パートナーの浮気が発覚!示談書は必要?効力は?浮気の示談書のあれこれ

パートナーの浮気が発覚後、まずするべきことは?

パートナーの浮気が発覚したら、ショックですよね。怒りだけでなく、喪失感や裏切られたという悲しみでどうしたら良いのかわからなくなってしまうと思います。

ですが、浮気の証拠をみつけた時には、まず、冷静になることがこれからのあなたのためには、とても大切なことなんです。感情的な行動をとると、仇となってしまいますので注意しましょう。

このままパートナーにも浮気相手の女性にもお咎めがないなんて悔しいでしょう。そこで、浮気相手に慰謝料などを請求するために示談書を交わすことが重要なのです。

パートナーの浮気が発覚後①不倫の証拠を集めて残す

https://pixabay.com/ja/

そのためには、不倫の証拠を集めて残すことをしましょう。証拠がなければ、示談交渉はできません。

「不倫なんてしていません」と言われて終わりです。写真など、夫や不倫相手に気づかれないように証拠を集めましょう。肉体関係があったと推測できる内容の証拠が今後は有利になります。

例えば、ホテルなどに出入りしている写真や動画や浮気、不倫の事実を認めた録音、カーナビの記録や浮気相手へのプレゼントのレシートやクレジットカードの利用明細など、なんでも良いのです。

小さな証拠を積み重ねることで、不貞行為があった事実を立証できます。証拠は多ければ多いほど有利です。

パートナーの浮気が発覚後②弁護士に相談するのも一つの手

また、浮気をしている証拠を掴んだら、弁護士に相談するのも一つの手といえます。弁護士事務所はたくさんありますが、どこでもいいわけではありません。不倫の慰謝料請求や示談書に強い弁護士事務所をネットで検索して見つけましょう。

また、弁護士費用も様々ですので、一度相談に行ってみてください。そこで、示談書の手順や必要なものを教えてもらいましょう。すべてを弁護士に依頼することで、直接話をしなくても良いというメリットもあります。

浮気相手への示談書の必要性

https://pixabay.com/ja/

なぜ、示談書が必要なのかというと、「夫とは、今後会わない、二度と連絡しない」、「慰謝料支払い」などこれからの自分の要望を記載できるからです。

例えば、話し合いで「二度と会いません」と言っていて、その後も浮気相手との関係が続いていたとします。「もう二度と会いませんと言っていましたよね?」と問い詰めても「言っていません」と言われてしまったら、それまでです。証拠がないので、それを立証することができないのです。

示談書をつくるということは、法的な効果もあるので、違反があった場合にもこちらが有利にはたらくようになるために、重要な書類なのです。

今は、慰謝料請求などでも、示談書を交わすことは当たり前になってきています。これは、弁護士事務所だけでなく、司法書士事務所でも作成してもらうことができます。

示談になった場合の今後の流れは?

示談になった場合の今後の流れについてご説明します。

示談になった場合の今後の流れ①まずは当人同士で話し合い

まずは、最初から示談書を作って送るわけではありません。最初は、当人同士での話し合いが必要です。

示談交渉をしている際は、感情に任せて、暴力や暴言は絶対にしてはいけません。浮気相手に文句を言いたいと思ってしまうのは当然ですが、そのような行為をしてしまうと、そもそも示談交渉が進まなくなってしまいますので、冷静に話し合いましょう。

示談になった場合の今後の流れ②内容証明郵便を送付する場合も

https://pixabay.com/ja/

また、直接会って話し合いで解決できることが一番良いですが、もし応じてもらえない場合は、浮気相手に対して内容証明郵便を送るということが一般的です。

内容証明郵便は、手紙ですが、郵便局がどんな内容で何時に送ったということを証明してくれるものとなっています。郵便書留と同じように直接郵便局員が手渡しをするので、届いていない、見ていないという言い訳をさせない為でもあります。

作成については、インターネットでひな形などが紹介されています。内容は、不倫の事実、不倫慰謝料を請求する旨、請求金、支払い期日などを記載します。

しかし、個人名で出すより『○○弁護士事務所』と書いてあった方が相手に精神的な圧迫感を与えることができるので、弁護士事務所に相談して作るということも良いでしょう。

内容証明を送り、話し合いができて示談が成立した場合に、示談書の作成をしていきます。示談交渉は、しっかり準備をし、冷静に、対処することが肝心なのです。その時に必要なのが、最初の浮気をしていたという証拠なのです。この証拠が揃っていると、言い逃れができなくなるので、示談までの流れが早くなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました