想像以上に恐ろしい!紫外線ダメージによる老化の恐怖とは

老化を一番進めるのは「紫外線」

年齢を重ねることで、老化が始まりますが、これは現実で避けられないことですよね。

特に、お肌の老化現象として女性が一番気にしている悩みは、シミやシワです。これらを改善しようと高い基礎化粧品を使ったりしている人もいますが、お肌の老化を一番進めてしまうのは、実は紫外線なんです。

化粧品でいくらお肌に栄養を与えていても、紫外線の対策をしっかりしていなければ、全く意味がありません。なんとなく、紫外線がお肌に悪いということは、だいたいの女性が分かっていることだと思います。しかし、紫外線の何がどのようにお肌の老化を早めてしまうのかまでは、理解できていないのではないでしょうか。

そこで、紫外線とお肌の老化がどのようにつながるのかをご紹介します。

人は、平均して2時間、紫外線を浴びているといいます。これを多いか少ないかは個人の判断ですが、毎日紫外線を浴びることで、お肌へのダメージは蓄積されていきます。

紫外線ダメージによる老化①シワ

例えば、老けてみえるシワ。

日焼けをしている人は、細かいシワや深いシワが目元にあらわれていますよね。紫外線の影響を受けると、表皮は厚く硬くなり、真皮層の弾力を保つ働きをするコラーゲンやエラスチンを変性させるので、お肌のハリや弾力を失います。その結果、シワやたるみが生まれてしまう原因となります。

他にも、シワを作り出す酵素を活性化させてしまうともいわれているのです。

紫外線ダメージによる老化②シミ

そして、シミ。

紫外線を浴びると、お肌の奥にあるメラノサイトが活性化させてしまい、メラニン色素をたくさん生み出すことでできてしまいます。メラニン色素が蓄積されてしまい色素沈着となったものがシミです。正常なお肌であれば、ターンオーバーを繰り返して、メラニンは垢とともにはがれ落ちます。しかし、紫外線を浴び続けるとターンオーバーが乱れて、メラニンが正常に剥がれ落ちずに、残ってしまうのです。

このように、女性が気にしているお肌の老化は、紫外線によって更に加速させてしまうということにつながるのです。

紫外線には3つの種類がある

紫外線には、「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類があります。

この中の「UV-C」はオゾン層で吸収されてしまうため、地上には到達しません。ですから、厳密には、「UV-A」と「UV-B」がお肌に影響を与えるということです。

お肌に影響を与える紫外線①UV-A

地上に到達する約9割を占めるのが「UV-A」です。

まず、「UV-A」は、波長が長いために、家の中や車の中まで到達すると言われています。そして、お肌の真皮層にまでにも到達してしまうのです。

真皮層には、ハリや弾力を与えるコラーゲンやエラスチンといった細胞があるので、「UV-A」を継続的に浴びることで、細胞を傷つけてしまいますそうすると、お肌の弾力が失われて、老化の一因のたるみやシワができてしまう原因となってしまいます。

お肌に炎症が起きたりせずに、ゆっくりとお肌に影響を与えてしまう厄介な紫外線といえるのでしょう。

お肌に影響を与える紫外線②UV-B

次に「UV-B」は、波長が短いために真皮には到達することはありません。

では、お肌に影響がないのでは?と考えますが、真皮層までは届きませんが、日焼け後にメラニンを増加させて、シミの原因と作らせるのが「UV-B」です。

紫外線を長時間浴びると、日焼けをしてお肌が赤くヒリヒリするのも「UV-B」が原因です。また、表皮の角保湿力を低下させて、肌のカサつきやキメの乱れなどの影響にも関わっています。

このように、紫外線には3つの種類ありますが、お肌の老化に関わっているのは、「UV-A」「UV-B」の2種類といえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました