体型カバー&オシャレを実現!40代のためのワイドパンツコーデ特集

40代になると余分な脂肪やたるみが気になってくるころ。外出する時にも、できる限りお尻や脚を隠せる服を選んでいる方が多いのではないでしょうか。しかし、そのような体型をカバーしてくれる服というのはどうしても所帯じみた感じが出てしまいがち…。そんな時にオススメなのがワイドパンツです。ワイドパンツであれば、体型カバーをしつつオシャレにきめることができますよ♪

公開日:    最終更新日:

体型カバー&オシャレをしたいならワイドパンツ!

あれ?

鏡や写真に写る自分自身の姿に、違和感を覚えるお年頃が、30代後半から40代ではないでしょうか。

20代から30代前半、いままで着ていた洋服が急に似合わなくなったような…。それは好みのデザインが変わったからかもしれない。

でもそれだけではない。

知らず知らずのうち、脂肪やたるみにより、体型が変わってきていたのです。

「何を着ていいのかわからない…」と途方にくれる、まさにファッションクライシスの到来です。そして、なんとか体型を取りつくろうように、できる限りお尻や脚を隠せる服を選んでいる方がきっと多いのではないでしょうか。

でも、そういった体型をカバーしてくれる服というのはなんとなく野暮ったくもあるような…。毎日同じような型の服を着ているのも辛いところ。

そんな時に、ぜひ取り入れてほしいオススメアイテムなのが、「ワイドパンツ」です。

ワイドパンツであれば、体型カバーをしつつ、流行のおしゃれな着こなしを楽しむことが出来るんです!

 ワイドパンツって?

それは、シンプルにいうと、幅の広いズボンのことです。ストンとまっすぐなストレートタイプのものから、ガウチョ、スカーチョ、スカンツなど、スカートのように裾が広がっているタイプのものまで、様々なタイプが展開されています。

ゆったりとした履き心地とシルエットが特徴なので、そのシルエットが、気になるヒップや足の太さなど、気になる下半身のもたつきを、うまく隠してくれるというわけです。

https://www.instagram.com/p/B5obiJ-ncWl/media/?size=l

数年前より、ワイドパンツはトレンドアイテムなので、型だけではなく、たくさんの素材や柄物をショップで見かけることができます。

自分の体型に合ったものが見つけやすいワイドパンツ市場が大きくなっているのがうれしいところ。

http://instagram.com/p/Bl2BBN8FxL7/media/?size=l

また、普通のパンツなら選ばないかなと思うような華やかなカラーものや柄物も、なぜだかワイドパンツなら手に取りやすく、違和感なく着こなせるのがワイドパンツ・マジックなのです。

https://www.instagram.com/p/B5uhiShDvrj/media/?size=l

ワイドパンツの流行は、女性だけではなく、男性のファッションアイテムとしても取り入れられて

います。ゆるいシルエットが、男性のかっちりした骨格をぼやかして、親しみやすくかわいらしいですよね。

ワイドパンツを選ぶ際のポイント

そんなワイドパンツ。体型カバーのアイテムとしてはもちろん、着こなし便利アイテムとしても、色々なシーンで活躍できる優れものなのです。

どんなシーンで着ようかな?

思いを巡らせながらワイドパンツを探せば、使える!という運命ワイドパンツにきっと出会えます。

その鍵を握るのは、「素材」だと思うのです。

たとえばカジュアルシーン

https://www.instagram.com/p/B5uamvNhWUo/media/?size=l

 素材がデニムやチノ、麻のもの。

スニーカーやサンダルとの相性がとっても良い、カジュアルなシーンに、ヘビロテ間違いなしのアイテムです。

デイリーなワードローブ、公園の散歩。ちょっとしたアウトドアの休日など、身体を動かすシーンの、おしゃれの強い味方になってくれます。

https://www.instagram.com/p/B05VTYzFagi/media/?size=l

たとえば、デニムは、季節を選ばず履くことができますし、しっかりした素材なので、気になる身体のラインを拾わない。

体型をカバーするにはとっても頼もしい存在です。

 

夏の暑い時期には、パンツスタイルが暑苦しく思うことも多いですが、その点、幅の広いワイドパンツは通気性がよく蒸れにくい。

麻素材のもの選べば、着心地はやわらかく、夏のファッションには最適です。

 

スリットが入った薄手の生地も、涼しげですね。

https://www.instagram.com/p/B1ShIzUnYA3/media/?size=l

ワイドパンツのゆるやかなシルエットが、ボーイッシュになり過ぎない、女性らしさを演出してくれます。

たとえばオフィス・お出かけシーン

https://www.instagram.com/p/B5zywDlpT5K/media/?size=l

 なるほど、ゆったりとしたワイドパンツなので、カジュアルにはよいけど、オフィスやどこかへのお出かけなど、フォーマルの場では難しいかも・・・?と感じる人は多いかもしれません。

でも、光沢がある生地や、しっかり目のポンチ素材、ドレープが入ったものなら、しっかりと上品な雰囲気で着こなすことができます。

秋冬にツイード素材を選べば、上品なトラッドスタイルにも。

https://www.instagram.com/p/B5eWYyzhr9q/media/?size=l

センターラインが入ったワイドパンツも、カチッとした雰囲気を出してくれます。

https://www.instagram.com/p/B5tZqkwAu-D/media/?size=l

繊細なドレープがはいるとグッとエレガンスになります。

https://www.instagram.com/p/B2onrHyDIQN/media/?size=l

足元に先がシャープなパンプスを持ってくるのも、キリっと決まっていいですね。

ヒールがあるものであれば、足長効果も期待できます。

https://www.instagram.com/p/B5q-vjdBPwr/media/?size=l

40代のためのワイドパンツコーデ特集

 では実際、ワイドパンツをどのように着こなしていけばよいのか?

