまうと保湿・バリア成分の機能が減り乾燥・肌荒れを起こす原因になってしまいます。また、保湿成分が足りなくなるということは必要以上に油分が分泌され「脂性肌」に悩まされてしまうことも。そんなトラブルを防ぐためには適度な洗顔と、「アミノ酸系」などのマイルド系洗顔を選ぶことが大切です。また、低刺激ながらも高い洗浄力を持っているのが「カルボン酸」といわれる成分です。このように成分表示をよく見ながら選ぶようにすると正しい洗顔ができ、美肌を守ることができるでしょう。

ヘアケアに関する美容豆知識:カラーやパーマ後にやってはいけないこと

きれいになるため・イメチェンのため定期的にカラーやパーマを行う方も少なくありません。せっかくきれいにカラーをしたりパーマでイメージを変えても髪が傷んでいたら台無しです。

カラーやパーマ、どのくらい髪にダメージが受けやすいかご存知でしょうか。実はパーマはブリーチよりも負担がかかっています。カラー・パーマどちらにも言えることは施術後一週間程度は薬剤が残留していることがあるためトリートメントはしないほうがいいです。また、施術後はダメージがかかっている状態なのでシャンプーは「弱酸性」タイプのものがおすすめです。

また、ダメージが受けやすい時期に避けたいのがタオルを通しての摩擦です。ゴシゴシと擦ってしまわないように注意しましょう。トントンとやさしくたたいてあげるようにしてからその後、ドライヤーを使います。ドライヤーは乾燥するからなどとの理由で自然乾燥を好まれる方もいますが、濡れた状態は些細なダメージでも傷つけてしまうことがあり痛みの原因になります。ある程度乾いた後に冷風に切り替えて乾かすようにすると水分が蒸発せずパサつきを抑えることができるので、おすすめです♪ぜひ、試してみてくださいね!

メイク・髪型・ネイルに関する豆知識

メイクに関する美容豆知識:ベースメイクの総仕上げ!フェイスパウダーの種類とつけ方

ベースメイクに欠かせない「フェイスパウダー」実は、このパウダーがあるのとないのとでは仕上がりが大きく変わります。まず、「フェイスパウダー」といってもその種類は様々です。携帯用に便利な固形のタイプ、朝の仕上げにぴったりな粉タイプ。また、質感もマットなものとパールが入っているもの、などその日の気分に合わせて仕上げることができるのが嬉しいですね♪

「ツヤ感」というメイクが近年流行っているように、素肌により近く、でもキメの整った凹凸のない肌に見せるためには密度の詰まった大きめフェイスブラシにとってくるくると肌を磨くように乗せていくのがいいでしょう。しっかりと仕上げていきたいときにはパフを使い、白浮きしないようよくもみこみ、目の下、鼻筋・その後全体にのせていきましょう。この時、中心部分を最初に、その後フェイスラインに沿ってのせてあげるとより、顔が明るく見えますし自然な印象に仕上がります。

また、ブラシ・パフともに言えることですが余分なパウダーが顔に残っているとメイク崩れの原因になってしまいますので何もついていないブラシで最後払ってあげるときれいな仕上がりになるのでおすすめです!

メイクに関する美容豆知識:カラーで印象が変わる

化粧品には様々なアイテムとカラーが豊富にあり、かわいいと思って手に取ってみたもののなんだか浮いてしまうこともあるのではないでしょうか。そんな時参考になるのが「カラー診断」ですよね。中でも有名なのは「イエローベース」「ブルーーベース」という分け方です。自分の腕の血管の色で簡単に診断できます。血管の色が緑っぽい方は「イエローベース」青みがかっている血管の方は「ブルーベース」となります。イエローベースの方には、コーラル系のカラーがよく似合い、ブルーベースの方はローズ系のカラーが合います。タッチアップをしながら自分に合う色をぜひ、探してみてくださいね!

カラーひとつひとつには「イメージ」というものもあります。顔の印象を変えることもでき知っておくと便利です。オレンジ系には明るく楽しい印象を与えることができ、レッド・ピンク系には情熱・華やかに見せることができます。また、ブラックやグレーにはモダン的、そしてシックで大人っぽさを表現することができメイク一つで相手に与える印象を変えることができます♪このように色の持つイメージを知っておけばいざというときに役立ちますよね!

そして、メイクにもイメージは使われています。「エレガントメイク」「フェミニンメイク」「モードメイク」などそのイメージは様々です。上品な印象を見せたいときにはエレガント、女性らしさを出したいときにはフェミニン、オシャレで最新なメイクを取り入れたいときはモードメイクといったキーワードを意識してみるようにしましょう。メイクの幅も広がり、様々なアイテムをそろえたりとメイクそのものが楽しくなるでしょう♪

髪型に関する豆知識:簡単に出来る「ウェーブ髪」

上手にアイロンを使いこなすことができない、巻いても自然な仕上がりにならずゴワゴワになってしまうそんな時、ちょっとした工夫でデジタルパーマを当てたような自然な仕上がりに見せるやり方をお伝えします。

巻き髪を作るときには、セミロング・ロングタイプの方ですと32mmほどの太めのアイロンを使うことをおすすめします。より、ナチュラルに自然に仕上げることができます。そして、全体の毛先を外跳ねにしていきます。その後、感覚をあけながら巻いていくことで上手に巻き髪を作ることができます。この時、長く当てすぎないことが大切です。また、巻いた後はすぐに触らず少し熱が冷めるまで放置しておきましょう。全体が巻き終わった手ぐしで優しくほぐしていきます。こうすることで、巻き髪がキープされすぐに取れてしまう心配もありません。

仕上げに、オイルをなじませてツヤを出すとより、きれいにまとまった巻き髪が完成します。ぜひお試しになってみてくださいね!

ネイルに関する豆知識:浮かないベースの作り方

最近は「セルフネイル」も定番になってきましたね。ネイルサロンに行くのに時間もお金もかかるし定期的にオフしたい方には「セルフネイル」が楽ですし、なにより自分でやることにより、コストも最小限ですみます。しかし間違った方法によりすぐにネイルが浮いてきてしまうなどトラブルも少なくありません。正しいベースの作り方を身につけて爪を傷つけることなくきれいな状態を維持しましょう。

ベースの基本といえば爪をきれいにし、土台となるベースネイルと爪が浮かないようにすることが最も大事です。このとき何もせずにベースを塗布してしまうと爪を傷つける原因にもなってしまいせっかくのネイルが台無しです。

まずはキューティクル部分の甘皮処理が必要です。この甘皮がネイルを浮かせてしまう原因のひとつになります。キューティクルリムーバー・またはぬるま湯に爪を浸し取りやすいように甘皮をふやかします。その後専用のプッシャーで甘皮を優しく除去していきましょう。無理に削ってしまうと爪が傷んでしまうので浮いてきたものだけで大丈夫です。このように、一通り甘皮除去したらコットンでエタノールや専用のものできれいにくるくるとふき取りましょう。また、ささくれ部分の余分な甘皮はニッパーというものでとる方法もありますが、切りすぎには注意しましょう。

このようにベースとなる下処理があって、きれいにネイルを持続させることができるのでおすすめです!

ダイエット・運動に関する豆知識

ダイエットに関する豆意識:続かないと意味がない!

ダイエットといってもその方法は様々です。しかし、1週間で〇キロ痩せるとか、1か月で10キロ減などといった夢のような話はありませんよね。あったとしても反動はものすごく、元の体重よりも太ってしまうこともあり危険です。自分に合ったダイエット方法を見つけることは大切ですが、長い目で見てダイエットに取り組むことが大事なのです。すぐに痩せれるというダイエットには落とし穴がありリバウンドも一緒についてくるような方法しかないのです。自分でしっかりと見極める必要があることを忘れずに無理なく続けられるダイエットをしましょう!

また、痩せやすい体つくりには「基礎代謝」を低下させないことが大切です。この基礎代謝とは、何もしない状態でも自ずとカロリーが消費されるもの。この基礎代謝を上げ、痩せやすい身体を作るために必要なのは「筋肉」です。筋力が増えると消費できるカロリーが増えるので必然と痩せやすい身体になります。筋トレは効果が表れやすく目に見えてわかるのでおすすめです。

自宅でも簡単にできる筋トレ方法を紹介します。女性が一番気になりやすいおなか回り、そしておしりのシェイプアップに効果的な「ゆりかごプランク」のやり方

  1. 腕立て伏せの形になりおなかとおしりに力を入れる。
    これだけでも全身の筋力は使われています。
  2. つま先を使って体を前後に揺らす。

これだけでおなか回りとおしりのシェイプアップにつながります。継続して行うことでその成果を実感できるでしょう。

また、背中のムダ肉も普段は気づかないからこそ引き締めておきたいですよね。そんな時簡単にできる筋トレ方法があります。

  1. まっすぐ立ち、両腕を前に持ってきて合わせる
  2. 「W」をイメージしながら後ろへと押し上げる。この時肩甲骨を寄せるようなイメージで行う。これを続けるだけで背中のムダ肉もすっきり解消します。

自宅でも寝る前やテレビを見ている間にできちゃう簡単な筋トレダイエットで基礎代謝を同時に上げながら美ボディを目指しましょう!

運動に関する豆知識:目的に合った運動で効果を実感しましょう

「運動」といっても様々なやり方があります。美しい身体を維持するためには運動は欠かせません。目的に合った意味のある運動がいいですよね。運動には、「有酸素運動」「無酸素運動」があります。どちらも効果と特徴が違いますので自分に合った方法で行いましょう。まず「有酸素運動」とはよく聞く言葉ではないでしょうか。しっかりと呼吸をしながら長い時間をかけてゆっくりと行う運動のことを言います。この運動にはウォーキング・ヨガ・プールなどがあります。体脂肪の燃焼、持久力の向上などが期待でき無理なく行えるので継続しやすい運動のひとつです。

次に「無酸素運動」と言ってこれはなかなか聞きなれない言葉ですが実は時間がない方におすすめできる運動方法のひとつです。瞬発的に筋肉を収縮させることができ筋力アップ、基礎代謝の向上効果が得られます。主に筋トレメインになり脂肪を燃焼させメリハリあるボディを目指したい方向けです。どちらも効果・特徴が違いますので自分に合っている運動方法を選んでくださいね♪

また、ストレッチも立派な運動になります。体を伸ばしながらリラックス効果も得られお風呂上りや寝る前などに簡単に行える方法です。血行促進、疲労回復などの効果も期待できます。また、冷え性対策にも!ベッドの上でも寝ながら楽に行えるストレッチ方法もありますのでぜひ参考になさってみてくださいね。

気になったものは実践してみましょう♪

女性にとって「きれいになる」ということはいくつになっても課題の一つです。メイクも、ヘアアレンジも、ダイエットもすべて「美」に繋がっています。この機会に美容の豆知識を活かして正しい方法で効果的に行いましょう♪

スポンサーリンク