結婚する上での大きな不安となる姑問題!上手に回避する方法

スポンサーリンク

結婚生活で問題になりやすい「姑問題」

女性であれば、結婚したら誰しもが一度は直面する可能性があるのが、いわゆる嫁姑問題です。

これはまさに結婚生活とは切り離すことのできない、永遠のテーマであると言えるでしょう。

結婚式の直後までは、姑との関係がうまく保つことができます。しかし元々は他人同士であり世代の違いによる考え方の違いなどもあるため、同居や別居に関わらず、どこかで折り合いをつけようと思えば、徐々に無理が生じやはりお互いに我慢や忍耐が必要になってきます。

息子の結婚を喜び、嫁と親しくなりたいと姑が思うのは非常によいことですが、 嫁姑の不仲という問題を抱えている夫婦が多いという現実もあるため、関係が悪化する前に十分注意する必要があるでしょう。

結婚生活で姑とトラブルになりやすい問題とは?

多かれ少なかれ、嫁姑問題はどこの家庭にもあります。では特に結婚生活でにおいて姑、とトラブルになりやすい問題には一体どんなものがあるのでしょうか。以下で詳しく見ていきたいと思います。

姑とトラブルになりやすい問題①子離れや親離れができていない

https://www.photo-ac.com/

特に一人息子の場合は、母親である姑が子離れできていないケースがよく見られます。

更に専業主婦で子育てが生きがいだったという母親の場合、息子が結婚して一人前になるのが嬉しい反面、内心は複雑なのかもしれません。

また結婚するまでずっと実家暮らしで、料理や洗濯などの家事を全てを母親に任せていた息子や、反抗期がなかった優しい、どちらかというと気の弱いタイプの息子も、なかなか親離れすることができない傾向にあります。

そしてこういう息子は、母親の指示に従っていれば間違いないという気持ちが心のどこかにあるため、妻に対しても内心母親を頼りにすればいいと考えています。

このような場合、せっかく自分が料理を作っても姑の味と比べられてしまったり、特に同居で姑が家にいる場合、夫の世話などを全て先回りしてされてしまうこともあり、妻にとってはかなりストレスとなり嫁姑問題の原因にもなります。

姑とトラブルになりやすい問題②世代の違いによる価値観の違い

https://pixabay.com/ja/

夫とはそれぞれ違う家庭で育ったのですから、価値観が違うのは当然であると言えるでしょう。

しかし姑の気持ちの中に、嫁に対して自分の家のやり方を教えようという気持ちがある場合は、どちらも多少ゆずり合う気持ちがなければいさかいの原因となってしまう可能性があります。

また地方と都会という地域性の違いにより祭事の方法なども異なり、その暮らしぶりも違ってきますから、やはりこれがきっかけで嫁姑関係がこじれるケースもあります。

時代が変わり、嫁としての在り方や子育ての方法なども変わってきています。

ですからどうしても姑の世代とはズレが生じてくるため、世代の違いによる価値観の違いは嫁姑問題の争点になりがちです。

姑とトラブルになりやすい問題③孫を甘やかし過ぎてしまう

結婚して孫が生まれると、また今までとは異なる新たな嫁姑問題が生じます。

姑の気持ちとしては、孫が可愛いあまりに「こんなに薄着で寒くないの?」「あんなに泣いてるけど母乳が足りないんじゃないの?」とついつい嫁に対して口も手も出してしまいたくなるようです。

嫁側としても初めての育児でさまざまな不安や戸惑いがある中で、姑にそんな風に言われたらついイライラしてしまいますよね。

産後は母親も育児疲れでナーバスになりやすいですし、ストレスが溜まって最悪の場合産後うつになってしまう可能性もあります。

また孫可愛さに何でも欲しがるものを買い与えたり、母親に隠れてお菓子ばかり与えたりするケースもあり、このようなことも嫁姑の不仲の原因となってしまう場合もあります。

トラブルを回避して、姑との関係を良好に保つコツ

ではこのようなトラブルを避け、姑とよい関係を保つためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました