お酒好きに贈りたい!プレゼントにぴったりの日本酒5選

プレゼントに贈るお酒選びのポイントとは?

日本酒と一言に言っても様々な種類があります。 本醸造や吟醸酒、純米吟醸…普段日本酒を飲まない方だと、聞きなじみのないワードが出てきますよね。

まず初めに、日本酒の種類を簡単にご紹介させて頂きます。基礎知識があれば、プレゼントした際に会話のネタになるので、覚えておいて損はないはずです!

日本酒ってどんな種類があるの?

https://www.pakutaso.com/

日本酒は基本的に米と水で造られていますが、米と水以外にアルコール添加されている種類もあり、アルコール添加の有無で大きく下記の2種に分けることができます。

  • アルコール添加が無いものは「純米酒」
  • アルコール添加が有るものは「本醸造酒・普通酒(一般酒)」

純米酒とは、お米と米麹だけで作られたお酒です。

「吟醸酒・吟醸造り」は、たくさん磨いたお米(40%以上のお米を削り、※精米歩合60%以下にしたもの)を長時間低い温度で発酵させて作ります。 手間のかかるお酒なので、精米歩合が低い吟醸酒は値段が高くなっていきます。

日本酒の種類①純米大吟醸酒

原料:米・米麹・水

特徴:原料米の精米歩合が、50%以下と決められている。(50%以上のお米を削り、精米歩合50%以下にしたもの)
価格的には高めのものが多い。固有の香味と色沢が特に良好なものです。

日本酒の種類②純米吟醸酒

原料:米・米麹・水

特徴:精米歩合が60%以下(40%以上のお米を削り、精米歩合60%以下にしたもの)の吟醸酒。
特別純米酒と同じ精米歩合が義務付けられており、酒質に差が無いものもある。

日本酒の種類③特別純米酒

原料:米・米麹・水

特徴:原料米の精米歩合が60%以下(40%以上のお米を削り、精米歩合60%以下にしたもの)又は特別な製造方法の純米酒。
原材料の種類によって酒質に違いがでる。固有の香味と色沢が良好なものです。

日本酒の種類④純米酒

原料:米・米麹・水

特徴:日本古来の酒。精米歩合による規定はなし。
純米醸造酒ともいい、濃厚な味のタイプが多い。また、原料米の精白度の高低によって味に違いが出る。固有の香味と色沢が良好なものです。

日本酒の種類⑤大吟醸酒

原料:米・米麹・水・醸造アルコール

特徴:精米歩合が50%以下(50%以上のお米を削り、精米歩合50%以下にしたもの)。
吟醸造り。固有の香味と色沢が良好なものです。
醸造アルコールを添加する目的は、増量のためではなく、発酵中の酵母に影響を与えてうまい酒造りを行うためで量は少ない。

日本酒の種類⑥吟醸酒

原料:米・米麹・水・醸造アルコール

特徴:原料米の精米歩合は、60%以下(40%以上のお米を削り、精米歩合60%以下にしたもの)。吟醸造り。固有の香味と色沢が良好なものです。
醸造アルコール添加の目的は、大吟醸と同じで、増量のためではないので添加量は少ない。

日本酒の種類⑦特別本醸造酒

原料:米・米麹・水・醸造アルコール

特徴:本醸造酒より精米歩合が低く、60%以下(40%以上のお米を削り、精米歩合60%以下にしたもの)。
醸造アルコールを添加していることがわかるような酒もあるとか。香味と色沢が特に良好です。

日本酒の種類⑧本醸造酒

原料:米・米麹・水・醸造アルコール

特徴:原料米の精米歩合が70%以下(30%以上のお米を削り、精米歩合70%以下にしたもの)。
原料米1トンあたり、120リットル以下の醸造用アルコールを添加した酒。

日本酒の種類を簡単に説明すると上記のような種類になります。

プレゼントにするなら純米吟醸酒以上の日本酒が喜ばれるでしょう。季節限定のお酒や、限定品も出ていたりするので、普段では手に入りずらい日本酒を贈るのも良いですね.

https://www.pakutaso.com/

※【精米歩合って何?】

上記の説明の中で出てきている、「精米歩合」とは、製造に使う米の芯の部分の割合を指します。

例えば、「精米歩合70%」と表記されていた場合、その酒は、玄米の外側30%をぬかとして廃棄し、内側の70%を原料に使っているということになります。精米歩合50%といったように数値が低ければ低いほど、高品質だと言われています。

磨いていない米(精米歩合の数字が高い)ほど「味わいの深さ、米の香り、重さ、鈍重さ、くどさ」などが目立ち、磨いた米(精米歩合の数字が低い)ほど「すっきりさ、香りの華やかなさ、軽さ、薄さ」といった特徴が目立ってくるそうです。

プレゼントにぴったりな日本酒5選

日本酒の種類をざっと紹介させて頂きましたので、早速本題のプレゼントにぴったりの日本酒をご紹介していきたいと思います。定番の日本酒や、新進気鋭の日本酒、女性でも飲みやすいワインのような味わいのものから、玄人受けする辛口のものなど様々なラインナップの日本酒を選ばせて頂きました。

タイトルとURLをコピーしました