【子育てのお金がない方必見】子育てに関するお金事情とは

子育てには想像以上にお金が掛かるもの。「準備はしていたけれど、全然足りなさそう…」という方も多いのではないでしょうか。そんなお悩みをお持ちの方は、一度子育てに関するお金について把握・計算してみることで、抑えるべき費用・出すべき費用が分かってきますよ。そこで今回は、子育てに掛かる費用や節約方法についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

子供を育てきるまでに掛かる費用はどれくらい?

そもそも子育てには、一体どのぐらいのお金がかかるかのでしょうか。そこでここでは、そのおおよその金額について詳しく見ていきます。

教育費と養育費

https://pixabay.com/ja/

まず子育てにかかる費用を大きく分けると、教育費と養育費のふたつにわけられます。

教育費とは、小中学校や高校、大学にかかるお金や習い事、学習塾など、いわゆる教育に関連する費用のことを言います。

一方で養育費とは、食費や衣服代、保育園代やレジャー費用など、子供を育てる上でかかる教育費以外の費用のことを指して言います。

この子育てにかかる費用、つまり養育費と教育費の合計を計算すると、だいたい新築一軒家が建つぐらい金額になると言われています。

養育費は1000万円以上かかる!?

https://pixabay.com/ja/

養育費に関しては子供一人当たりにつき、出産から大学卒業までの22年間、つまり子供が一人前となり社会人となるまでには、約1000万円以上かかるとされています。

養育費に関しては、多少地域差はありますが平均額にあまり差はないと思われますので、親はこれぐらいかかると覚悟しておかなければならないでしょう。

教育費は進路によって異なる

https://pixabay.com/ja/

一方で教育費は、子供の選ぶ進路によって金額が大きく異なってきます。ですから教育費については、後から困らないように子供が生まれたら学資保険など加入することをおすすめします。

文部科学省のデータによると、保育園から高校まで公立の場合でも、子供一人当たりにかかる教育費は、約500万円ほどであると言われています。

またその後、国立大学に進学してからもさらに約500万円ほどかかり、つまり、高校まですべて公立、大学は国立の場合でも教育費は約1000万円以上かかることになります。

さらに保育園から大学まで私立で、大学は理系の私立に進学した場合は、教育費は約2000万円にもなります。

つまり養育費と教育費を合わせれば、子供一人当たりに2000万円~3000万円かかる計算となり、兄妹がいればさらに費用がプラスされることになります。

子育てに掛かるお金を節約する方法とは

以上のように子育てにはかなり莫大なお金がかかることがわかります。この数字を見て「うちにはそんなお金はない!」と焦りを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでここでは、子育てに掛かるお金を節約する方法について、詳しく見ていきたいと思います。

関連記事