長く続く息苦しさ…それは自律神経の乱れが原因かも

長く続く息苦しさに困っている方はいらっしゃいませんか?息苦しさは日常生活にも支障をきたしてしまう厄介な症状ですよね。特に持病などもないのに息苦しさが続く場合、それは自律神経の乱れが原因である可能性があります。原因や対処方法を知って、息苦しさが収まるように正しい対策をしていきましょう。

公開日:    最終更新日:

自律神経の乱れによって起こる症状に「息苦しさ」がある

https://www.photo-ac.com/

自律神経とは自分の意識と関係なく、体の組織と脳をつないでバランスをとってくれる神経です。交感神経と副交感神経に、分類されています。

交感神経は、昼間の仕事や運動をするときに働きます。副交感神経は、夜寝る前やリラックスしているときに優位になる神経です。

私達の健康と関連が深い2種類の神経が、バランス良く保たれていると自律神経は安定するでしょう。

しかし自律神経が乱れてしまうと、心と体に不快な症状が出てきます。自律神経の乱れは血液循環や体温調節、消化機能に影響があるので内臓の働きが悪くなります。免疫機能が正常に機能しなくなると、風邪などの病気にかかりやすくなるでしょう。

体の不快な症状には、吐き気や多汗、全身のだるさや頭痛・肩こり・めまいなどがあります。そして、息苦しさを感じる人も多いという結果が出ています。

自律神経の乱れによる息苦しさの原因

自律神経の乱れによって息苦しさを感じるのは、どのような原因があるでしょうか?

ストレス

https://pixabay.com/ja/

私達は日常でストレスを感じると、副腎皮質からコルチゾールやアドレナリンが分泌されます。このようなホルモンの分泌で、血圧や血糖値が上昇します。

ストレス状態から体を守るためのホルンモンですが、過剰に分泌されると免疫力が落ちてきます。免疫力が落ちてくると、自律神経の働きが悪くなります。

生活習慣の乱れ

https://pixabay.com/ja/

普段私達が行っている食事や睡眠などの、生活習慣と自律神経とはどのような関係があるでしょうか?

睡眠不足になると朝起きて、頭がボーッとしたりちょっとのことでいらいらすることが増えてきます。睡眠中は副交感神経が働いているので、心身の疲れをとって細胞の修復が行われています。睡眠不足になると疲れがとれないので、血流が悪くなり自律神経の働きがスムーズでなくなります。

忙しくて栄養のことを考えていない方も、自律神経の働きを悪化させるでしょう。食事をするときは交感神経が活発に動き、その後消化吸収で副交感神経が活性化されバランスがとれます。

しかし朝食抜きや偏った食事を続けていると、腸が元気に動かなくなります。腸が元気に活動していないと副交感神経の働きが低下、血流が悪くなり自律神経の働きがスムーズにいきません。

腸はストレスや生活習慣など脳の影響を受けやすい内臓なので、腸内環境に注意することが大切です。

女性ホルモンの影響

https://pixabay.com/ja/

更年期になると、女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減るので卵巣の働きに影響を与えます。卵巣の働きがスムーズでなくなると、脳がホルモン出すように司令しても思うようにエストロゲンが分泌できません。

エストロゲンは自律神経を整えてくれるホルモンで、分泌量が少なくなると心と身体が不調になります。

自律神経が乱れると息苦しくなるのは

自律神経が乱れると、なぜ息苦しくなるのでしょうか?
横隔膜の周りには、自律神経が集中しているので乱れると筋肉がこわばって硬くなります。
横隔膜が硬くなると動きが鈍くなり、呼吸が浅くなるので息苦しくなります。

自律神経の乱れによる息苦しさの対処方法は?

関連記事