いくつかご紹介していきます。

https://www.instagram.com/p/B5vMhV9hWya/media/?size=l

こちらは色のグラデーションを意識した女性らしいスタイル。

ワイドパンツはやわらかい素材のものを使っていますが、トップスにシャツとニットを持ってくることで、カジュアルときれいめの、いいところどりが活きているコーデです。

https://www.instagram.com/p/B5DG1dZj6zq/media/?size=l

 ワイドパンツに付属している大き目のベルトがウエストマークに。

ピッタリしたトップスと、裾がふんわりと広がるワイドパンツの組み合わせのバランスが◎。足長効果も効いていますね。

https://www.instagram.com/p/B5qyyz2gkeh/media/?size=l

トップスがざっくりニットでボリュームが大きいときは、ワイドパンツは控えめの幅のストレートのものをチョイス。そうすると、下半身が細く見えますし、バランスもいいですね。トップス・ボトムスが同系色で、ボトムスに濃い色を持ってきているのも、引き締まった効果が出るのでおすすめ。

 

https://www.instagram.com/p/B41kkSUHRo6/media/?size=l

シフォン素材のワイドパンツとハイヒールをボトムスに持ってくることで華やかに。

キメすぎたくないときに、トップスはカジュアルなボーダー柄を。

カジュアルとキレイめのMIXコーデです。

 

ワイドパンツをコーデに取り入れる際の注意点

 ワイドパンツの魅力がわかってきたところで、ここは気をつけるべき!という注意点もご紹介しておきます。

たくさんの種類のワイドパンツを、たくさんのショップで見つけることができますが、すべてのタイプが体型カバーをしてくれるとは限りません。

小柄・低身長の人の注意ポイント

https://www.instagram.com/p/B2MHJA1l-l0/media/?size=l

 幅が広めのものや、ロング丈のもの、裾が大きく広がっているもの、これらのタイプは体型が小柄な人には要注意です。

下半身に重心がかかっているかのように見えてしまいますし、足も本来より短く見えてしまう可能性も。

 

https://www.instagram.com/p/B5E-8xdFhvf/media/?size=l

幅が控えめのワイドパンツや、ミドル丈のものであればきっと上手に着こなせるはずです。

 

骨格がしっかりしている・おなか周りが気になる人の注意ポイント

https://www.instagram.com/p/ByZwGr9g18Q/media/?size=l

骨格がもともとしっかりしていて、お腹や腰回りが立体的にみえる人、脂肪やたるみが気になる人が失敗しがちなのは、リボンやギャザーなど、ウエストにボリュームがあるタイプのワイドパンツ。

https://www.instagram.com/p/BtAF8VOnKok/media/?size=l

タックやギャザーがたくさんついているものも、華やかでつい手を伸ばしたくなるのですが、要注意。

気になるお腹と腰回りが、さらにボリューム感アップで、体型カバーとは逆効果になります。

 

 

https://www.instagram.com/p/B5uWPQ-F-qe/media/?size=l

ウエストに装飾のない、すっきりしたタイプのものを選ぶと、

そのようなトラブルを回避でき、スマートで、スッキリと決まりますよ。

 

トップスとのバランスにも注意

 もうひとつ注意しておきたいのは、ワイドパンツを履く際の、トップスです。

ワイドパンツがゆるやかな型をしているため、トップスもボリュームのあるものを持ってくると、なんだか野暮ったくなる恐れがあります。

トップスにボリュームがある場合は、ワイドパンツは幅が広がり過ぎないものを。

https://www.instagram.com/p/B5woA_AlMDZ/media/?size=l

また、ロング丈のトップスも、アンバランスになり、足の長さが短く見えてしまいがち。

丈が短めのものや、裾はワイドパンツにインすると、シルエットがスッキリしますし、足長効果も得られます。

体型カバーやおしゃれ着こなしアイテムとして心強いワイドパンツ。

でも、選び間違えるとマイナスになることがあるので、自身に合ったタイプのワイドパンツを見極めることはとっても大切です。

自分の体型にピッタリのワイドパンツに出会えれば、心強いファッションアイテムになってくれますよ。

ワイドパンツでオシャレな40代に♪

https://www.instagram.com/p/Bxwh22bnjRT/media/?size=l

 ワイドパンツは、幅の広さによって、パンツにも、スカートにも見える、不思議なアイテムです。

パンツにはない「隙」、スカートより甘すぎない控えめ感。パンツとスカートの中間を思わせるそのシルエットのゆるさが、体型カバーを手伝ってくれますし、カジュアルにもキレイめにもコーディネートで変化できるという秘密なのかもしれません。

体型カバーをしつつ、いまの流行を取り入れることができる、40代の救世主、ワイドパンツ。

ぜひ、あなたのクローゼットに、迎え入れてみませんか。まさしくワイドパンツのように、あなたのファッションコーデの幅がきっと広がりますよ。

 

関連記事