スポンサーリンク

【歯列矯正で失敗しないために】40代での歯列矯正の意外なデメリットとは
スポンサーリンク

40代からする人も多い「歯列矯正」

https://www.photo-ac.com/

自分の歯並びに自信がある人はどれくらいいるでしょうか?

出っ歯や受け口、八重歯だったりと、歯並びのパターンも様々ですが。むしろ、それをチャームポイントとする、とても前向きな人達もいらっしゃいます。

反対に歯並びが悪いことがコンプレックスになっている人もいますよね。それが原因で、恋愛に消極的になるケースもあるほどで、中には“結婚前までには歯列矯正を済ませたい”と考える女性が多いようです。

「歯並びが悪いのは気になるけど、いまさら矯正治療なんて……」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、それはその人の生活習慣や歯並びの状態によりけりなので、結論としてはケースバイケースということになります。

「芸能人は歯が命!」というだけあって、最近では芸能人の方でも40代で歯列矯正をしている方がいらっしゃいますよね。テレビに出ている人たちなので、「裏側矯正を実はしているんです」という人もいるんですよ。それほど最近では大人の歯列矯正は身近になってきているんです。

実際に、40代以上の50代の方でも歯列矯正を受ける方は多数いらっしゃいます。最高年齢ですと、80代の方も治療完了しています。つまり、40代だから…とネガティブになる必要は無いので、ご安心ください。

また大人の歯の矯正が増えている背景は、歯の矯正の装置が進化していて目立たず矯正できるようになったことがあります。

歯の矯正中は歯の周りにマルチブラケットワイヤーという針金のような器具を張っているため、笑った時に歯にワイヤーが付いているのが見えてしまい、あまりよい印象がありませんでした。

https://www.photo-ac.com/

歯列矯正は子供が特に多いため、これまでにクラスメイトで1人くらいは見たことあるかと思います。

最新の歯科矯正では、ワイヤーを使わずに、目的の歯だけを矯正することもできます。今は見た目を気にせずに歯の矯正をすることが出来るのです。

しかし、もちろんメリットだらけではありません。

そんな40代からの歯列矯正についてご紹介していきます。これから治療を始めようと検討している40代の方は、失敗しないためのデメリット面を、是非知っておいてくださいね。

40代からの歯列矯正は良いことばかりではない

そんな歯列矯正ですが、歯並びが良くなるという点では良いのですが、良いことばかりでもないようです。中には意外な落とし穴も存在します。

一体どのようなことに注意を向けて、覚悟をするべきなのか。

そんな歯列矯正の気になる点についてご紹介していきます。

矯正装置が悪目立ちする

https://www.photo-ac.com/

通常は歯の表面に銀色のブラケットやワイヤーを装着するので、どうしても悪目立ちしてしまいます。
何故こちらの治療方法が通常なのかと言うと、このパターンの方が比較的楽なのです。歯科医も、患者さんのあらゆる面での負担が少ないからという理由で、こちらの治療方法を推奨する場合もあります。

見た目を自然にしてくれる透明なブラケットや白色のワイヤーもありますが費用が割高になります。
当たり前といえば当たり前かもしれませんが、このあたりは本人にとって悩むところだと思います。

また歯の裏側につける装置や最近は脱着可能な透明のマウスピースを使った矯正もありますが、比較的矯正効果が弱いため適応できるケースが少なかったり治療期間が長くなってしまうことがありますので歯科医に相談が必要です。
時間かけてでも目立たない審美的な装置を選ぶのか、早めに矯正治療を完了させるために通常方法を選ぶのか、まさしく究極に近い選択肢になってきます。

では具体的に、最も気になるであろう費用・期間のお話を、以下で説明させていただきます。

期間がかかる・費用が高い

https://pixabay.com/ja/

実は40代からの歯列矯正は子供の歯列矯正と比べると、治療期間が長くかかり、それに伴って、費用も割高になる傾向にあります。どの程度の期間・費用になるかは、その人に合った治療方法により様々です。

