【気になるアロマの効能】人気のラベンダーの効能と活用法

ラベンダーはアロマ初心者の方にもおすすめ


https://www.pakutaso.com/20151005282srthsrt.html

ラベンダーは定番かつ使い勝手の良いアロマオイルなので、アロマ初心者の方にもおすすめできます。最初に揃えるアロマオイルのラインナップに加えてみてはいかがでしょうか。ラベンダーは甘いフローラル調の香りで、親しみやすいところも使いやすいポイントです。他のアロマオイルとのブレンドもしやすいですよ。

ラベンダーのアロマオイルの効能【リラックス効果】


http://girlydrop.com/girls/2234

ラベンダーのアロマオイルには、様々な効果・効能があります。そのうちの一つがリラックス効果です。鎮静作用があり心を落ち着かせて、穏やかな状態に導いてくれます。気持ちが落ち着かないときや、眠れないときに使うのに向いていると言えるでしょう。セロトニンの分泌を促す効果があるそうなので、自律神経のバランスを整えたいときにもおすすめです。

ラベンダーのアロマオイルの効能【殺菌効果】


http://girlydrop.com/beauty/4960

ラベンダーには殺菌・抗菌効果や皮膚の細胞を活発にする効果があるため、スキンケアにも活躍してくれます。特にお肌のべたつきやテカリ、ニキビなどが気になるときに使用するのがおすすめです。またやけどや軽い傷などのケアにも使うことができるため、レスキューアロマとして常備しておくと何かと役立ってくれるでしょう。風邪などが流行しているときに、予防のために使っても良いですね。

ラベンダーのアロマオイルの効能【頭痛や生理痛の緩和】


http://girlydrop.com/girls/2238

筋肉を弛緩させる効果&鎮痛作用があるラベンダーは、ストレス性の胃痛や頭痛、生理痛などを緩和させる効果が期待できます。鎮痛効果をアップさせたいときには、ペパーミントやローズマリーなどのアロマオイルとブレンドするのが特におすすめです。

ラベンダーのアロマオイルのおすすめの使い方


http://girlydrop.com/landscape/3934

ラベンダーのアロマオイルのおすすめの使い方【芳香浴】

最も手軽で定番の使い方が、芳香浴です。芳香浴は専用のアロマディフューザーやアロマライトなどを使うのはもちろん、お湯を張ったボウルやカップなどにアロマオイルを数滴たらしたり、ハンカチなどにしみこませたりするだけでも簡単に行うことができます。リラックス効果の高いラベンダーのアロマオイルは、寝る前に芳香浴すると安眠効果も期待できるのでおすすめですよ。

ラベンダーのアロマオイルのおすすめの使い方【アロマバス】

リラックス効果の高いアロマオイルは、アロマバスにするのもおすすめです。身体を温めながら、しっかりお風呂でリラックスすることができます。アロマバスにするときには、お湯を張ったバスタブに、アロマオイルを数滴たらして、しっかりお湯をかき混ぜます。あるいは、あらかじめアロマソルトなどを作っておき、それを入浴剤代わりに入れても良いでしょう。

ラベンダーのアロマオイルのおすすめの使い方【スキンケア】

ラベンダーには殺菌効果や皮膚の細胞を活性化させる効果があるので、スキンケアに使うのにも適しています。ホホバオイルなどのキャリアオイルを使ってスキンケアオイルを作ったり、無水エタノールを使用して化粧水やミストローションなどを自作してみましょう。スキンケアアイテムを手作りする場合は、きちんと本のレシピなどを読んで、安全性などにも留意しながら行うことが大切です。また手作りのスキンケアアイテムには防腐剤などが含まれていないため、なるべく早めに使いきるようにしてください。なおお肌が弱い方の場合は、最初にパッチテストを行うことをおすすめします。

