恋が更年期障害を防ぐ!?更年期に恋愛感情が必要な理由とは

30代後半から40代にかけて、多くの女性にやってくる更年期障害。さまざまな対策方法がありますが、その中でも特に効果的なものに「恋愛感情を持つ」というものがあります。一見すると何も関係のないように思える更年期と恋愛感情ですが、そこには一体どのような効果や仕組みがあるのでしょうか?詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

更年期の症状を予防するには、恋愛感情を持つことが効果的


https://www.pakutaso.com/20180705201post-16845.html

40代になると更年期に悩む女性は増えてきます。いつもイライラしてしまって周りにツラく当たってしまうこともあるでしょう。自分でも制御が効かない更年期は、自覚症状もありますが周りから指摘されて気づくことも。

工夫次第で更年期は軽くなることがあります。その一つにあげられるのが「恋愛をする」なのです。更年期と恋愛はまったく意味がないように思えますが、恋愛感情を持つことで更年期の症状が軽くなると言われています。

更年期は感情のケアもとくに大切になってきます。恋愛感情を持って相手に夢中になるだけで更年期の症状に効果があれば試してみたい人は多いですよね。

更年期と恋愛感情の関係性とは


https://www.pakutaso.com/20170937251love-4.html

更年期になると女性ホルモンが不足するのでホルモンバランスが崩れて更年期障害を発症します。そんなとき恋愛感情を持つように心がけると、女性は笑顔が増えたり肌が潤ったりと内面から効果が現れるのです。

恋愛感情は女性を生き生きとさせる効果があります。更年期の症状を打ち消すためにもぜひ恋愛感情を持つよう心がけたいですね。

更年期とは


https://girlydrop.com/girls/2234

更年期は女性ホルモンが減ることによりさまざまな体調不良が引き起こされます。とくに閉経直後は体がその変化についていけず、ツライ体調不良が次々に起こり、日常生活に支障が出る人もいるでしょう。

更年期の症状

更年期の症状には個人差がありますが、主な症状は
・体のほてり
・イライラ感が続く
・急に悲しくなる
・不安
・頭痛
・めまい
・手足の冷え
・動悸
・不眠など

平均的に50歳で閉経するのが一般的です。更年期障害の症状が現れるのはその前後の45歳〜55歳が最も多く、閉経して卵巣の機能が止まると症状がひどくなる可能性があります。日常生活にも支障がある場合はムリはせず専門医に相談しましょう。

更年期をセルフチェック


https://www.pakutaso.com/20130430095post-2606.html

・最近急に汗が出たり顔が熱くなる。
・イライラしたり不安になって涙が出たり、感情が不安定になる。
・めまいや動悸がある。
・頭痛や腰痛がある。
・肩こりや首筋が痛む。
・寝つきが悪く、頻繁に目がさめる。眠れても疲れが取れない。

このような症状が現れたら更年期のサインです。症状には個人差があるため、あまり症状を感じずに更年期が終わったという人も中にはいます。また更年期の症状が重い人は日常生活にも支障が出てきます。普段の日常生活が送れなくなる前に一人で悩まず病院を受診しましょう。病院では検査で以上がなければ、薬物治療やカウンセリングをおこなってくれる専門の医療機関がおすすめです。

恋愛感情を持つと更年期の症状を予防できる理由


https://www.pakutaso.com/20170754191post-12442.html

恋愛感情を持つことで女性ホルモンが活発に働き、分泌されるようになります。女性は恋愛をしているとキレイになると言いますよね。女性ホルモンはお肌の潤いやスタイルを維持してくれる、女性にとって大切なホルモンなのです。ここでは女性らしさを保つ大切な女性ホルモンを詳しく紹介していきます。

エストロゲン

エストロゲンは閉経して卵巣の働きがなくなると共に不足してしまう女性ホルモンの一種です。体内でエストロゲンが不足すると脳内にもっと分泌するよう指示が出ます。しかし卵巣が機能していないためエストロゲンが分泌されずホルモンバランスが崩れて更年期障害を引き起こしてしまうのです。

エストロゲンは自分で増やすことにより、更年期の症状を和らげることができます。増やす方法は「恋愛感情」です。恋愛して心がドキドキしたり、嬉しいときにエストロゲンは分泌されます。そのため恋愛感情を持つことは更年期の症状を予防するため非常に効果があります。

オキシトン

オキシトンは女性が妊娠・出産・育児をするために必要な女性ホルモンです。スキンシップなどでも分泌されるため、恋人や夫との関係も分泌する上で非常に大切になってきます。人とスキンシップをすることで幸せなホルモンが分泌され安心感が増す安定剤のような働きがあります。

ドーパミン

ドーパミンは年齢とともに減ってしまいます。ドーパミンは血行を促す効果があるため、この分泌が減ってしまうと肩こりや冷えを引き起こしてしまう可能性が高くなります。

恋愛感情を抱いて胸がドキドキするのもドーパミンが分泌されて血行がよくなるからです。そのため更年期の症状を抑えるために恋愛感情でドキドキする気持ちを忘れないようにしたいですね。

フェニルアラニン

関連記事