実際に骨は年をとるにつれてだんだんと硬くなってきます。子供のうちはまだ、骨もやわらかく、その骨に埋まっている歯も動きやすいのですが、大人になって硬くなった骨に埋まっている歯は動かしにくく、それだけ矯正するにも時間がかかります。

ですが、あくまでも歯が動くのが遅いだけなのであり、決して動かせないわけではないのです。40代の方も、しっかりと歯は動きます◎

だいたい費用としては、子供の歯列矯正が約30万円~60万円に対して、大人の歯列矯正には約60万円~100万円くらいかかります。毎回の処置料金も含めると、総額は80万円以上が想定されます。

ただし、上記の金額は表面のワイヤー治療の場合のお話です。裏側にワイヤー装着をするとなると、100万円を大幅に超える事もあります。

どちらにしても初診の段階で行われる診断や検査にて、概ねの見積もりが判明しますが、歯を矯正するレベルにより値段はかなり上下していきます。

当然ながら、病院や歯科医の判断によって大幅に異なるのが現状です。さらに地域による違いもあるので、都会へ行けば行くほど金額はかさむ傾向にあります。

どこで治療をしてもらうのか、この点も重要なポイントとなってきます。なるべく患者さんに親切且つ、良心的な料金設定を組んでいる病院を選んでほしいところです。

また、大人の歯列矯正の治療期間は平均で2~3年かかります。しかし、それは表面のワイヤー治療をした場合になります。この方が、治療が早期完了できる上に、効率が良いからです。つまり、裏側でのワイヤー治療をする場合は、それ以上の期間を必要とします。

違和感や痛みを伴うことも


https://girlydrop.com/girls/7808

これは大人の歯列矯正に限ったことではないのですが、矯正装置を装着した初めのことはもちろん違和感を感じることが多々あります。それはどの矯正装置を装着したときにもあるものです。特にワイヤーを使用した装置は、痛みと違和感が出やすくなります。

痛み・違和感の発生タイミングは、人によってはワイヤー付けたてや、交換などの時は長くて一週間ほど痛みます。そしてワイヤーの交換は、半月~月1度のペース。

つまり毎月、数日~1週間前後の痛みが発生します。痛みと言っても、ヒリヒリ感や押されている感覚に近いものなので、あまり怖がる必要はありませんので安心してくださいね。

しかしご飯を食べる時以外は痛くありませんので、そこまで生活に支障がない程度です。元ある歯を動かそうとしているのですから仕方のないことですよね。

治療が始められないことも


https://girlydrop.com/girls/5350

矯正治療の前に虫歯・歯周病等の検査を行うのですが、虫歯や歯根の病巣等が見つかった場合は、先にそれらの治療をしてからでないと矯正を始められない事があります。

仮に治療開始したとしても、途中で虫歯が発生したとき、治療を一旦ストップして虫歯治療に移行します。

そして虫歯が完治したら、また歯列矯正を再開…となるため、非常に面倒な事になりかねません。

一般的に30代〜40代くらいから歯周病を発症し、進行する人が増えてきます。この年代ならではのデメリットもあるのです。

歯の矯正治療というのは歯や骨に力がかかってダメージが加わることは避けられないため、あまりに歯周病が進んでいて骨が少ない場合には、その支えている骨自体がなくなってしまう危険性がありますので、治療が受けられない場合があります。

歯列矯正は、歯の周辺組織が関わっているため、そのぶん歯の移動も遅くなります。

40代での歯列矯正の意外なデメリット

ここまで歯列矯正によるデメリットをご紹介してきましたが、さらに意外な落とし穴となる歯列矯正によるデメリットをご紹介していきます。

今からでも、想定されるリスクについて承知しておけば、納得のいく治療が開始できるはずです。

デメリットと言えど、もちろん対策方法はあります。健康状態を低下させるものではなく、そこまで悲観的になる必要もないので、ご安心ください。

スポンサーリンク