職場の後輩がストレス!仕事ができなくてイライラする時の対処法

職場でのストレスはたくさんありますが、中でも多いのは後輩に対して感じるストレスではないでしょうか。特に、何度言ってもわからない、反抗的・・などイラッとするポイントは複数あるにもかかわらず、立場的に穏便にすませなくてはなりませんよね。そんな後輩に対してのストレスを発散できずにいる方におすすめの対処法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

職場のストレスが増えている!?


https://www.pakutaso.com/

日常生活の中でストレスを感じることは多々あります。家計問題や子育て、将来への不安など様々です。その中でも職場でストレスを感じている人の割合が年々増えてきているのです。
10万人以上の労働者(派遣労働者含む)を対象に行った調査によれば「ストレスを感じている」と回答した人の割合は「59.5%(平成28年度)」となっており、次いで「55.7%(平成27年度)」、「52.3%(平成26年度)」という結果が出ています。労働者の半数以上が職場でのストレスを感じています。さらにその中でどんなことにストレスを感じているか調査(複数回答)を行い、「仕事の質・量」が53.8%、「仕事の失敗・責任の発生」が38.5%、「対人関係※セクパワハラ含む」が30.5%という結果が出ました。
仕事をする上でストレスはどうしても発生してしまいます。簡単に解決できるものもあれば深刻な問題もありますが、この記事では対人関係の中でも後輩によるストレスについて焦点を当ててその対処法などを紹介していきます。

「59.5%(平成28年度)」となっており、次いで「55.7%(平成27年度)」、「52.3%(平成26年度)」
「仕事の質・量」が53.8%、「仕事の失敗・責任の発生」が38.5%、「対人関係※セクパワハラ含む」が30.5%

なぜ職場の後輩にストレスを感じるの?


https://www.pakutaso.com/

後輩の仕事ができていてもストレスを感じることはあります。逆に仕事ができていなくてもストレスを感じない後輩というのもいます。それは後輩自体のポテンシャルや後輩との関係値、後輩の指導の仕方など様々な理由によるものです。ではなぜ後輩が原因でストレスを感じなければいけないのか、先輩であるあなたの心理的な部分を究明していきます。職場を思い出しながら該当するものがあれば参考にしてください。

期待しているから

後輩なのでできないことの方が多いでしょうが、無意識に能力の判断をして本来では手に余るレベルの仕事を与えてしまうケースです。もちろん基準に満たないまま結果が返ってくるので、自分からしたら「できると思っていたのに」、「こんなこともできないのか」といったような感想になり、そもそもの評価に誤りがあるのに一方的に後輩にストレスを覚えてしまいます。礼儀がなっていないことや、失礼な言動を感じるケースも同じことが言えます。社会経験が浅い後輩であれば当然あり得る状況などで寛大な気持ちで注意すればいいだけの話です。良い意味でなく、悪い意味での期待を知らずのうちにしてしまってないか改めましょう。

思い通り動かないから

先輩社員にありがちな考え方に「考えればわかるはず」、「これぐらいはわかるだろう」などの思い込みがあります。説明や確認が不足してるのに関わらず後輩が先輩の思い通りに行動はできません。もしできるとすればエスパーか何かでしょう。こちらの勝手な決めつけで後輩と仕事をすると円滑に物事は進まず余計なストレスを生むだけです。自分の指示に不足がないか確かめてみましょう。

責任を取りたくないから

単純なプロセスです。後輩を指導している立場であれば、後輩の責任は先輩にあります。つまり後輩がしたミスは先輩の所在になるので、その責任を負わなければならない状態により後輩をストレスに感じます。

ストレスを感じる職場の後輩の特徴


https://www.pakutaso.com/

仕事を覚えない

何回も同じ質問をしてきたり、同じミスを繰り返したり、教えてもメモを取らないといった行為をされると仕事を覚える気がないじゃないかと思います。ミスをしたりするのは仕方がないとして反省もせず次に活かされなければ辟易とした気分になります。

指示がないと動かない

こちらがいちいち指示しないと動けない後輩がいたりします。与えた仕事が終わってもこちらを伺うことなくぼーっとしていたり、ひどい場合はスマホを弄ってたりしてます。こちらから歩み寄らないといけない労力と面倒くささにストレスを感じます。

ホウレンソウがない

組織で仕事する上で基本なのが報告・連絡・相談です。これを怠ったばっかりに進行状況が把握できず全体が遅れたり、大きな損失に繋がりかねません。この重要性を理解していない後輩には、いま一度胸に刻み込ませる必要があります。

言い訳をする

ミスが発覚した時に身勝手な言い訳をダラダラとされたらストレスが溜まります。こういった反省の色が見えない言葉は「説明」ではなく責任逃れの「言い訳」になるのでタチが悪いです。これをする人の性格は改善の余地がないので真っ当に取り合っても時間の無駄です。

意欲を感じない

関連記事