婚活で相手をキープするのはあり?キープによるメリット・デメリットとは

婚活をしていると、「この人いいかも」と感じる男性が数人現れることもありますよね。しかし、あまり早い段階で1人に絞るのはなかなか難しいものです。そんな時に「キープ」を考えたことのある女性も多いのではないでしょうか。今回は婚活で男性をキープすることによるメリット・デメリットについてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

そもそも、婚活で「キープ」はOK?NG?

https://pixabay.com/ja/

あなたは「キープ」という言葉にどんなイメージを持っていますか?

複数の異性から好意をもたれていることを良い事に、あっちにもこっちにも良い顔をしている。ちょっと「二股」に近いイメージを持っている人は少なくないでしょう。たしかに、恋愛ではそのような意味で使われます。

でも、婚活での「キープ」はちょっと意味が違います。普通、恋愛が始まるときにいきなり恋人同士になるなんてありえないですよね?まずは知り合い程度の関係から始まって、よく話をする友達になって、そこからお付き合いに発展します。

https://pixabay.com/ja/

では、婚活の場合はどうでしょう?

婚活は、知り合う時点で「結婚相手」候補です。ですが、会ったばかりでは彼の人柄はわかりません。婚活相手は、これから好きになれるのかどうかすら、未知数の相手なのです。

そんな状態で迷いなくお付き合を始められる人は、中々いませんよね。ですから、「好きになるかもしれない」男性を「キープ」するのです。「好きになるかもしれない」男性が一人しかいなければ、その人を好きになれなかった時にまた一から始めなくてはいけません。

迷っている時間にも、他の「好きになるかもしれない」男性候補がいればダメになったらそちらにいけばいい。効率的ですよね?

あなたの時間には限りがあります。婚活は通常の恋愛よりも効率を重視するものなのです。ですから、「いいかも?」と思う相手が複数いるのであれば、友人、知人としての関係として複数の男性を「キープ」とする事は何の問題をありません。

男性をキープすることによるメリット

婚活でのキープは、真剣なお付き合いをすることではなく、男友達を増やすようなものです。でも、結婚がしたくて婚活をしているのに、男友達程度の関係をキープすることのメリットは何なのでしょうか。

男性とのデートに慣れる

親しくなる前の男性とのデートって、どうしても緊張しますよね。初めてのデートでは、相手をよく知るどころか緊張から何を話したのかも覚えていないなんてこともあるでしょう。

そんなデートも新鮮ですが、それではあなたの魅力はお相手に伝わりませんし、お相手の魅力を知ることも難しいですよね。経験が少ないと、緊張も大きくなります。ですから、複数の男性をキープしてデートの数を増やせばリラックスしてデートに臨む事ができるのです。

「婚活に慣れるなんて…」と思うかもしれませんが、結婚は一生のことです。しっかりお相手を見極めるためにも、リラックスしてデートに臨むことは大切です。

関連記事