ラベンダーとのブレンドにおすすめのアロマオイル5選


http://girlydrop.com/beauty/1345

オレンジスイート

オレンジスイートは、リラックス効果の高いアロマオイルです。眠る前に芳香浴をするときや、疲れが取れないとき、神経が高ぶってピリピリしてしまっているときなどに、ラベンダーとブレンドすると良いでしょう。甘くフレッシュな香りは親しみやすく、アロマ初心者の方でも使いやすいです。

また血流を促進させる効果もあるので、冷え性の方やむくみが気になる方にもおすすめできます。なおオレンジスイーツは柑橘系で光毒性があるので、お肌に塗布する場合は、直後に直射日光に当たらないよう注意してください。

ユズ

ユズのアロマオイルには、身体を温める効果が期待できるので、アロマバスにするのがおすすめです。ラベンダーとブレンドすれば、リラックス効果もアップしますよ。また胃腸の調子を整える効果も期待できるアロマオイルなので、ストレス性の胃痛や腹痛の症状があるときに使用するのも良いでしょう。ユズも柑橘系になるので、お肌に塗布した直後日光に当たらないように注意が必要です。またお肌に塗布する場合刺激になることがあるので、敏感肌の方は量・濃度に注意して使うようにしましょう。

ベルガモット

ベルガモットは、ぴりっとした甘くない柑橘系の香りのアロマオイルで、精神のバランスを整える効果が期待できます。気持ちが落ち込みがちな日や自律神経のバランスが乱れがちなときに、ラベンダーとブレンドして使うと良いでしょう。

また消臭効果もあるので、お部屋の空気をリフレッシュさせたいときに焚くのもおすすめですよ。ベルガモットは光毒性が強いので、お肌に塗布した場合などは、その後半日程度は直射日光に当たらないよう注意しましょう。スキンケアやアロマバスに使用するのは、夜にすることをおすすめします。

ティーツリー

ティーツリーは殺菌効果に優れたアロマオイルで、風邪予防やお部屋の空気をリフレッシュしたいときなどに効果を発揮します。すっきりとした清涼感あふれる香りで、色々なアロマオイルとブレンドしやすいところも魅力です。ラベンダーとの相性も良いため、風邪などの流行る季節に焚いてあげると良いでしょう。

ローズマリー

ローズマリーは初心者の方でも使いやすい定番のアロマオイルです。気持ちが落ち込みがちな日や、自律神経のバランスが整わないようなときにラベンダーとブレンドして使ってみてください。妊娠中の使用はNGなので、その点にだけ注意しましょう。

アロマオイルを使用する際に気を付けたい&チェックしたいこと


http://girlydrop.com/beauty/1250

アロマオイルを使う上でチェックしておきたいポイントを最後にご紹介しておきます。アロマオイルには色々な効果・効能がありますが、医薬品ではないため、症状が酷い場合や長く続く場合は、きちんと病院にかかる必要があります。またアロマオイルを使用していて何かトラブルが起こってしまった場合や不安なことがあったときには、すぐに使用を停止して、医師に相談するようにしてください。持病がある方や妊娠・授乳中の方は、特に注意が必要です。禁忌に該当しないかどうか事前にチェックするようにしましょう。

またアロマオイルは100%ピュアなものを使用することが大切です。「精油」「エッセンシャルオイル」と表記があるものを選ぶようにしてください。また信頼できるメーカーのものを選んだり、専門店で購入したりするのもおすすめです。しっかり効果を得るためにも、品質の良いものを選ぶようにしてください。アロマオイルは高温・多湿・直射日光を避けて保管し、基本的に開封後1年以内に使いきるようにしてくださいね。

ラベンダーのアロマオイルを活用しよう


http://girlydrop.com/beauty/1267

ラベンダーのアロマオイルの効果・効能やおすすめの活用方法・ブレンドに使いやすいアロマオイルなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ラベンダーのアロマオイルはかなり使い勝手が良いので、アロマテラピーに興味がある方はぜひチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました