【アラフィフでの離婚】必要な準備や、後悔しないために知っておきたいことは?

アラフィフになると子供も独立したり、仕事も落ち着いてきて、改めてこれからの夫婦関係について考え直しているという方も多いのではないでしょうか。そんな時、頭の中に「離婚」という選択肢が思い浮かぶ方も少なくはないはず。しかし、アラフィフでの離婚は若いころ以上に慎重になる必要があります。今回はアラフィフで離婚をする際に必要な準備や、後悔しないために知っておくべき情報をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

アラフィフでの離婚は慎重に考えましょう


https://www.photo-ac.com/main/detail/723215?title=離婚

アラフィフ。50代前後の年齢を迎える私たちは、これまでにたくさんの夫婦としての経験を重ねてきているはずです。20代半ばで結婚しているとすると、すでに25年ほど夫婦なのですから、人生の半分くらいは「夫と妻」として生きてきたことになります。

離婚が頭に浮かび始めるまでには、たくさんの原因や考えがあるとは思いますが、それが本当に懸命なことなのか、もう一度振り返って考えてみましょう。

なぜ離婚したくなったのか原因を考える

昨日今日思いついていきなり「離婚しよう!」と思えるものではありません。初めは小さなすれ違いが、度重なり積み重なって大きなすれ違いに変わっていくものです。

あなたはなぜ「離婚したい」と思うようになったのでしょうか?そのきっかけを思い出してみてください。何が決定打だったのでしょうか?もう一度振り返ってみてください。

頭に血が上っている時は「もう離婚しかない!」と思ってしまうものですが、冷静になって考える時間を持ちましょう。何度も何度も繰り返し離婚したい理由を考えてみてください。

考えた結果、どうしても分かり合えない溝や、どうしても許せない出来事があったとしたら、その時が前に進むために離婚を進めるときです。

まず冷静になって。なぜ「離婚」の二文字が浮かぶのか考えることが大切です。

今このタイミングで離婚することがベストか考えてみる

耐えがたい理由があって離婚する場合でも、勢いだけで離婚してしまうのは避けましょう。まず自分に不利なことにならないよう、きちんと話し合いをして、その後の生活に困らないように手を打っておくことが大切です。

勢いだけで、何も決めず離婚届を出してしまうと、元夫婦になってしまい、あなたの言い分は全て通らなくなる可能性もあります。

身体に危険が及ぶとか、明日の生活に困るという場合は別ですが、それ以外場合は、慌てずじっくりと以下のことを参考にしながら、今後の生活を見据えて離婚をしたほうが賢明です。

■お金に関すること

離婚を考えるのが専業主婦の方だと、まず考えるのが離婚後のお金のことではないでしょうか。自分で収入を稼ぐ手段がないと、たとえ離婚への思いが強くても現実的には難しいと思います。

まず自分の生活費が1か月でどの程度あれば最低限満足して生活できるのかをしっかり確認してみましょう。その上で、再就職への道を探り、自活できるように考えましょう。

■住むところについて

離婚をした際、あなたが今の住居から出ていくのか、それとも相手に出て行ってもらうのかそれを決めましょう。もし、あなたが今の住居から出ていくならば、新たな住居を探さなければなりません。

専業主婦だった場合、家を借りるのにも保証人が必要になります。まずは住むところの確保を。それには自立していることが大前提です。離婚を考えながら、自立への道もしっかりと考えておくことが大切です。

■心の問題

熟年離婚を後押しする理由のひとつには、子供が自立し始めて手がかからなくなったこともあります。子どもの年齢が上がれば、親の離婚という現実も、理解し受け止めやすくなるかもしれません。

しかし、もし子どもが自立していないような場合で引き取って育てることになると、その精神的負担はとても大きいものになります。今このタイミングの離婚が必要なのか、自分にその覚悟があるかどうか何度も自問自答してみてください。

また、離婚は人生の中でも非常に大きな問題であり、結婚時と違い、離婚時は相当なエネルギーを必要とします。それが今出来るのかをじっくりと見極める必要があります。

アラフィフで離婚をするメリット・デメリット

50歳前後の離婚は「熟年離婚」とも呼ばれ、最近では珍しいことではなくなってきた感があります。

それでも元は夫婦だった二人が分かれてしまうことには、何の問題もないのかというとそうではありません。重ねた年月だけ、別れる際には大きな問題も起こります。

ここではアラフィフで離婚をするメリットとデメリットを考えてみました。

メリット


https://www.photo-ac.com/main/detail/1498811?title=新しい人生へ進む

これまで夫のため、家族のためだけに捧げてきた日々。「〇〇さんの奥さん」「〇〇ちゃんのお母さん」などと呼ばれることが多く、個の自分を感じる暇もなかった人も多いのではないでしょうか。

