パートナーの浮気が発覚!示談書は必要?効力はある?浮気の示談書のあれこれ

パートナーの浮気が発覚…悲しみや怒りの感情が湧き上がってきて、どうすればいいのか分からなくなってしまいますよね。しかし、そんな時こそ冷静に行動することが大切です。浮気が発覚した時にすべきことの一つは、浮気相手と示談書を交わすことです。今回は示談書の書き方や効力についてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

パートナーの浮気が発覚後、まずするべきことは?

https://pixabay.com/ja/

パートナーの浮気が発覚したら、ショックですよね。怒りだけでなく、喪失感や裏切られたという悲しみでどうしたら良いのかわからなくなってしまうと思います。

ですが、浮気の証拠をみつけた時には、まず、冷静になることがこれからのあなたのためには、とても大切なことなんです。感情的な行動をとると、仇となってしまいますので注意しましょう。

このままパートナーにも浮気相手の女性にもお咎めがないなんて悔しいでしょう。そこで、浮気相手に慰謝料などを請求するために示談書を交わすことが重要なのです。

https://pixabay.com/ja/

そのためには、不倫の証拠を集めて残すことをしましょう。証拠がなければ、示談交渉はできません。
「不倫なんてしていません」と言われて終わりです。写真など、夫や不倫相手に気づかれないように証拠を集めましょう。肉体関係があったと推測できる内容の証拠が今後は有利になります。

例えば、ホテルなどに出入りしている写真や動画や浮気、不倫の事実を認めた録音、カーナビの記録や浮気相手へのプレゼントのレシートやクレジットカードの利用明細など、なんでも良いのです。

小さな証拠を積み重ねることで、不貞行為があった事実を立証できます。証拠は多ければ多いほど有利です。

また、浮気をしている証拠を掴んだら、弁護士に相談するのも一つの手といえます。弁護士事務所はたくさんありますが、どこでもいいわけではありません。不倫の慰謝料請求や示談書に強い弁護士事務所をネットで検索して見つけましょう。

また、弁護士費用も様々ですので、一度相談に行ってみてください。そこで、示談書の手順や必要なものを教えてもらいましょう。すべてを弁護士に依頼することで、直接話をしなくても良いというメリットもあります。

浮気相手への示談書の必要性

https://pixabay.com/ja/

なぜ、示談書が必要なのかというと、「夫とは、今後会わない、二度と連絡しない」、「慰謝料支払い」などこれからの自分の要望を記載できるからです。

例えば、話し合いで「二度と会いません」と言っていて、その後も浮気相手との関係が続いていたとします。「もう二度と会いませんと言っていましたよね?」と問い詰めても「言っていません」と言われてしまったら、それまでです。証拠がないので、それを立証することができないのです。

示談書をつくるということは、法的な効果もあるので、違反があった場合にもこちらが有利にはたらくようになるために、重要な書類なのです。

今は、慰謝料請求などでも、示談書を交わすことは当たり前になってきています。これは、弁護士事務所だけでなく、司法書士事務所でも作成してもらうことができます。

示談になった場合の今後の流れは?

関連記事