まだ遅くない!50代で家を買う際に知っておきたいこと

収入や貯金も増えて、安定している50代。そんな50代で家を買いたいと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、50代で家を買うとなるとローンや老後を見据えたバリアフリーなど、さまざまな部分について考えていく必要がありますよね。そこで今回は、50代で家を買う際に知っておきたいことについて解説していきます。

公開日:    最終更新日:

50代で家を買うメリット・デメリットとは

https://pixabay.com/ja/

ここでは50代で家を買うメリットやデメリットについて、詳しく見ていきたいと思います。

50代で家を買うメリットとは

▪ライフスタイルの変化が少ない

https://pixabay.com/ja/

30代から40代で家を購入した場合、子供の誕生や進学、そして独立といったライフスタイルの変化があり、また転勤などによって家を手放さなければならなくなるい可能性もあります。

しかし50代であればほとんどの方が子育てを終えており、子供の成長に合わせてライフスタイルを変化させる必要はなくなります。

また今後のライフプランがほぼ決まっているため、自分達の使い勝手や好みを優先させ、理想の家を購入することが可能となっています。

▪通勤などの利便性をあまり重視しなくてよい

https://pixabay.com/ja/

働き盛りの年代の場合、定年まで長くそこから通勤しなければならないため、土地を購入する際に駅に違いなどの利便性を検討必要があります。

しかし立地条件の良い土地にこだわると、やはり土地や家の価格も高いなります。

一方リタイアを間近に控えた50代であれば、いずれ毎日の通勤がなくなることを考えると場所にこだわる必要性もなくなってきます。例えば駅までバスで行かなければならない場合でも、近くにスーパーや病院などがあれば、さほど不便とは感じないはずです。

▪コストや光熱費を抑えられる

50代で子供が独立した後であれば、家を購入する際にそれほど部屋数や広さは必要ありません。子供が結婚し家族で泊まりにくることを考えても、小規模の住宅で十分対応できるため、コストや光熱費が抑えることが可能となります。

●50代で家を買うデメリットとは

▪住宅ローンを組めるのか不安

https://pixabay.com/ja/

国土交通省住宅局のあるデータによると、家を買う場合に融資を受ける場合、重視される審査項目の上位は、完済時や借入時の年齢、返済負担率や勤続年数、年収などとなっています。

借入年数にもよりますが、審査を受ける時点での年齢が重要視される傾向あるため、そもそも住宅ローンを組めるのかどうか心配になる方も多いようです。

▪老後の生活が心配

家を購入する際には、ほとんどの方が老後のための資金を購入に充てることになるため、引退後の生活プランなどもしっかりと立てておく必要があります。固定資産税などの税金や維持費がどのくらいになるのか、しっかりと計算しておくようにしましょう。

そもそも50代でローンは組める?

https://pixabay.com/ja/

結論から言えば、50代でも住宅ローンを組むことは可能です。住宅ローンの最大借入可能期間は金融機関により異なりますが、一般的には35年以内で80歳までの期間とされることが多いようです。

しかし50代で長期間のローンを組むことは、老後の生活に支障をきたす恐れがあるため、定年後までローンの支払いを残すことは避けるべきでしょう。借入期間を定年までの期間としたり75歳までの返済期間としても、繰り上げ返済をしてリタイアまでに返すようにすると安心です。

また今後の夫婦の給料や退職金、年金などの収入を計算して、年金が支給されるまでの生活費や住宅にかけられる費用も計算しておきましょう。

さらにここから、毎年の固定資産税や住宅の修繕費などを差し引くと、家の購入に使える金額をだいたい把握することができます。

50代で家を買う際に気を付けるポイント

50代で家を買う場合、趣味やデザインなど自分好みにすることも大切ですが、これから一生暮らしていくことを考えれば、老後の生活のことも考えなければなりません。

そこでここでは、50代で家を買う際に気を付けるポイントについて見ていきたいと思います。

廊下は十分な広さがあるか

https://pixabay.com/ja/

今は元気でも、もしかしたら将来介護が必要となり車椅子をつかわなければならない日もくるかもしれません。

そんな時、廊下の幅が狭いと介護や歩行にも支障をきたします。また、後から廊下を広げる工事は大がかりになるため、廊下は車椅子でも十分に通れる広さがあるか、きちんとチェックしておきましょう。

床の段差や滑りやすさは大丈夫か

年齢を重ねると思ったように足が上がらなくなり、少しの段差でもでつまずくことが増えていきます。

つまずきは骨折などの原因になりますので、バリアフリーを意識した家作りが非常に大切です。

また床に使われる素材によっては、靴下を履いて歩くとツルツルと滑る場合があります。転倒事故を防ぐため、床に使う素材は滑りにくいものを選んだり、またはも仕上げ方法やコルクを敷くなど工夫するようにしましょう。

