【夢占い】夢の中に餃子が出てきたときの暗示・意味とは?

スポンサーリンク

夢占いにおける「餃子」の基本的な意味

餃子が登場する夢は、基本的に「朗報」や「秘密」などを意味します。この解釈は、餃子が味の決め手である餡を「包む」という調理法を用いていることが大きなポイントです。この「包む」という事象は、夢占いにおいては食べ物というカテゴリーを越えて、重要な何かを隠すことを意味します。つまり、餃子を食べる様子は公では知られていない情報や、隠れた秘密を目にすることを暗示しているのです。

また餃子の本場である中国では、中国読みの餃子の発音が子を授かることを指すフレーズに似ていることから、大変縁起の良い食べ物とされています。食べ物の夢は、味の良し悪しが吉凶を分けるポイントですが、前途の中国での伝承も考慮する限り、美味しい餃子を食べる様子なら、おおむね吉兆の夢と捉えても問題ないです。

そこで、今回は、夢の中に餃子が出てきたときの暗示と意味について10つのシチュエーション別にご紹介します。これまでに餃子の夢を見たことがあるという方も、まだという方も、今後餃子の夢を見た際は、以下の内容を参考にしてくださいね。

餃子の夢を見るときの心理傾向

夢占いでの餃子は、「自分と周囲の人との関係性」を表しています。例えば、最近家族との関係が上手くいっていないや、交友関係が狭く孤独を感じていませんか?もしくは、反対に恋人との関係が上手くいっており、充実した毎日を送っていますか?このように、餃子の夢には、良い意味にせよ、悪い意味にせよ、あなたの周囲との関係が上手くいっていることへの充実感や上手くいっていないとこへの不安などの心理が表れているのです。

餃子を含む食べ物が絡む夢と言うのは、その状態や味によって夢占いでは吉凶に解釈が分かれるのが特徴と言えます。夢の中で、「あなたは美味しく餃子を味わえいたか?」や「餃子を上手く作れたか?」なども吉と凶を分けるポイントになりますよ。

【状況・シチュエーション別】餃子の夢占いの意味

こちらでは、餃子の夢の暗示と意味について、10個のシチュエーション別にご紹介します。餃子の夢といえども、状況により意味が大きく異なりますので、注意深く見てみて下さいね。

シチュエーション①:餃子を食べる夢

これまでに「餃子を食べる夢」をみたことがありますか?もしあるのであれば、誰と食べていましたか?実は、餃子を食べる夢は、「誰と食べていたか」が大きなポイントになり、食べていた相手次第で、その夢の暗示や意味が異なります。下記にて、「家族」と食べていた場合、そして、「友人」、「恋人」、「一人」とに分けて、餃子の夢の意味と暗示をご紹介します。

「家族」と食べていた場合

自宅やお店などで家族と一緒に餃子を食べていた場合、夢占いでは運気が上昇していること表します。今はちょっとコミュニケーション不足気味かもしれませんが、家庭運や対人運は上昇傾向にあり、家族関係は良好な状態になっていくことを夢占いは暗示していますよ。そのため、最近家族関係に不安を抱いている方は、安心して下さい。徐々に良い方向へとすすんでいきますよ。

「恋人」と食べていた場合

お付き合いをしているパートナーと餃子を食べていた場合、恋愛運が高まっていることを意味する夢占いとなります。パートナーとの関係がより進展したり、何らかの理由で拗れていたとしても改善へと向かうことを夢占いは示しています。そのため、現在のパートナーとの関係に不安を抱いてる方も、改善が見込めるため、安心して下さいね。

「友人」と食べていた場合

お店や自宅などで友達と一緒に美味しく餃子を食べていたなら、交友関係が大きく広がることを意味する夢占いとなります。友達と一緒に食べていた餃子が熱々で美味しそうであったなら、さらに広く友人の輪が広がります。今後の出会いを大切にしてくださいね!

「一人」で食べていた場合

一人で餃子を食べていた場合、今のあなたが寂しさや孤独感を抱えていることを暗示する夢占いとなります。「もっと人と関わりたい」、「周囲の人と仲良くなりたい」という思いの表れと言えるでしょう。対人運自体は上昇傾向ですので、無理をしない程度の自分のペースで人と関わるようにすることで、より運気が開けますよ。少しずつで構わないので、人との関わりを意識的に増やしてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました