冷え症やのぼせは自律神経の乱れが原因?自律神経と体温調節の関係性

冷え症で厚着が欠かせない、または、暑くないのになんだかのぼせてしまう…そのような症状のある方もいるのではないでしょうか。このように体温調節が上手くいかない場合、それは自律神経の乱れが原因の場合があります。自律神経と体温調節の関係性や、自律神経を整えるための方法を知って、症状を改善していきましょう。

公開日:    最終更新日:

自律神経と体温調節の関係性

https://pixabay.com/ja/

人の身体は、体温を維持するために、筋肉の稼働や、心拍数の促進、肝臓などの内臓の代謝などにより産み出されます。そして、血液によって運ばれる間に、余分な熱エネルギーは呼気などから放熱されるようになっています。

しかし、季節に関わらず手足が冷えてしまう、または、暑くないのになんだかのぼせてしまうなどの症状がある方は、ただの寒がりや暑がりではなくて、自律神経の乱れが原因かもしれません。

実は、自律神経と体温調節には深い関係性があります。

https://pixabay.com/ja/

まず、自律神経とは、「交感神経」と「副交感神経」に分けられ、内臓器官に関わる重要な神経となっていて、心臓や胃腸、肝臓、血管などの働きを調節している重要な神経となります。

この2つの「交感神経」と「副交感神経」は、バランスをとりながら働いているので、どちらかが活発になってしまっても問題なのです。

身体が冷えてしまったり、暑くもないのにのぼせてしまうのは、交感神経が活発になっている状態です。汗腺や血管のほとんどを支配している交感神経が活発になると、心拍数が増えたり、汗が出るといった症状がでてしまいます。

また、身体は、発汗によって体温が上がりすぎるのを防いでいます。これは風邪を引いた時と同じような感じで、自律神経が乱れると、身体が暑く感じて異常な発汗が起こります。特に、寝ている間に寝汗をよくかくようになり、何度も着替えたりしなくてはいけないことも。

逆に自律神経の乱れで、血管が拡張すると、低体温になりやすいのも特徴です。体温調節が上手くいかず、手足が冷えてしまうという現れることが多くありますが、顔は汗をかく一方で、手足などの末端が冷たいという人もいます。そのため、自律神経が乱れるとさまざまな器官に支障がでて体温調節が上手く働かなくなってしまうのです。

体温調節が上手くいかないと、どのような症状が起こる?

https://pixabay.com/ja/

血行不調

体温調節ができないと、血行が悪くなってしまいます。なぜなら、自律神経は血管の周りにあるので、交感神経が活発になると、血管が収縮して血行不良がおこるのです。

血行不良がおきると、肩こりや、冷え、むくみなどの症状がでてきます。また、冷えだけでなく、ほてり感、のぼせ感、異常な発汗がみられるのです。体温が1度下がるだけで免疫力が30%も弱くなるといわれていて、自律神経が乱れると風邪を引きやすくなることにも繋がるのです。

また、体温調節ができず身体が冷えてしまうと、腹痛や下痢、不眠にもなりやすくなります。身体は疲労感を感じているのに、なかなか寝付けなかったり、また眠れたとしても、非常に浅い眠りしか出来ない状態になるのです。

関連記事