浴室は安全か

https://pixabay.com/ja/

最近の浴室は滑らない床が当たり前となっていますが、脱衣所や浴槽なども水に濡れた際に滑らないか確認するようにしましょう。

また浴室の扉は誤ってぶつかった時のことを考えて、アクリルガラスなどの安全な材料を使った方が安心です。

さらに浴槽は、年齢を重ねるにつれて足が上がりにくくなるため、だいたい40cm~45cmくらいが適切です

部屋の温度差は適切か

家を買う際には断熱がしっかりされているかを確認しましょう。部屋の温度差が大きいと、急激に血圧が上下することにより起こるヒートショックの原因になるため注意が必要です。

また冬場の浴室や廊下と部屋の温度差が大きくならないかもチェックするようにしましょう。

近くに買い物できる店があるか

https://pixabay.com/ja/

年齢を重ねてくると、だんだん行動範囲も狭くなっていきます。駅での乗り換えやバスに乗るのが大変になり、なかなか遠出ができなくなることも考えられます。

そんな時には、歩いて行ける範囲に買い物できる店や商店街などがあると大変便利です。家を購入したら、どこにどんな種類の店があるのか一度チェックしておくとよいでしょう。

さらに消防署や駐在所、また病院なども調べておくことをおすすめします。

万が一の場合の避難所になる場所があるか

現在は地震や台風などによる水害など、どこに住んでいても災害に巻き込まれる可能性があります。

防災用品など日頃の準備ももちろんで大切ですが、例えば近くに公民館や学校など、万が一の場合に避難所になる場所があるかどうかもチェックしておくとよいでしょう。

購入後に掛かる維持費などについても考えておきましょう

家を購入した後には、さまざまな維持費が必要となります。そこでここでは、どんな維持費がかかるのか具体的に見ていきましょう。

固定資産税

https://pixabay.com/ja/

土地や建物を元に算定される税金のことを固定資産税と言います。固定資産税は、毎年市区町村が税額を計算し、納税額の通知が届きます。

固定資産税は届いた納税通知書を使って納税しますが、一括払いかまたは年4回の分割払いかを選ぶことが可能となっています。

課税標準額は建物と土地により変わり、標準税率は市町村により変動します。ですからそれらの額について知りたい場合は、市町村役場の固定資産税係や都税事務所などに問い合わせるとよいでしょう。

家や土地については、課税標準額や税額の軽減措置の特例もあり、自ら特例の申請をしなくても市区町村で手続きをしてもらえますよ。

家の修繕費

https://pixabay.com/ja/

新築の家を購入しても、年数が経つと老朽化し修理が必要な箇所が出てきます。だいたい10年~15年ほど経つと、外装や屋根の塗装、キッチンやトイレ、バスユニットなどの水回りの設備の交換、畳の張替え、玄関やシャッターなどのドアの交換が必要となってきます。

ドアの交換では10万円~30万円ほど、水回りの設備交換となると場合によっては100万円~200万円以上かかる場合もあります。

火災保険や地震保険への加入

https://pixabay.com/ja/

家を購入したら、万が一の災害に備え火災保険や地震保険に加入することをおすすめします。また住宅ローンを組む際には、火災保険の加入が義務付けられている場合が大変多いです。

特に木造住宅は自然災害に弱い面があるので、保険は加入しておいたほうが安心です。

火災保険は保険会社により補償内容や保険料が異なりますが、保険料の平均額は年間約10000円~20000円となっています。

また地震保険は単体で入ることはできず、火災保険とセットになっています。国と共同運営の保険のため、どの保険会社でも金額は同じです。

火災保険や地震保険の他にも、家財が破損した際に補償を受けられる家財保険もあります。

しっかりと計画を立てて行動することが大切です

https://pixabay.com/ja/

50代は、子供が大学を卒業して就職する時期であることが多いため、家を購入するのに適した年代であると言えるでしょう。教育費の負担がなくなると、その分のお金を家の購入費にまわすことができます。特に今まで社宅に住んでいた方など、住居にかかる費用を抑えて貯蓄にまわしていた場合には、十分な頭金が用意できるためローンの借入による金利負担を軽減することができます。

また50代になると、退職までに働いて得られる収入や、退職後に受け取る年金額をだいたい把握することができます。

このように住宅の購入に充てられる費用がわかることも、50代が家を買うのに適している理由であると言えます。

50代で家を買うということは、人生にとって大きなイベントとなります。リタイア後も快適な毎日を送れるよう、家の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事