40代独身男性が考えるべき、「これからの人生の過ごし方」とは?

人生の折り返し地点でもある40代。40代の多くの人は結婚をして、子育ても終盤に近い段階という方が多いのではないでしょうか。そんな中で自分だけが独身だと、「自分の人生はこれでいいのだろうか」と考えてしまいがちですよね。そんな時こそ、これからの人生について改めて考えて、自分の進むべき方向を再確認しましょう。

公開日:    最終更新日:

40代でも独身の男性の割合が増加中

https://pixabay.com/ja/

あるデータによると40代の独身男性の割合は、40~44歳で29%、45歳から49歳で25%となっており、だいたい40代男性の4~5人に一人が独身であるという結果が出ています。

ちなみに40代女性と比べても男性の未婚率の方が高くなっており、40代独身男性は年々増加傾向にあります。

40代女性の未婚率が男性より低い理由としては、高齢出産のリスクなどを避けるために、男性よりも早い時期から結婚を考え始めることが挙げられます。

しかし男性の場合は、特に30代~40代は働き盛りであり、仕事が忙しい方が多いため女性よりも結婚を意識し始める年齢が遅れがちとなり、未婚率が高いと想像できます。

40代独身男性は一度立ち止まって、自分の人生の見直しを

https://pixabay.com/ja/

もし40代の独身男性に「あなたはこれまで生きてきた中で、一度も人生をやり直したいと思ったことがありませんか」と質問したら、どれぐらいの方が何の迷いもなく胸を張って「はい、一度もありません」と自信を持って答えるでしょうか。

40代ともなればつまり人生の半分が過ぎてしまったことになり、急に不安に駆られたり「本当にこれで良かったのだろうか」と一度立ち止まり、自分の人生を振り返る方も多いでしょう。

例えば仕事の面で言えば社会人となって20年程が経ち、後輩や部下もできてある程度は責任のある地位についている方もいることと思います。

そんな時に、ふと定年までこのままこの会社でずっと仕事を続けていてもいいのだろか、と漠然と不安を感じることもあるかもしれません。

しかしそうは思っても、では実際には何から手をつけてよいのか全然分からないと思っても、無理のないことであると言えるでしょう。

そんな迷いが生じた際には焦って行動したりせず、まずは一度じっくりと自分の人生を振り返ってみることをおすすめします。

結婚、仕事、趣味…自分が一番重視したい何かを決めるべし

親の考え方が反映される40代の結婚

https://pixabay.com/ja/

40代になると、自然に周りにはだんだん既婚者が多くなってきます。ですから男性でも独身であれば、親や周囲などから「なぜ結婚しないのか」などと実際に言われたり、または無言のプレッシャーをかけられることもあるでしょう。

実はこのように「結婚しなさい」という周囲の声に悩んでいるという40代独自男性は意外と多いようです。

この背景には、今の40代の親世代の結婚への考え方が大きな影響を与えていると思われます。

この世代はいわゆる家長制度を重んじた世代であり、ある程度の年齢に達すれば結婚し、長男または長女が家を継ぎ、子供をもうけて育てそして親の面倒を見ることが当たり前であるとされてきました。

https://pixabay.com/ja/

しかし今は時代の変化とともに結婚に関する考え方も変わり、生涯独身のままでいる方も少なくありません。

ですから結婚したくないと自分自身が思うのであれば、無理に結婚する必要特にないと言えます。

もし周りからのプレッシャーに負けしぶしぶ結婚したとしても、自分の本位ではないため、その後の結婚生活もうまくいかない可能性が高いでしょう。

とにかく自分の気持ちを最優先に考えていくことが非常に大切であると言えるでしょう。

関連記事