離婚後は結婚時の姓を続けるにしろ、旧姓に戻るにしろ、あなた個人の名前で役所の書類や銀行関係の書類など作成されることになります。

夫という後ろ盾がなくなり、個の自分で生きていくことは、不安も感じるものの、妙に晴れやかな気分になる人も多いでしょう。独身時代に戻ったような新鮮さを感じることでもできます。

人生100年の時代。アラフィフで一人に戻ったとしても、まだまだ先は長いものです。楽しいこともたくさん起こるでしょう。ただし、それだけ自分に責任が必要となるので、しっかりと今後のライフプランを練っておく必要があります。

デメリット


https://www.photo-ac.com/main/detail/1721515?title=ストレスを抱える女性5

アラフィフで一人になる場合、孤独に耐えられないような人は、離婚は避けたほうがいいかもしれません。周りにいる夫婦が全て仲良さそうに見えたり、離婚した自分だけが敗者のように感じてしまうものです。そこに更年期の時期が重なると気持ちが沈んだまま浮き上がってこれないことも。

また、生活水準が下がることも考えられます。自分一人なら何とかなっても、子どもの養育もある場合は、相当生活が厳しくなることも考えられます。

アラフィフは更年期ど真ん中の時期でもあるので、心の健康を第一に。別れたほうが心が健康になれると確信したら前に進めば良いし、別れたら心のバランスが崩れそうになるのなら、少し待っても遅くはありません。

アラフィフで離婚をする際に必要な準備


https://www.photo-ac.com/main/detail/1535100?title=webの勉強〜

何度も自分で考え、出した結論が「離婚」であれば、そこから先は進むしかありません。結婚は二人で幸せになるので、勢いでもなんでもすることができます。これとは逆に離婚は、二人で積み上げてきたものをバラバラにする出来事なので、それはそれは時間かかるし、精神的負担も大きいです。

一人ではとても全てこなすことができない離婚という問題を、少しでも負担を軽くするために準備しておきたい事柄をまとめてみました。

相談できる場所を探す


https://www.photo-ac.com/main/detail/939100?title=打ち合わせをする女性1

離婚なんてそうそう人生の中に起こることではありません。なので、周りに相談しても経験者でない場合は、一方的に相手の悪口を言うだけだったり、我慢して結婚生活を続けておいた方がいいなどと、あなたが混乱するアドバイスをしてくれる人もいるかもしれません。

ここは、専門家に任せて相談できる場所に行きましょう。離婚の際には「離婚弁護士」「離婚カウンセラー」などが相談に乗ってくれます。無料の離婚相談もありますが、時間が短い上に、当たり障りのないことしか言ってくれないという話もあります。

本気で悩んでおり、相談をしてアドバイスをもらいたいならば、最初の相談はきちんとお金を払い、じっくり話を聞いてもらいましょう。

専門家は今後の行動や、これから準備しておいたほうがいいことなどを、順序立てて教えてくれます。

ただし有料でも時間は限られてり、長引けばそれだけ相談料金も増えるので、まず自分が何に悩んでいて離婚を考えているのか、きちんとまとめて話をすることが大切です。

自立できる準備をしておく


https://www.photo-ac.com/main/detail/698523?title=履歴書と職務経歴書2

フルタイムで共働きだった人ならともかく、パートや派遣社員、または専業主婦だった人が離婚をするとなると、まず考えなければならないのが自分で稼ぐことができるかどうかです。

慰謝料や養育費など、離婚しても支払いがある場合も多いですが、それでも永遠に払われ続けてもらえるかわかりません。今離婚しても困らないとしても、無職のままでは何かと不安になるものです。

自活できる道を探りましょう。ハローワークで就職相談をしたり、ネットの求人広告を探してみるのも良いでしょう。離婚前から今後の役に立つような資格を取得しておくという手もあります。

とにかく一人で生きていくことになるわけなので、そのための準備は早いうちから始めるに越したことはありません。

関連記事