【婚活疲れ】婚活に疲れた人必見!婚活を辞めたくなった時の対処方法

スポンサーリンク

婚活の落とし穴である「婚活疲れ」

婚活の落とし穴として、「婚活疲れ」を感じている女性は実は多いです。婚活を始めたころは、結婚願望が高く、結婚相手への理想像もはっきりしているのですが、婚活が長引いたり、理想とする男性になかなか出会えないと、婚活のストレスや疲労を感じ始める方がほとんどです。

そこで、今回は、婚活疲れを感じ始めている方に向けて、婚活に疲れやすい人の特徴、婚活疲れの原因や対処法についてご紹介します。婚活に疲れを感じている方は、以下の内容をぜひ参考にしてくださいね!

婚活に疲れてしまいやすい人の特徴は?

最初にこちらでは、婚活に疲れやすい人の特徴をご紹介します。婚活に疲れを感じている人には、いくつかの共通点があります。婚活に疲れを感じ始めている方は、下記の内容をぜひ参考にしてくださいね!

婚活に疲れてしまいやすい人の特徴①:相手への理想が高い

まず、婚活に疲れてしまいやすい人の特徴として、「相手への理想が高いこと」が挙げられます。

婚活をいざ始めてみると、相手に求める理想がどんどん高くなってしまう方がほとんど。最初は最低限の理想しかなかったのに、色んな異性を見るうちに条件が具体化されて、求めるものが多くなってしまうのです。

「年収が高い方がいい!」や「外見も大切!」、「趣味が合う方がいい!」などの理想が次々にあがり、しまいには「もっといい人がいるんじゃないか?」という気持になってしまいます。

このようになってしまうと、なかなか自分の理想とする相手に出会うことができず、婚活が長引いてしまうのです。

婚活に疲れてしまいやすい人の特徴②:プレッシャーを感じやすい

「プレッシャーを感じやすい人」は、婚活に疲れを感じやすいです。

特に女性は、出産などの関係で、男性以上に年齢を意識することが多く、結婚に対してタイムリミットを感じている方は非常に多いです。 そのため、「早く結婚相手を見つけなければ!」というプレッシャーを絶えず感じており、婚活疲れに陥りやすいのです。

近年、晩婚化が進んでいる日本ですが、出産や老後の資金集めなど長い人生を考えた際に、様々なことが手遅れになると感じ、30代中盤から後半にかけての女性が焦りを感じて婚活を始める方が多いのです。

婚活に疲れてしまいやすい人の特徴③:自分に自信がない

続いて、「自分に自信がない方」も、婚活に疲れを感じやすい傾向にあります。特に結婚相談所などで婚活をされていると、自分の条件に合った人が見つかっても、その人から断わられるということはよくあります。

そのような時は、「たまたま相手の好みに自分が合わなかっただけ」や「縁がなかったんだ」と考えればいいのですが、自分に自信がない人は、断わられるたびに「自分に魅力がないからだ」と考えてしまいがちです。

このようなタイプの方は、一度断られただけで、傷付いてしまう傾向にあります。さらに、次の人からもまた断られてしまうのではと恐れを感じ、ストレスが溜まりやすく、疲れてしまうのです。

婚活に疲れてしまいやすい人の特徴④:結婚しないと幸せになれないと考えている

「結婚しないと幸せになれないと考える人」は、意外にも世の中に多いです。このようなタイプの人は、結婚していない今の自分を否定し「結婚することで、今とは違う人生が歩める」と考えて、婚活に熱心に取り組みます。

しかし、「結婚=幸せ」という動機からの努力は、実はとてもしんどい婚活になりがちです。というのも、このような考えは、「結婚相手に幸せにしてもらおう」という他力本願であるからです。他力本願が強くなると、もちろん結婚や結婚相手に求めるもの、そして理想が高くなりがちです。

理想や相手に求めるものが多くなれば、その分あなたの希望に合致したパートナーに出会える確率が低くなり、婚活は長引きます。そのため、結婚で幸せを掴もうとする婚活者は、疲れを感じやすい傾向にあるのです。

婚活で疲れを感じてしまう原因とは

上記にて、婚活に疲れやすい人の特徴についてご紹介しました。もし、自分に当てはまるものがあったという方は、注意が必要ですよ!

続いてこちらでは、婚活に疲れを感じてしまう原因についてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました