【夢占い】怒られる夢を見た時の暗示・意味とは?

スポンサーリンク

「怒られる夢」とは?

これまでに怒られる夢を見たことはありますか?現実の世界でも誰かに怒られるとテンションが下がってしまうのに、夢の中でこのような夢を見たのであれば、何だか気分が悪いですよね?はっとして目覚めた経験がある方も多いはず。嫌な気分で一日が始まってしまいますよね。子供の頃、両親や学校の先生などから怒られたことがある方は多いですが、その記憶があなたの心の中にまだ残っているのかもしれません。

しかし、怒られる夢は予知夢ではないので、安心して下さい。夢占いにおいて、怒られる夢は、「どんな状況で怒られていたか」や「誰に怒られたか」という2点がポイントになります。そこで、今回は、怒られる夢の基本的な意味とあなたが怒られる夢を見るときの心理状況、そしてシチュエーション別に怒られる夢の意味・暗示をご紹介します。最近怒られる夢を見たという方も、まだ見たことがないという方も、今後怒られる夢を見た際の参考にしてみて下さいね。

「怒られる夢」の夢占いにおける基本的な意味

まず、「怒られる夢」の夢占いには、どのような意味があるのでしょうか?基本的な4つの意味を下記にてご紹介します。

基本的な意味➀:構ってほしいという気持ち

怒られる夢の基本的な意味のひとつに、「あなたの構ってほしい気持」があげられます。そもそも、「誰かを怒る」という行為の裏には、「起こる相手を気にかけている」という意味があるのです。怒られる夢は、実は相手に構ってほしい気持ちの裏返しのケースもあります。もし、相手をわざと怒らせる夢を見たとしたら、よりその意味が強まります。しかし、怒っている人が実際にあなたに怒りを抱いていることを伝えている場合もあります。現実の世界で心当たりがないか、考えてみて下さいね。

基本的な意味②:現実世界での怒りのジレンマ

怒られる夢には、現実の世界でのあなたのストレスや誰かに対する怒りがあるのに、それを表すことができず、そのジレンマがあなたの夢の中に現れてくるのです。日々の精神的なストレスを多く抱えている人ほどよく見る夢ともいえますよ。

基本的な意味③:あなたの中に直さなければいけない部分がある

最後の怒れられる夢の基本的な意味は、「あなたに直さないといけない部分がある」という意味です。そもそも、誰かに怒られるということは、あなたに問題があるからなのです。怒られるという夢を通して、夢占いは、「あなたの〇〇を改善しなさい」とメッセージを発信してくれているのです。

基本的な意味④:運気上昇のシグナル

怒られる夢は、「運気上昇のシグナル」ともいえます。怒られる夢の内容にもよりますが、夢占いでは取り組んでいることが大きく実を結んだり、これから良い方向へと進んだりするシグナルとしての意味も持っています。何か打ち込んでいることがあるなら、このまま進めていきましょう。また、トラブルなど問題を抱えているようなら、それが解決の方向に向かうという前触れでもあります。一見、怒られる夢は良くないものだと考えがちですが、夢の内容によっては吉夢となるのです。

怒られる夢を見るときの心理傾向

続いて、怒られる夢を見るときの心理傾向はどのようなものがあるのでしょうか?下記にて、代表的な3つの心理傾向をご紹介します。

心理傾向①:孤独感

怒られる夢は、あなたの「甘えや孤独感」の表れともいえます。あなたは、心のどこかで誰かに構ってほしいと考えていませんか?人は本当に寂しい時、「寂しい」と本音を言い出せないものです。口に出せず心の奥にしまい込んでしまうため、潜在意識として夢に表れてしまうのです。

タイトルとURLをコピーしました