手遅れになる前に!40代で現れる老化の症状&予防方法

40代は外側も内側も老化が始まってくる時期

2016年の日本人女性の平均寿命は87.14歳と発表されています。人生80年以上生きるようになったのですが、体の老化というのは40代からはじまるのです。40代は仕事や子育てをバリバリとこなして、気持ちも元気な世代。

しかし、身体にはじわじわと老化の波が押し寄せてきています。40代に入って、「最近疲れやすくなった」、「最近太ってきたな」、「小さい字が見えにくくなった」、そんな風に感じているのなら、それは老化が始まっているサイン。

でもがっかりしないで!老化の進行を完全に止めることはできなくとも、様々な努力で遅らせることは可能なのです。まずは40代から始まる老化の様々な症状をみてみましょう。

40代で始まる老化の症状にはどのようなものがある?

40代で始まる老化の症状①容姿が変化していく

小じわ・ほうれい線の顔の老化

人によって差はありますが、40代くらいから顔にほうれい線や小じわが表れて来るのはよく知られています。その原因は肌の弾力の低下。肌の真皮はコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンといった成分によってハリを保っています。

しかし肌の老化によってこれらの成分が減少、肌がハリを失って小じわ、ほうれい線の原因となってしまいます。また、紫外線を浴びると老化の原因となる活性酸素を発生させてしまいます。これが増え続けると肌にダメージを与えてしまい、肌のハリ、水分が奪われて顔の老化を招いてしまいます。

シミ・そばかすなど肌の老化

40代よりも前、30代くらいからシミが増えたな、感じている女性が多いようです。シミの種類は大きく分けて3種類あります。

「老人性色素斑」

老人性というくらいですから老化してできるシミと思われがちですが、実は20代後半くらいからでき始めて、40代では実に60%、80代ではすべての人に出てしまうといわれている「老人性色素斑」。紫外線が主な原因で、紫外線をより浴びやすい箇所、顔、手、腕、デコルテにできやすいのです。また加齢により肌のターンオーバーが乱れてきてメラニン色素がうまく排出されず肌にシミとして肌に沈着してしまうのも原因の1つです。そのシミの種類は大きく分けて3種類あります。

「肝斑」

両頬、目の下あたりに左右対称に出ているシミのこと。妊娠、経口避妊薬の服用をきっかけにでてしまうこともあり、女性ホルモンが関係しているとみられています。一度できてしまうと紫外線を浴びることでさらに濃くなることもあります。

「炎症性色素沈着」

肌は強い刺激を受けると表皮のメラノサイトが活性化されてしまい、いつもより多くのメラニンが作られてしまいます。そのため、肌の色が濃くなってしまいシミのようになってしまうのです。肌への強い刺激となるものは皮膚炎、ニキビ、湿疹、熱傷、外傷、虫刺されなどがあります。

抜け毛や白髪といった髪の毛の老化

加齢に伴う女性ホルモンの減少、紫外線、乾燥、これまでのヘアケア(シャンプーやパーマ、スタイリング剤の使用)、ストレスなど様々な原因で髪の毛は老化していきます。髪の毛が老化すると、髪が細くなる、キレ毛が多くなる、髪の毛が赤茶っぽくなる、白髪が多くなっていきます。

40代で始まる老化の症状②急に太り始める

タイトルとURLをコピーしました