【50代女性】綺麗に筋肉を付ける!アラフィフにおすすめな筋トレ方法

スポンサーリンク

余分な脂肪や体のたるみは筋トレで改善!

ダイエットのために食事制限をしたり、ウォーキングしているのになかなか脂肪が落ちなくて悩んでいませんか?体についた余分な脂肪や、ぶよぶよになった体のたるみは筋トレで改善ができます。

食事制限だけでは脂肪燃焼ができない?

食事制限をするとしばらくは体重が減りますが、失敗してリバウンドしたというケースがほとんどです。

それは、タンパク質・ビタミン・ミネラルなど脂肪の燃焼に必要な栄養素も減るからです。特にタンパク質の必要摂取量が減ると、筋肉が落ちてしまいます。

筋肉が減ることで、体内の代謝がうまくいかなくなってバランスが悪い太りやすい体になります。

痩せない原因は姿勢の悪さかも?

年齢を重ねると何をしても痩せなくなる、そんなイメージはありませんか?年齢と共に基礎代謝は低下するため、痩せにくくなることは確かです。基礎代謝の低下によって痩せない原因には、姿勢の悪さが影響しているかもしれません。

猫背や反り腰など姿勢が悪いと骨盤が歪んでしまいます。骨盤の歪みによって内臓が本来あるべき位置から下がってしまい、正しく機能することができなくなってしまいます。これにより基礎代謝が低下し、脂肪がつきやすい体になります。

50代からは姿勢の悪さを改善する意識を高く持つことが重要

そのため、50代からは姿勢の悪さを改善する意識を高く持つことが重要です。正しい姿勢を身につけることで痩せやすい体になるだけでなく、肩こりや腰痛を予防することもできます。慢性的な肩こりや腰痛に悩んでいるのであれば、医師に相談し無理のない程度で筋トレをしてみましょう。

姿勢の悪さは自分では気づきにくい部分ですが、姿勢は見た目の印象を大きく左右すると言っても過言ではありません。姿勢が良いだけでその人の印象もよくなりますし、年齢よりも若く見られやすくなります。いつまでも若々しくいるためにも、今一度自分の姿勢を見直してみてはいかがでしょうか。

筋トレは基礎代謝を上げるだけではない

ダイエットを実践している人は、基礎代謝という言葉をよく聞きませんか?

基礎代謝とはじっとしているだけで、消費されるエネルギーのことで1日の70%にもなります。ダイエットで筋肉量が減ると、基礎代謝がどんどん減ってきます。さらに体温を維持する機能も衰えるので、体の熱を維持しようとして脂肪がつきやすい体になるのです。

筋トレで筋肉を増やすことができれば、基礎代謝を上げて体温もアップさせ脂肪が燃えやすい体になります。

「筋トレをするとムキムキになる」は本当?

筋トレは基礎代謝を上げてダイエットにいいとわかっていても、ムキムキになるからいやだと思っていませんか?

テレビで見るボディビルダーのようなムキムキの女性は、かなりハードな筋トレを実践しています。一般的なトレーニングでは、ムキムキになることはないので安心してくださいね。

なぜ女性はハードなトレーニングをしないと、ムキムキにならないか?

男性ホルモンテストステロンは、筋肉を増やし骨を強くする働きがあります。女性は男性と比べると、男性ホルモンが1割以下なので筋肉を増やすのは大変だからです。ボディビルダーの場合は、筋肉を見せることを目的としています。

しかし女性らしい体型を作る筋トレは、無理のないトレーニングを続けることが大切になります。モデルさんやミス・ユニバースに参加する女性も、筋トレを行っています。正しいやり方で筋トレを実践すれば、スリムで美しい理想のスタイルに近づきます。

タイトルとURLをコピーしました