まだ遅くない!50代で家を買う際に知っておきたいこと

50代で家を買うメリット・デメリットとは

ここでは50代で家を買うメリットやデメリットについて、詳しく見ていきたいと思います。

まずは50代で家を買うメリットについてご紹介します。

50代で家を買うメリット①ライフスタイルの変化が少ない

https://pixabay.com/ja/

30代から40代で家を購入した場合、子供の誕生や進学、そして独立といったライフスタイルの変化があり、また転勤などによって家を手放さなければならなくなるい可能性もあります。

しかし50代であればほとんどの方が子育てを終えており、子供の成長に合わせてライフスタイルを変化させる必要はなくなります。

また今後のライフプランがほぼ決まっているため、自分達の使い勝手や好みを優先させ、理想の家を購入することが可能となっています。

50代で家を買うメリット②通勤などの利便性をあまり重視しなくてよい

https://pixabay.com/ja/

働き盛りの年代の場合、定年まで長くそこから通勤しなければならないため、土地を購入する際に駅に違いなどの利便性を検討必要があります。

しかし立地条件の良い土地にこだわると、やはり土地や家の価格も高いなります。

一方リタイアを間近に控えた50代であれば、いずれ毎日の通勤がなくなることを考えると場所にこだわる必要性もなくなってきます。例えば駅までバスで行かなければならない場合でも、近くにスーパーや病院などがあれば、さほど不便とは感じないはずです。

50代で家を買うメリット③コストや光熱費を抑えられる

50代で子供が独立した後であれば、家を購入する際にそれほど部屋数や広さは必要ありません。子供が結婚し家族で泊まりにくることを考えても、小規模の住宅で十分対応できるため、コストや光熱費が抑えることが可能となります。

では次に、50代で家を買うデメリットをご紹介します。

50代で家を買うデメリット①住宅ローンを組めるのか不安

https://pixabay.com/ja/

国土交通省住宅局のあるデータによると、家を買う場合に融資を受ける場合、重視される審査項目の上位は、完済時や借入時の年齢、返済負担率や勤続年数、年収などとなっています。

借入年数にもよりますが、審査を受ける時点での年齢が重要視される傾向あるため、そもそも住宅ローンを組めるのかどうか心配になる方も多いようです。

50代で家を買うデメリット②老後の生活が心配

家を購入する際には、ほとんどの方が老後のための資金を購入に充てることになるため、引退後の生活プランなどもしっかりと立てておく必要があります。固定資産税などの税金や維持費がどのくらいになるのか、しっかりと計算しておくようにしましょう。

そもそも50代でも住宅ローンは組める?

https://pixabay.com/ja/

結論から言えば、50代でも住宅ローンを組むことは可能です。住宅ローンの最大借入可能期間は金融機関により異なりますが、一般的には35年以内で80歳までの期間とされることが多いようです。

しかし50代で長期間のローンを組むことは、老後の生活に支障をきたす恐れがあるため、定年後までローンの支払いを残すことは避けるべきでしょう。借入期間を定年までの期間としたり75歳までの返済期間としても、繰り上げ返済をしてリタイアまでに返すようにすると安心です。

また今後の夫婦の給料や退職金、年金などの収入を計算して、年金が支給されるまでの生活費や住宅にかけられる費用も計算しておきましょう。

さらにここから、毎年の固定資産税や住宅の修繕費などを差し引くと、家の購入に使える金額をだいたい把握することができます。

タイトルとURLをコピーしました