【アラフィフの恋愛】50代で結婚したい人へ。50代の結婚事情&パートナーの見つけ方

スポンサーリンク

50代でもまだ結婚は目指せる?

50代で結婚と聞くと、「50代でも結婚まだ間に合うの?」と疑問に感じる方が多いですが、近年の日本では晩婚化や離婚者数の増加が進み、50代での結婚や婚活が一般化しています。そして、もちろん世の中には、50代でも婚活を成功させ、結婚している方がたくさんいます。

50代で婚活中の方は、生涯独身を貫いてきた方だけではなく、離婚や死別で今独身という方もいます。ずっと独身を貫いてきた方も何らかの理由でパートナーと別れてしまった方も、50代にさしかかり、急に寂しさを抱いたり、老後は誰かと共に生きていきたいと感じ始める方が多く、婚活をスタートさせるのです。

さらに、年を取っていくうえで独身だと不便なことも出てきますし、これからやってくる老後を、お互いに支えあいながら過ごしていくパートナーを求める需要が高いのです。

そこで、今回は50代の婚活者に向けて、「50代の人が結婚相手を見つける方法」、「50代で素敵なパートナーに出会うために気を付けたいこと」、「結婚に向けて備えておくべきこと」、そして「結婚後の生活について大切なこと」をご紹介します。

50代婚活者や結婚希望の方、希望を捨てずに下記の内容をぜひ参考にしてくださいね!

50代で結婚相手を見つける方法方法

50代の人が結婚相手を見つける方法としては、婚活サービスの利用が現実的です。さらに、50歳を過ぎると、普通の婚活ではなく、シニア婚活・中高年向けの婚活をすすめられるようになります。

多くのシニア婚活サービスにおいて、入会条件は男性50才以上、女性は45才以上というのが相場です。ここに集まる人の約7割に婚姻歴があり、男性の中心層は60代、女性は55才となっています。

こちらでは、主な婚活サービスの「婚活パーティー」、「結婚相談所」、「婚活サイト」の3つを利用した結婚相手を見つける方法をご紹介します。

50代で結婚相手を見つける方法①:婚活パーティーへの参加

婚活パーティーとは、結婚を目指した男性と女性が出会いを求めて会場に集まり、直接会って交際相手を見つけるパーティーです。一般的には場所、開催日時が決まったパーティーに申し込みをして参加します。

パーティーの企画内容にもよりますが、よくあるパターンとしては、1対1の会話、自由に話せるフリータイム、食事がでるパーティー形式など様々です。基本的には運営のスタッフが司会を進行し、気になるお相手とカップリングしたり、連絡先交換をするパーティーもあります。

この婚活パーティーは、最近では街の至る所で開催されていますが、50代で婚活をするのであれば、シニア向けの婚活パーティーへの参加をおすすめします。30代向けや40代向けの婚活パーティーもありますが、年齢層が異なるため、本当に結婚相手を見つけたいのであれば、現実的な方法とはいえません。

また、最近では、50代以上の方向けのシニア婚活パーティーも多数開催されています。このような場に出かけて行くことによって、普段とは違う刺激も受けられるというメリットもあります。

婚活パーティーは、異性との出会いを目的に参加するものではありますが、同じような50代の同性の方のファッションや髪型、しぐさや振る舞い方などを見て、参考にしてみるのもおすすめですよ◎

50代で結婚相手を見つける方法②:結婚相談所を活用

50代で結婚相手を探すのであれば、「結婚相談所」の利用は欠かせません。結婚相談所とは、出会いの場の提供と相談を受け付ける窓口であります。

最近では、晩婚化に伴って、シニア向けの結婚相談所もあります。このような結婚相談所の利用者は、もちろんほとんどの方が50代以上のため、効率的かつ現実的な婚活をすすめていくことができます。

結婚相談所では、あなたの理想のタイプや結婚相手に求める外せない条件などをヒアリングしてもらったうえで、あなたにあった相手を紹介してくれるため、効率良く婚活をすすめていくことができます。

しかし、お金を出して、結婚相談所を利用したからと言って、絶対に結婚相手が見つかるというわけではありません。結婚相談所はあくまであなたに合った相手を紹介し、アドバイスをしたり、相談などを受ける場であり、最終的にはあなたの努力が必要であることを忘れないでください。

タイトルとURLをコピーしました